教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

北陸地方と中国地方に続き、九州北部地方で「春一番」発表

2018年02月14日 20時43分13秒 | 受験・学校・学問

 

2/14(水) 15:16配信 ウェザーニュース

北陸地方と中国地方に続き、九州北部地方で「春一番」発表

提供:ウェザーニュース

 『今日14日(水)は低気圧が発達しながら日本海を進んでいます。 この影響で、日本列島では強い南よりの風が吹き、北陸地方と中国地方、さらに九州北部地方で「春一番」が発表されました。

 

◆各地の最大瞬間風速

新潟 15.2m/s

富山 10.3m/s

金沢 16.9m/s

福井 5.9m/s

 

広島 8.1m/s

岡山 9.3m/s

松江 13.5m/s

鳥取 14.4m/s

 

山口 12.7m/s

福岡 12.0m/s

佐賀 9.0m/s

長崎 13.4m/s

大分 6.2m/s

熊本 12.4m/s

 

 

◆春一番とは◆

 春一番は立春を過ぎて最初に吹く強い南風のことを指し、地域によって定義に違いがあるものの、平均風速7~8m/sが一つの目安になります。

 

 春一番が吹いた日は、気温が上昇。翌日は西高東低の冬型の気圧配置となり、寒さが戻ることが多い傾向にあります。

 

(地名) (基準)

九州南部   8m/s ※宮崎地方気象台

九州北部   7m/s ※福岡管区気象台

 四国  10m/s ※高松地方気象台

 中国  10m/s ※松江地方気象台

 近畿    8m/s ※大阪管区気象台

 東海    8m/s ※静岡地方気象台

 北陸  10m/s ※新潟地方気象台

 関東    8m/s ※気象庁

 

 ※春一番は、立春から春分までの期間としているため、発生しない年もあります。

 

北陸地方と中国地方に続き、九州北部地方で「春一番」発表

提供:ウェザーニュース

春一番は災害発生のリスクも

 「春一番」という言葉の響きから、ウキウキした春を連想するかもしれません。ただ、春の嵐は

 ・雪崩

 ・海難事故

 ・山火事

 など…災害をもたらすこともあり、十分な警戒が必要です。

 

◆花粉の飛散にも注意◆

 暖かい南からの風が強く吹くということは、花粉の飛散も増えることが予想されます。まだ本格的には、飛び始めていませんが、花粉症の方はしっかり対策をした方が良さそうです。

  

 

2/14(水) 15:16配信 ウェザーニュース

 

北陸地方と中国地方に続き、九州北部地方で「春一番」発表

 

提供:ウェザーニュース

 

 今日14日(水)は低気圧が発達しながら日本海を進んでいます。 この影響で、日本列島では強い南よりの風が吹き、北陸地方と中国地方、さらに九州北部地方で「春一番」が発表されました。

 

 

 

◆各地の最大瞬間風速

 

新潟 15.2m/s

 

富山 10.3m/s

 

金沢 16.9m/s

 

福井 5.9m/s

 

 

 

広島 8.1m/s

 

岡山 9.3m/s

 

松江 13.5m/s

 

鳥取 14.4m/s

 

 

 

山口 12.7m/s

 

福岡 12.0m/s

 

佐賀 9.0m/s

 

長崎 13.4m/s

 

大分 6.2m/s

 

熊本 12.4m/s

 

 

 

 

 

◆春一番とは◆

 

 春一番は立春を過ぎて最初に吹く強い南風のことを指し、地域によって定義に違いがあるものの、平均風速7~8m/sが一つの目安になります。

 

 

 

 春一番が吹いた日は、気温が上昇。翌日は西高東低の冬型の気圧配置となり、寒さが戻ることが多い傾向にあります。

 

 

 

(地名) (基準)

 

九州南部   8m/s ※宮崎地方気象台

 

九州北部   7m/s ※福岡管区気象台

 

 四国  10m/s ※高松地方気象台

 

 中国  10m/s ※松江地方気象台

 

 近畿    8m/s ※大阪管区気象台

 

 東海    8m/s ※静岡地方気象台

 

 北陸  10m/s ※新潟地方気象台

 

 関東    8m/s ※気象庁

 

 

 

 ※春一番は、立春から春分までの期間としているため、発生しない年もあります。

 

 

 

北陸地方と中国地方に続き、九州北部地方で「春一番」発表

 

提供:ウェザーニュース

 

春一番は災害発生のリスクも

 

 「春一番」という言葉の響きから、ウキウキした春を連想するかもしれません。ただ、春の嵐は

 

