教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

ヴェノム GT が427.4km/h、オープンカーの世界最高速記録…ヴェイロン 超えた

2016年04月19日 22時20分48秒 | モータースポーツ

新車 2016/04/17 17:00 レスポンス

米国のヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社は4月11日、『ヴェノムGTスパイダー』が427.4km/hの最高速を計測。世界最速のオープンカーになったと発表した。
ヴェノムGTスパイダーは、英国ロータスカーズの『エリーゼ』をベースにしたスーパーカー。最新の2016年モデルは、7.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。ブーストアップにより、最大出力は1451hp/7200rpmへ引き上げられた。従来比で、207hpの強化にあたる。車両重量は1244kg。動力性能は、0-96km/h加速が2.4秒、0-320km/h加速が13秒と驚異的。
このヴェノムGTスパイダーが4月11日、同社の創業25周年に合わせて、3月25日に米国カリフォルニア州のリムーア海軍航空基地で行った世界記録挑戦の結果を公表。427.4km/hの最高速が、計測に立ち会った第三者によって公認されたことを明らかにした。
これは、ブガッティ『ヴェイロン』のオープン版、「グランスポーツ」が2013年に打ち立てた408.84km/hを上回るもの。ヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社は、「ヴェノムGTスパイダーが、世界最速のオープンカー」と宣言している。』

アメリカならではの世界最速記録を出したこのスポーツカーの燃料は、航空機燃料を使用しかなり燃料を食うのではないかと思います。
ツインターボエンジンは、空の要塞と言われた爆撃機B29のターボチャージャーエンジンの歴史を受け継ぐものではありませんか。
ドイツのポルシェは、12気筒、アメリカのスポーツカーは、V型8気筒ツインターボエンジンを主流にしている考え方の違いがあるのでしょうね。
『カーショー・イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ニュース エンタメ 関テレ中... | トップ | 「おばあちゃんの悪口言った... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モータースポーツ」カテゴリの最新記事