教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

jlj0011のblog 五輪返上やむなし<本澤二郎の「日本の風景」(3601)

2020年02月21日 12時09分50秒 | 国際・政治
jlj0011のblog
五輪返上やむなし<本澤二郎の「日本の風景」(3601)
2020/02/21 11:110
前の記事
ホーム
五輪返上やむなし<本澤二郎の「日本の風景」(3601)より、転載させて頂きました。
<自業自得!世紀の悪党の花道退陣論はむなし>
 安倍・自公内閣の7年間の悪しき実績は、戦争三法やカジノ法を強行したことだが、それゆえに心臓は、東京五輪花道引退論にかけていたようだ。しかし、それも厳しくなってきた。五輪返上は、既定の路線になりつつある。
 公明党を引きずり込んで、戦争国家大改造に野心を燃やし続けてきたA級戦犯の孫に対して、天は許そうとはしていない。そう感じる国民は、日々増大してきている。


<英国が引き受けると手を上げた>
 今朝の永田町監視人の報告によると、なんと4年前の五輪実施国のイギリスが引き受ける、と言い出しているという。


 4年前の施設を使うことで、わずかな経費で五輪を実施できるということなのであろう。
 現在、大問題になっているダイヤモンド・プリンセス号はイギリス船籍だから、イギリス人の乗客も多かった。日本政府の対応に怒りをみなぎらせているための腹いせもあるのかもしれない。


 またロンドン五輪が二回も実施することが、EU離脱で沈下する経済不安を、多少とも和らげることが出来る、とのそろばん勘定でもあろう。


<買収と大嘘で獲得した五輪に新型肺炎の壁>
 そもそも、東京五輪開催に大義はない。
 国際オリンピック委員を買収して分捕った不正を前提としている。フランスの検察は、いまも捜査を継続している。


 買収五輪の前提には、311のフクシマ東電原発爆破事件による放射能被害について、大嘘をまき散らしていた。国際社会に向けた大嘘は、その後のモリカケ事件から現在の桜事件でも踏襲されている。


 以上の事実を日本国民は当然のことながら、国際社会も認識している。不正と腐敗が安倍・自公内閣の体質となっている。


 ダメ押しともなったのが、武漢の新型肺炎対策である。東京五輪を優先するための、安倍・自公内閣の水際作戦が、見事に失敗、世界の怒りを買っている有様である。危機管理のなさにワシントンの失望は、ことのほか大きいことも分かってきた。
 安倍・令和に続く、安倍・五輪に、ついに天は怒り出したのだ。安倍の大好きな神風が吹いてくれるのだろうか。


<武漢並みの安倍ー加藤の感染防止対策>
 いま中国の北京などから「日本は大丈夫だろうか」という不安と心配の声が、列島の中国人社会70万人の家庭に寄せられている。


 その原因は「日本の対応は、武漢と同じか、もっと悪い」という点にあるのである。このことに日本人は気づいていない。日本政府も、である。


 いまも列島で、無数の行事が繰り広げられている。人々は従来通り、集まって祭り騒ぎをしている。一部では中止しているが、新型肺炎の恐怖を感じない国民も役人、政治屋も少なくない。


 最たる証拠がプリンセス号の乗客に対する感染防止対策だった。しびれを切らした各国政府は、英米を含め、特別機を派遣した。韓国は大統領専用機を数人の乗客のために派遣したほどである。


 「日本は安全」「五輪は実施する」との意思表示であったのだろうが、国際社会は、逆の認識をした。感染を広めるだけの防止対策だった、そのためである。
 
<2019年3月25日ジャ同「2020東京五輪返上が正義」は正しい>
 筆者は買収と大嘘による東京五輪を、当たり前のように「大義なし」と断罪した。2019年3月25日にジャーナリスト同盟通信で、明らかにした。するとどうだろう、10数年継続してきたライブドアのブログが消されてしまった。数千人の読者を失ってしまった。株主の関係で、犯人は信濃町のようだ。


 息子の力を借りて、新たにライブドアとアメーバを立ち上げ、ゼロからのスターとなった。ところが、北京ではアメーバが使用不能、ライブドアも公開できなかった。1月28日から元に戻ったが、ネットに対する言論弾圧を初めて知った。日本の民主主義度ランキング24位はおおむね正しい。


 安倍ー森喜朗ー電通の陰謀めいた東京五輪は、返上やむなしであろう。石原慎太郎も曲者である。
2020年2月21日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

コメント   この記事についてブログを書く
« jlj0011のblog 心臓のお尻... | トップ | 小沢一郎衆院議員を師と仰ぐ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事