 ・雪崩

 

 ・海難事故

 

 ・山火事

 

 など…災害をもたらすこともあり、十分な警戒が必要です。

 

 

 

◆花粉の飛散にも注意◆

 

 暖かい南からの風が強く吹くということは、花粉の飛散も増えることが予想されます。まだ本格的には、飛び始めていませんが、花粉症の方はしっかり対策をした方が良さそうです。』

 

 

 

【冬来たりなば春遠からじ】の格言通り、厳しい寒気団の居座った後に春一番が吹きました。近畿地方も春一番が、吹いて欲しいとお思います。

【注釈】 寒く厳しい冬が来たということは、暖かい春が目の前まで来ているということから。

 

イギリスの詩人シェリーの「西風に寄せる歌」の一節「If winter comes, can spring be far behind?」に基づく。

【冬来たりなば春遠からじの解説】

【注釈】 寒く厳しい冬が来たということは、暖かい春が目の前まで来ているということから。

「来たりなば」は、文語動詞「来たる」の連用形+文語の完了の助動詞「ぬ」の未然形+接続助詞「ば」で、来たらばという意味。

「遠からじ」は、文語形容詞「遠し」の未然形+文語の打ち消し推量の助動詞「じ」で、遠くはないだろうという意味。

コメント

コーヒーを飲む人は口臭に注意?意外な口臭雑学

2018年02月14日 18時43分06秒 | 健康・病気

 日ごろから口臭が気になっている方、実は多いのではないでしょうか。今回は「いかにおもしろい話をして笑ってもらえるか」という一風変わった姿勢で歯科 治療を行う野村洋文氏の著書『たいへん申し上げにくいのですが』を紹介しながら、口臭に関するお話を中心に取り上げます。

●口臭、実は気のせいかも

 野村氏は、「口臭が気になってしょうがないのですが」と遠慮がちな声で言う患者さんに頻繁に出会うそうです。しかし、実際に口臭測定器で調べると異常が ある人と正常の人の比率は3対7とのこと。つまり、口臭がすると思っている方の7割は気のせいということです。気になる人は、全国の歯科大学附属病院の中 には「口臭外来」というのもあるので、足を運んでみるのも一策とのこと。

●空腹・疲労で交感神経が優位になると口臭がする

 しかし、やはり口臭がするときはありますよね。これがなぜかといえば、緊張したときに優位になる交感神経と、リラックスしたときに優位になる副交感神経 が関係しているそうです。例えば、お腹がすいたり、疲れてきたりすると、交感神経が優位になり、サラサラした唾液から、ネバネバした唾液になって、口腔内 の潤滑さが失われて口臭がするとのこと。

●ダイエットをすると口臭がする!?

 また、ダイエット中は口臭にも注意が必要です。お腹がすくと血糖値が下がり、脂肪代謝が生じてアセトンが発生し、口臭がするとのこと。今回紹介している 本では詳しく触れられていませんが、アセトンは甘酸っぱいにおいで、「ダイエット臭」などと呼ばれることもあるそうです。さらに嗅覚研究所代表の外崎肇一 氏によると、「糖尿病の初期は尿や体から甘いにおいがするが、進行すると甘酸っぱいにおいになる」とのこと。甘いにおいは要注意です。

●コーヒーは口臭予防にならない!?

 コーヒーは口臭予防になる、と思われている方も多いかと思いますが、この点についても野村氏は、実はその逆であると言います。焙煎したコーヒー豆の粒子 が舌の表面に停滞し、口臭の原因となるとのこと。さらに、コーヒーは酸性の飲み物なので、口腔内の酸度を上昇させて唾液の分泌を低下させるらしいのです。 ただし、野村氏は、ネスカフェゴールドブレンドへの個人的な思い入れを語ったのち「コーヒー自体は超健康有料ドリンクです」と強調します。

●口臭を予防には、パセリが効果的

 口臭予防にはパセリが効果的、とのことです。パセリの匂いの元となるピネン、アピオールという精油成分は、殺菌力にすぐれているとのこと。またパセリを 咀嚼することで、葉緑素の中のクロロフィルが臭気ガスを打ち負かし、消臭効果が出るそうです。しかし、野村氏が危惧するのは、「パセリは食べられない」と いう人も多い気がするということ。これについては「頑張って食べてください」とエールを送っています。

