教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

西部邁さんの自殺を手助けした疑い、知人の2人を逮捕

2018年04月05日 23時29分35秒 | ニュース
 (朝日新聞) 22:43

故・西部邁さん(C)日刊ゲンダイ

故・西部邁さん(C)日刊ゲンダイ

(日刊ゲンダイDIGITAL)

 評論家の西部邁さんが今年1月、東京都大田区の多摩川で亡くなった自殺について、40代と50代の知人の男2人が手助けをしていた疑いがあることが、捜査関係者への取材でわかった。警視庁は5日夜、2人を自殺幇助(ほうじょ)の疑いで逮捕した。

西部さん長女「自殺ほう助は断ってほしかった」

 西部邁さんの長女(49)は5日夜、読売新聞の取材に応じ、「逮捕された2人と父はテレビ番組だけでなく、深い親交があった。父は自裁死したいと漏らしていたが、自殺のほう助を頼まれても2人には断ってほしかった」と話した。

 西部さんは晩年、手などが不自由になり、著作は長女に口述筆記してもらっていたという。

 長女は、「父の好きなご飯を作るなど、、人生には楽しいことがあると伝えていた。父はそれ以上に自殺を望んでいたのだろうか」と悔やんだ。

 

西部邁先生のような浄土真宗のお寺の出身で、仏教学にもご造詣が深く、学歴こ学識の優れた学者でも年取られて難病になられると死にたくなるのは、誰でも陥る高齢者の欝病のような心理状態と思います。

昔から日本では、言われていますように人間は、死に際が一番大切です。

警察は、自殺を装った他殺と捜査はするのが、警察の捜査姿勢ですが。

亡くなられる前に死ぬ予告をYouTubeで言われてされていたので、亡くなられる決意の強さを感じました。

ご本人が望まれても、自殺を助けた知人も刑法第202条に規程の「人を幇助して自殺させる自殺幇助罪(自殺のための道具や場所、知識などを提供すること」により罰せられると言うことです。 長女さんの、「父の好きなご飯を作るなど、、人生には楽しいことがあると伝えていた。父はそれ以上に自殺を望んでいたのだろうか」と悔やまれたこと家族の立場から考えれば当然と思います。

 

 

自殺関与・同意殺人罪 - Wikipedia

ja.wikipedia.org/wiki/自殺関与・同意殺...自殺関与・同意殺人罪
 
自殺関与・同意殺人罪(じさつかんよ・どういさつじんざい)とは、刑法第202条に規定されている罪の総称である。個別には、人を教唆して自殺させる自殺教唆罪(簡単に言うと「死ね」など言って人を自殺させようとすること)、人を幇助して自殺させる自殺幇助罪(自殺のための道具や場所、知識などを提供すること)、人の嘱託を受けてその人を殺害する嘱託殺人罪、人の承諾を得てその人を殺害する承諾殺人罪(同意殺人罪)を言う。
 
自殺関与及び同意殺人罪
 
法律・条文 刑法202条
保護法益 生命
主体 人
客体 人
実行行為 自殺の教唆・幇助、(承諾に基づく)殺害
主観 故意犯
結果 結果犯、侵害犯
実行の着手 自殺行為をした時点、生命侵害の現実的危険を惹起した時点
既遂時期 死亡した時点
法定刑 6ヶ月以上7年以下の懲役又は禁錮
未遂・予備 未遂罪(203条)
第二十六章 殺人の罪
(殺人)
第一九九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。
《改正》平16法156
第二〇〇条 削除
(予備)
第二〇一条 第百九十九条の罪を犯す目的で、その予備をした者は、二年以下の懲役に処する。ただし、情状により、その刑を免除することができる。
(自殺関与及び同意殺人)
第二〇二条 人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、又は人をその嘱託を受け若しくはその承諾を得て殺した者は、六月以上七年以下の懲役又は禁錮に処する。
(未遂罪)
第二〇三条 第百九十九条及び前条の罪の未遂は、罰する。
 
 
 
 
 
 
 
テンプレートを表示
 プロジェクト 刑法 (犯罪)
殺人罪の減刑類型であり、法定刑は全て、6ヶ月以上7年以下の懲役又は禁錮と殺人罪よりも軽い。これらの罪の未遂も罰せられる(刑法第203条)。
 
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
« 天木直人のブログ 分裂必至の... | トップ | 安倍晋三首相が制服組の暴走... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事