教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

天木直人のブログ 神をも畏れぬ安倍首相の天皇退位お言葉封じ

2018年02月16日 21時03分48秒 | 国際・政治

神をも畏れぬ安倍首相の天皇退位お言葉封じ

2018-02-16

 ついに来るべきものが来たという思いだ。

 きょう2月16日の日経が、天皇陛下の退位時のお言葉について次のように報じた。

 政府は2019年4月30日に天皇陛下が退位され、翌5月1日に皇太子さまが即位するのに伴う一連の皇位継承の儀式の概要を固めたと。

 そこまではいい。

 その後に、日経は次のように書いた。

 陛下は退位の儀式で自ら皇位を譲る意思は明示せず、あくまで退位特例法に基づき皇位を退く趣旨や国民への感謝の意を告げる「お言葉」を述べるだけだ、と。

 天皇の政治関与を禁じる憲法との整合性を重視するためだ、と。

 これは、2016年8月8日に天皇陛下が国民に問いかけられたあの「お言葉」を、二度と繰り返させない、という、安倍首相の強い意思表示にほかならない。

 あの時、天皇陛下は、天皇の政治関与を禁じる憲法に抵触する危険をあえて覚悟の上で、国民に問いかけられた。

 日本と日本国民の統合の象徴である天皇がなすべき事は、平和を願う事と弱者に寄り添うことだと自分は考えてそれを実践して来た。

 それで正しかったのだろうか。国民はそれをどう思うかと。

 これは、安倍首相の憲法9条否定の政治姿勢に対する、これ以上ない天皇陛下の御異議であり、そうさせてはならないという、いわば勅令だ。

 だからこそ、それを再び退位のお言葉で天皇が繰り返す事は、安倍首相にとって、決してあってはならない事なのだ。

 天皇陛下のお言葉封じともいうべき、この安倍首相の傲慢さは、「神をも畏れぬ」、あるいは「天をも畏れぬ」傲慢さだ。

 安倍首相の増長、ここに極まれりだ。

 残念ながら、安倍首相を阻止できる人物は今の日本にはただの一人もいない。

 いまの政治では、安倍暴政は阻止できない。

 ならば、平和を願う国民の手で、いまこそ新党憲法9条をこの国の政治の中に誕生させ、憲法9条によって安倍首相に鉄槌を下す時だ。

 それこそが、2016年8月8日の天皇の「お言葉」に対する国民の答えであり、みずから語る事の出来ない天皇陛下の無念を晴らす王道である(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 天木直人のブログ トランプの... | トップ | 「佐川宣寿国税庁長官の罷免... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事