 今回紹介した『たいへん申し上げにくいのですが…』は、まじめな話の合間にあらゆる雑学や著者の正直で率直な経験談がちりばめられています。それがこの 本の面白みです。何割か「それは歯科とは関係ないのでは……」と突っ込みを入れたくなるのですが、何よりも著者の話ぶりが面白く、楽しく健康のことを知る にはうってつけの一冊かと思われます。

<参考文献・参考サイト>
・『たいへん申し上げにくいのですが…』(野村洋文著、秀和システム)
・日経スタイル:体臭で病気の種類まで分かる?がん発見に活用も
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO90756210Q5A820C1000000?channel=DF140920160927

コメント

天木直人のブログ イラク復興支援会議に日本の援助を使ってはいけない

2018年02月14日 17時07分45秒 | 国際・政治

イラク復興支援会議に日本の援助を使ってはいけない

2018-02-14
 
ペンス副大統領が平昌五輪開会式に出席して北朝鮮のほほえみ外交をけん制していた時、ティラーソン国務長官の姿が見えないと思っていたら、ティラーソン国務長官はクウェートにいたのだ。

 その事を私はきのう2月13日の日経新聞で知った。

 2月12日、イラク政府はクウェート、世界銀行など50カ国の参加するイラク復興支援会議をクウェートで開いたという。

 イスラム国掃討作戦で荒廃した国土復興を話し合うためだという。

 もちろん日本も参加していたらしい。

 しかし、この復興支援会議は、かつてのアフガン支援会議の二の舞になる事は明らかだ。

 9・11が起きて一か月後に、米国がテロをかくまったとしてタリバンの支配するアフガンを攻撃した。

 その復興を支援するために、まるでマッチポンプのように米国はアフガン復興支援会議を招集し、度重なる会議をくり返し、巨額の資金をアフガンにつぎ込んだ。

 日本はその主要援助国としてアフガン復興に「貢献」させられた。

 ところが今のアフガンはどうなっているというのか。

 カルザイが援助をネコババしたまま逃げて、いまのアフガンは手の付けられないテロ頻発の破綻国家のままだ。

 同じことがイラクで繰り返されようとしている。

 イスラム国の掃討作戦が終わり、荒廃したイラクの国造りが必要だという。

 しかし、いまのイラクが復興支援に値する状況でない事は誰の目にも明らかだ。

 それだけではない。

 いまのイラクは、テロが終らないばかりか、イランとサウジの代理戦争の場になりつつある。

 そこへきて、米国がサウジの側に立ってイランと敵対しつつある。

 しかも米国はアサド政権を支持するイランやロシアとの戦いの場であるシリアで、手一杯だ。

 9・6兆円とも試算されているイラク復興支援に、米国はあらたな資金援助は表明しないと言っているらしい(2月13日日経)。

 そんなイラク復興支援会議に日本は慎重になるべきだ。

 間違っても真っ先に援助表明を行うような事をしてはならない。

 今、中東は、日本が関与するにはあまりにも不透明である。

 ましてや安倍政権の外交の道具になって血税を無駄遣いするには、あまりにもふさわしくない戦場と化している。

 その事をメディアは国民に知らせなければいけないと思う(了)

コメント

天木直人のブログ 保阪正康氏の天皇二極化論に勇気づけられる

2018年02月14日 16時19分30秒 | 国際・政治

保阪正康氏の天皇二極化論に勇気づけられる

2018-02-14

 きのう2月13日の国会で、安倍首相は、「北朝鮮のほほえみ外交に目を奪われてはならない」と、文在寅大統領に伝えたことを明らかにしたらしい。

 こんな事を堂々と国会で語る安倍首相は、おそらく南北融和を日本国民の中で一番不快に思っている一人に違いない。

 それとは正反対に、今度の南北融和の動きを、内心一番歓迎されているのが今上天皇であろう。

 ことほど左様に、この二人の平和に対する思いは真逆だ。

 その安倍首相の手で、今上天皇は来年4月末に退位させられる。

 なんともやりきれない思いの中で、きょうの地方紙(下野新聞)に掲載されていた保阪正康氏の「天皇二極化に向かう時代」という論考に私は勇気づけられた。

 そこには、要旨こう書かれている。

 皇太子が即位したといっても、すぐに天皇のイメージが確立していくとは思えないと。

 例えば私は「天皇・皇后」という言葉で上皇・上皇皇后を思い浮かべてしまうと。

 少なくとも今上天皇と時代を共にしてきた60代以上にとっては、この期間がしばらくは続くように思われると。

 そう書いた後で、保阪氏は次のように天皇二極化の前例と、その時の戦争に対する抑止力を語っている。

 近現代の歴史を見れば、このような「天皇が存在しているのに天皇がいない」という状況が一度だけあったと。

 それは大正末期の5年間、すなわち大正天皇が病気療養に専念することになり、20歳の皇太子(昭和天皇)が摂政に就いた大正10年11月から大正15年12月の5年間であったと。

