教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

天木直人のブログ 捨て金承知の日本のイラク支援1億ドル

2018年02月16日 18時51分15秒 | 国際・政治

捨て金承知の日本のイラク支援1億ドル

2018-02-16

 いくら私が警告しても馬耳東風だ。

 イラク復興支援会議が終わり、日本は難民支援策などに1億ドル規模の援助を表明したらしい。

 復興支援会議で表明された総額は、目標の882億ドルにはほど遠く、約300億ドルに終わったという。

 日本は、そのうち1億ドル規模だから、決して大きな支援国ではない。

 しかし、それでも100億円を超える血税だ。

 問題は、それが捨て金になる事を承知で、付き合いで出したということだ。

 もし、このイラク支援を安倍政権のパフォーマンスに使う気なら、メディアはこの、イラク復興支援会議をもっと大きく報じたはずだ。

 そして、外相や政務官などの政治家を派遣したはずだ。

 しかし、それらしき報道は一切ない。

 おそらく在クウェートの日本大使か担当官を出席させてお茶を濁したのだ。

 それで、100億円にのぼる血税を使った。

 捨て金承知で行ったイラク復興支援だ。

 それを報じる東京新聞は、その同じ紙面で、アフガニスタンでテロが激増している事を伝えている。

 今度のイラク支援は、鳴り物入りで行った日本のアフガン復興支援のムダ金の比ではないかもしれない。

 しかし、無駄を承知で行った捨て金だけに罪は深い。

 いったい外務官僚たちは、血税を何と思っているのか、ということである(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  安倍晋三首相は、プーチン... | トップ | 天木直人のブログ トランプの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事