教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

検察庁法

2020年02月22日 09時50分28秒 | 受験・学校・学問
検察庁法二十二条 検事総長は、年齢が六十五年に達した時に、その他の検察官は年齢が六十三年に達した時に退官する。検察庁(けんさつちょう、英: Public Prosecutors Office)は、日本の行政機関のひとつ。検察官の事務を統轄する法務省の特別の機関[2]である。最高検察庁、高等検察庁、地方検察庁及び区検察庁の4庁が設置されている。


コメント   この記事についてブログを書く
«  中江滋樹さん、アパート火災... | トップ | 新型肺炎感染の厚労省職員、... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

受験・学校・学問」カテゴリの最新記事