 そして、重要な事は、この天皇の存在の二極化の5年間は、陸海空軍がただの一度も海外に兵を動かしていないということだ、というのだ。

 この事を保阪氏は、大元帥である天皇の存在が曖昧だったためだろうと書いている。

  そして、保阪氏は、実はこの大正末期の天皇二極化の5年間は、軍部が天皇の名を使って国民に威圧をかける事ができなくなった時代であったとともに、一方に おいて共産党が結成されたり、大正デモクラシーが起こり、他方において大川周明や北一輝などの国家主義が起きるなど、日本社会の至るところに躍動の渦がで きた時代だと指摘している。

 そして、保阪氏はその論考を次のように締めくくっている。

 実は大正末期の5年間については未だに正確に分析されてはいないと。

 天皇の二極化は、軍事主導の時代にそれを弱める役割を果たしたと言っていいが、今回の生前退位による天皇の二極化は、世代によって起こるとも言えるし、起こらないとも言える、はたして、結果はどうなるだろうかと。

 私はこの保阪氏の論考を読んでつくづく思った。

 このままでは、大正デモクラシーは起こらない。

 むしろ、大正が終わり昭和になった途端に軍部が「天皇は私たちのものだ」と言わんばかりに国民を圧迫して戦争の悲劇への道をまっしぐらに進んだように、日本はあらたな元号の下で戦争の出来る国にさせられてしまうおそれが強いのではないかと懸念する。

 いまこそ新党憲法9条の考えをひろめなければいけない。

 それは、いわば大正デモクラシーの現代版だ。

 私は60年代以上の国民を覚醒させて、天皇の二極化を敢えて起こしたい。

 天皇が上皇で健在であるうちは、新党憲法9条の存在感は高まりこそすれ、なくなることはあり得ないという思いが、ますます私の中に強まりつつある。

 そして、きょうから、新党憲法9条の公約は、憲法9条を国是とし日米安保体制からの自立することとともに、南北朝鮮の統一実現を全面的に支援することを二大公約として掲げる事にしたい。

 ここまで明確に党の公約を掲げる政党は今の政治の中でどこにもない。

 だからこそ必要なのである(了)

コメント

天木直人のブログ トランプの「日本は殺人」発言に謝罪と撤回を迫れな...

2018年02月14日 15時38分01秒 | 国際・政治
 
 

トランプの「日本は殺人」発言に謝罪と撤回を迫れない日本

2018-02-14

 我が目を疑う記事を、きょう2月14日の読売新聞に見つけた。

 トランプ米大統領は12日、ホワイトハウスで開いた会合で、米国が貿易赤字を抱えている国々を対象に報復関税を課す方針を表明したと。

 ここまでは驚かない。

 ついにトランプの米国が日本に迫って来た。

 安倍政権が一番恐れていた事がやってくる。

 それだけの話だ。

 しかし、中国、韓国と同一視して日本を名指しで批判した。

 これだけは許してはいけない。

 世界最大の米国の同盟国である事を自他ともに認める日本を、米国の潜在敵国である中国と同列視して批判したからだ。

 何のための同盟国であり、何のための、日米による中国包囲網だ。

 しかも、同じ同盟国であっても、はるかに巨額な投資と経済負担をしている日本を、韓国と同一視している。

 何のための日米同盟による対北朝鮮圧力だ。

 南北統一警戒の結束だ。

 そして、極めつけは殺人呼ばわりである。

 すなわち、トランプ大統領は不公平な貿易により、米国の製造業が衰退し、雇用が奪われることを、「殺人」という極端な言葉で表し、日本を中国や韓国と並列して、「殺人」を犯しておきながら許されている、と非難したという。

 これだけは、到底容認できない暴言だ。

 中国や韓国が抗議する前に、安倍首相は直ちにトランプ大統領に電話して謝罪と発言撤回を求めなければいけない。

 それが最良で最強の同盟国の証だ。

 外交礼儀だ

 国会はこのトランプ発言を取り上げて、安倍首相にトランプ大統領に謝罪と撤回を求めるよう迫らなくてはいけない。

 メディアはこのトランプ発言を大きく報道し、安倍首相に対していまこそ良好な首脳関係を発揮して、日米同盟関係に亀裂を入れようなオウンゴールをトランプ大統領にさせてはいけないと社説に書くべきだ。

