教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

忘れない 「未解決」を歩く!ナンバー追跡2万台 現場に立ち続ける母(熊谷 小4男児ひき逃げ)

2018年03月30日 10時22分56秒 | ニュース

私のブログで、2015年10月8日にアップさせて、頂いた記事です。

もう時効期限が過ぎたかも分かりません。

人間としての良心が有る筈です。

お天道さまは、今の乱れた世の中でもお見通しです。・

今年もお彼岸が過ぎ、孝徳君のお母さんはお元気かどうか心配です。

 

忘れない 「未解決」を歩く!ナンバー追跡2万台 現場に立ち続ける母(熊谷 小4男児ひき逃げ)

2011年11月25日 14時26分59秒 | ニュース

 

◇2人きりだった家族 
  息子がひき逃げされた道路に、母(42)は週2回立ち続ける。「なぜひいたのか。誰がひいたのか」。通り過ぎる車のナンバーを、ボールペンで1台ずつ書き 取っていく。09年9月、埼玉県熊谷市の市道で、小学4年生の小関(こせき)孝徳(たかのり)君(当時10歳)がひき逃げされ死亡した。「子を亡くしたか わいそうなお母さん」とは思われたくない。母が、犯人に手が届くと信じて書きためたナンバーは2万を超えた。

 孝徳君が4歳の時に父親が病 死した。家族は2人きりだった。「行ってきまーす。お母さん、お仕事頑張ってね」「気を付けてね」。9月30日朝、玄関で交わした最後の声が耳に残る。ひ き逃げされたのはその日の夕方。書道教室からの帰り道だった。乗っていたのは青いマウンテンバイク。自分がついていなくても乗るのを許してあげたのは半年 前のことだ。

 お母さん思いだった。「お父さんは力持ちだった」と聞かされると、「僕も力持ちだよ」と言って買い物袋を持った。夫の病死後 に勤め始めた会社が忙しく、割引のお総菜が多い食卓で、たまにチャーハンや焼きそばを作ると、「すっごいおいしい」と喜んだ。初めて焼き肉店で食べ放題を 注文した時は「こんなのあるんだ」とはしゃいだ。

 学習塾やサッカー教室にも通った。「次はスイミングに行きたい」とねだった。「一生懸命仕事しなくちゃ」とうれしかった。疲れると「足の裏踏んであげる」と、小さな足でマッサージしてくれた。

◇現場では泣かないと決めた

 20100523org00m010005000p_size5

現場に立ち、薄暗くなる中でナンバーを書き取り続ける母=2010年5月21日、平川昌範撮影◇関連動画はこちら◇
  事故の日、仕事帰りに孝徳君を迎えに行くつもりで、書道教室に電話をかけた。「さっき帰りました」と言われた。その後はよく覚えていない。病院で警察官から「亡くなりました」と告げられた。

 半月後、警察官に「物証が少なく難しい事件」と聞き、「私が(犯人を)捜すしかない」と思った。手掛かりを求めて地図を開き、現場へ向かった。10月21日に周辺を通る車のナンバーをメモし始めると、同じ小学校の保護者ら十数人も加わった。

  ナンバーは「熊谷」「群馬」など車両の登録地ごとに分類。さらに現場付近を七つのルートに分け、車が、どのルートを、どの方向に向かったかを一覧表にし、 埼玉県警に提出している。犯人の住む地域や通行目的を探るためだ。「なぜひいたのか」を聞くまで、現場では泣かないと決めている。自分の心がなえてしまっ たら、孝徳が一番心配する。

 時効は10年。短いと思うが、犯人に近づいている実感がある。ただし、逮捕には地域の人からの情報が必要だと思う。

 最近、買い物に行ったスーパーのレジでぼろぼろ泣いた。甘ぐりをねだる孝徳君に「ダメ」と言ったことを思い出し、こらえきれなかった。

 「できるなら、もう一回抱きしめたい。それがもうできないと、犯人に分かってほしい」【藤沢美由紀、平川昌範】

れない:ナンバー追跡2万台 現場に立ち続ける母(熊谷 小4男児ひき逃げ)(3/3ページ)
 ◇熊谷・小4男児ひき逃げ事件
  09年9月30日午後6時50分ごろ、埼玉県熊谷市本石(ほんごく)1の市道で、市立石原小4年の小関孝徳君がひき逃げされ死亡した。タイヤ痕などから、 ひいたのは排気量1800~2000CCの車とみられる。埼玉県警は、自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)容疑で捜査している。現場は国道17号 につながる抜け道のため、県警は捜査範囲を拡大。輸出直前の中古車を神奈川まで追跡したこともある。事件直後、現場では雨が降った。

 ◇情報をお寄せください
〒330-9550さいたま市浦和区岸町7の10の14

◎毎日新聞さいたま支局「忘れない」担当。

ファクス(048・829・2964)

Eメール saitama@mainichi.co.jp

◎埼玉県警熊谷署特別捜査班

(048・526・0110)

2010年5月23日

【情報をお寄せください】
〒100-8051(住所不要)毎日新聞社会部「忘れない」担当
ファクス(03・3212・0635)
Eメール t.shakaibu@mainichi.co.jp

小 関孝徳君のお母さんの思う一念岩をも通すと言います。至誠天に通ず。(まごころをもって接すれば、それは天まで通じて、必ず人を動かすものだ。孟子) の教え通 に必ず通じます。 1日も早く犯人が捕まり解決しますように大阪の空の下から御祈り申し上げています。寒くなって来ましたから風邪を引かないようにお体大切になさって下さい ね。頑張って下さいませ。

※0CNブログ人の時ブログに掲載しましたが、未だに犯人が逮捕されません。お天等様や神様からは、一生逃げられません。一人っ子私は、孝徳君のお母さんの胸中を思いますと胸が痛み、言葉を失います。再度アップ致します。

☆全国の皆さん!小関孝徳君のお母さんを是非応援して上げて下さい。

重ねてお願い申し上げます。

 
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  「先生が生徒に学ぶ」灘高 ... | トップ | 重体の元スパイ、玄関ドアで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事