教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

「オミクロン株」を受け、ワクチン3回目接種が始まっているが、ワクチン接種後の死亡報告に脳血管疾患・肺塞栓・心筋梗塞など心血管系の異常が多く見られる。高血圧など基礎疾患のある人のリスクは大きい。

2021年12月07日 19時54分45秒 | 国際・政治

今週のお題「#今年の漢字」をチェック

「オミクロン株」を受け、ワクチン3回目接種が始まっているが、ワクチン接種後の死亡報告に脳血管疾患・肺塞栓・心筋梗塞など心血管系の異常が多く見られる。高血圧など基礎疾患のある人のリスクは大きい。

<iframe id="adg_95681_iframe" name="adg_95681_iframe_name" width="320" height="50" scrolling="no" data-integralas-id-dc88fdc2-77f6-c1bd-508b-ff0f2eaeb2b1=""></iframe>
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
「オミクロン株」を受け、ワクチン3回目接種が始まっているが、ワクチン接種後の死亡報告に脳血管疾患・肺塞栓・心筋梗塞など心血管系の異常が多く見られる。高血圧など基礎疾患のある人のリスクは大きい。


◆〔特別情報1〕
 共同通信の12月3日配信の記事「心筋炎を『重大な副反応』に 厚労省、警戒度引き上げ」によると、「厚生労働省は3日、米ファイザーと米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン接種後、若い男性で通常より高い頻度で報告されている心筋炎や心膜炎の症状について、通常の注意喚起から『重大な副反応』に警戒度を引き上げ、医師らに報告を義務付けることを決めた。」と報道した。
 社会医学環境衛生研究所所長で、米国・スタンフォード大学医学校フェローの谷康平先生が、新日本保険新聞(生保版)に月一回連載で執筆されているコムラ【新養生訓】の最新版のなかでも、ワクチン接種後の死亡報告に「脳血管疾患・肺塞栓・心筋梗塞」など心血管系の異常が多く見られることを取り上げ、専門的な解説を加えて、「高血圧などの基礎疾患のある方はリスクが大きい」と警鐘を鳴らしている。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 裏切り者乱舞<本澤二郎の「... | トップ | 竹中平蔵と橋下徹という“双子... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