 おそらく安倍首相は何もしないだろう。

 野党は騒がないだろう。

 メディアは何も書かないだろう。

 安倍首相を支える右翼でさえも、黙り込んで終わるだろう。

 こうしてトランプの歴史的暴言は、なかったこととして封印されるだろう。

 一億総対米従属国家である。

 それを、嫌というほど教えてくれる事になる、トランプ大統領の「日本は殺人犯している」発言である(了)

コメント

米キッシンジャー博士は、「オスロ会合」合意が、条文づくりに入っているのでトランプ大統領と安倍晋三首相とを早く辞めさせたい

2018年02月14日 13時28分36秒 | 国際・政治

米キッシンジャー博士は、「オスロ会合」合意が、条文づくりに入っているのでトランプ大統領と安倍晋三首相とを早く辞めさせたい

2018年02月14日 05時12分41秒 | 政治
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
米キッシンジャー博士は、「オスロ会合」合意が、条文づくりに入っているのでトランプ大統領と安倍晋三首相とを早く辞めさせたい

◆〔特別情報1〕
 「虎の威を借りる」情けない安倍晋三首相が、虎に迷惑がられている。虎とは、「米トランプ大統領、ペンス副大統領」である。トランプ大統領は、安倍晋三 首相のスト―カーまがいの「電話魔ぶり」、ペンス副大統領は、韓国平昌オリンピック開会式の日、安倍晋三首相にベッタリ密着されて、大迷惑を受けたとい う。北朝鮮の金正恩党委員長=元帥の実妹・金与正党中央委員会宣伝扇動部第1副部長と密会したかったのに、安倍晋三首相に密着されていたため、折角の機を 失ってしまい、米朝和平が妨げられたという。このため、帰国後の2月12日、トランプ大統領の指南役キッシンジャー博士に報告後、「前提条件を付けず、米 朝和平(朝鮮戦争休戦協定→米朝和平協定に切り替え)に向けて対話・協議すべきだ」と進言、これを受けて、ティラーソン国務長官が、直ちに訪朝の準備を始 めたという。これは、天皇陛下にごく近い筋からのトップ情報である。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ

平成30年2月17日 (土)12時30分~16時30分
【『矢部マリ子記念 一由倶楽部 鉄板会』】




第76回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成30年3月10日 (土)13時~16時
「朝鮮半島統一と日本」
~米キッシンジャー博士が築く新国家「コリア」と東アジア外交
場所 小石川後楽園内「涵徳亭」広間
参加費 2,000円


◆板垣英憲の新刊のご案内◆

天孫人種六千年史の研究【第1巻】
クリエーター情報なし
ともはつよし社


[新装完全版]ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 米国とイスラエルの力を借りて皇国の理念「NEW八紘一宇とNEW大東亜共栄圏」の実現へと向かうNIPPON!
クリエーター情報なし
ヒカルランド


世界のどこにもない 特殊なこの国と天皇家の超機密ファイル 神の国の《神》がわれわれにさえも隠したもの
クリエーター情報なし
ヒカルランド


トランプ政権はキッシンジャー政権である! いま世界と日本の奥底で起こっている本当のこと この大動乱のメガチェンジを読み切る!
クリエーター情報なし
ヒカルランド


「4京3000兆円」の巨額マネーが天皇陛下と小沢一郎に託された ついに動き出した吉備太秦のシナリオ
クリエーター情報なし
ヒカルランド


トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている!
クリス・ノース(政治学者),ベンジャミン・フルフォード(元フォーブス誌アジア太平洋支局長),板垣英憲(元毎日新聞政治部記者),リチャード・コシミズ(日本独立党党首)
ヒカルランド


『悪の地政学』と『悪の戦争経済』でわかった 日本人が背負う《世界大戦》重大リスク この恐怖のシナリオの狭間でどう生き残るのかNIPPON
クリエーター情報なし
ヒカルランド


2度目の55年体制の衝撃! あのジャパンハンドラーズが「小沢一郎総理大臣誕生」を自民党に対日要求! 日本国の《新生となるか、終焉となるか》ついに来た《存亡大選択の時》 (超☆はらはら)
ク板垣英憲
ヒカルランド


ゴールドマン?ファミリーズ?グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ) 吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」 地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀財宝》を担保に回っていた
板垣 英憲
ヒカルランド


地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド

   
 
 
コメント