息苦しい世の中で 自由に語り合える空間を

自由でも民主でもない この日本を もっともっとよりよく変えていくことができるように たくさんの知恵を語りましょう。

やはり勇気は・・・もらっていない

2011年07月31日 23時45分51秒 | 奇妙な風景
「なでしこ」ジャパンの、ワールドカップ優勝に刺激を受けて、「勇気をもらいました」というコメントが、あちこちで見られます。
ええーっ、みなさん「勇気」をもらったの?

私が、このチームからもらったものはなんだったのでしょう。

「あきらめない精神力」「試合に対しての真摯な姿勢」「パスまわしの華麗さ=基礎練習の積み重ねの大切さ」
「いつか夜明けがくるものだ」「体格的に大差がありながらも、それでも工夫をすれば世界を相手に戦えるチームとなる」

そんなところでしょうか。

やっぱり「勇気」はもらっていません。彼女らに見たものは「勇気」とは違っています。

「勇気」=いさましい意気。困難や危険を恐れない心
     勇気(ゆうき)とは、普通の人が、恐怖、不安、躊躇、あるいは恥ずかしいなどと感じる事を恐れずに(自分の信念を     貫き)向かっていく積極的で強い心意気のこと

なんとなく重なっているようにも思われるのですが、やはり「勇気」では違和感があります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よく練られた構成

2011年07月31日 17時25分45秒 | 素人の劇評
劇団十七戦地#1『花と魚』
7月31日 13時の部 王子 シアター・バビロンの流れのほとりにて にて。

近未来の劇。1時間50分、休憩なしというのは、私にとってかなりきつい部類に入ります。(すぐに眠くなるから)
ミステリーとして徐々に真相が明らかになる展開と、一地方の漁村?のゆったりとした風土とがうまく調和して、脚本自体がしっかりとした構成のもとに演じられていることに、まず好感が持てました。
ユーモアを一切排除して貫徹させている点も、昨今の安直な劇と比べて『品位』を感じさせます。
ああ真面目な劇団だなと、私には安心感を持って観ることができました。
集落の歴史と住人の複雑な関係、新生物の発現などの因果関係については、やや私の認識能力を越えたものがありましたがf^_^;、骨太の劇として印象に強く残りました。
まだ若い人が多い劇団。あと十年くらいすれば、年齢構成もバランスがとれたものになりそうで、これからも見守っていこうと強く思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去を顧みない国民作り

2011年07月31日 09時15分15秒 | 教育を考える
7月28日(木)、藤沢市教育委員会は育鵬社の歴史と公民を採択しました。
7月28日(木)、東京都教育委員会は都立中高一貫校と特別支援学校に「つくる会」系教科書を採択しました。
 1.都立中学校・都立中等教育学校(前期課程)
   歴史=育鵬社 公民=育鵬社
 2.都立特別支援学校(聴覚特別支援学校および肢体不自由・病弱特別支援学校)
   歴史=育鵬社 公民=自由社
 3.都立特別支援学校(視覚特別支援学校)
   歴史・公民とも点字教科書の原典となる教出を採択

 全体のトーンが「日本はすばらしい国だ」「過去の戦争も、日本には罪がなかった」など、あまりにも「ノー天気」な、言い方を代えると「姑息」「狡猾」な記述が充ち満ちている教科書です。

 過去を反省することもなく、上記のような内容を刷り込まれた子供たちが、これからの日本の未来を担っていくかと思うと、ぞっとしてきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ささやかな楽しみ 「人生、ここにあり!」を見に行きます

2011年07月30日 10時48分23秒 | わたしごと
見たかったのに、見逃していた映画。
ようやく銀座、シネ・スイッチで上映されていると聞いて。

「1983年のイタリア、ミラノ。新しく制定されたパザリア法により精神病院が閉鎖され、行き場を失った元患者たちは、病院付属の「協同組合180」に集められ、慈善事業という名目の単純作業をしながら無気力な日々を送っていた。一方、労働組合員のネッロは熱心すぎる活動がたたり、「協同組合180」への異動を命じられる。ネッロはさっそく元患者たちに仕事をする事の素晴らしさを伝えるべく、「床貼り」の作業を提案するのだが…。」
「本国イタリアでは動員数40万人超、54週ロングランの大ヒットを記録し、イタリア・ゴールデングローブ賞を受賞した話題作。精神病院廃絶法であるパザリア法(1978年制定)により、精神病患者たちが一般社会で暮らせるような地域づくりに、世界で初めて挑戦したイタリア…そんな時代を背景に、ある施設の取り組みと、そこで生まれた知られざる実話を感動的に描いた人間讃歌だ。ともすれば重い話になりがちなデリケートなテーマでありながら、ユーモアあふれる語り口で描いたところが面白い。すぐ手が出るキレやすい男、彼氏が100人いるという妄想を持つ女など、一筋縄ではいかない元患者の面々が繰り広げるドタバタぶりが笑いを誘う。」

雨が降ったりやんだり・・・ですが、がんばって行くことにしよう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「自律・自立」指向の欠けた教育

2011年07月26日 22時38分24秒 | 教育を考える
以前にも書きましたが、今、学校現場は「強い指導」を陰に陽に求められ、気持ち悪いほどシーンとした教室が増えてきています。一見して「静かに集中」している光景で、保護者にも一定程度「好評」だと思われます。
私は、教師になってから、一度もそのような教室を目指したことはなく(静かにする、集中するを軽視しているわけではありません)、それよりも子供たちと対話をしながら、中身を高めていく、認識を深めていくことを目指しています。
「とにかく静かにして集中しなさい」と言われて、先生に従って静かにすること、それが第一の自分たちの目指すものだと、きわめて従順な人間にしか育っていかないことでしょう。

石原都知事、橋下府知事も、自分の「自由な思考」については棚に上げて、「下々」には「従順こそ教育」と主張する。
権力者とはそんなものなのでしょう。
「内なるファシズム」を克服できる人間を育てていきたい。


「7月24日、都教委包囲ネット7・24集会が都内で開催された。6月7月に連続して出された最高裁の「君が代」不当判決糾弾と、6月3日に成立した大阪府の「君が代」強制条例撤廃が集会のテーマだ。大阪では条例成立後、すべての府立学校で「日の丸」の常時掲揚が行われ始めた。また、9月府議会では「3回不起立で免職」という「職員処分条例」の成立も目論まれている。「日の丸・君が代」強制反対ホットラインの井前弘幸さん(写真)は、「橋下知事は、教育は2万パーセント強制だと言っている。彼のねらいは、『日の丸・君が代』の押しつけにとどまらず、教育の方針・中身は政治が決定し、現場はそのマネジメントをするだけという状態にもっていくこと。政治が教育に自由に介入できる体制作りを目指している」と語った。戦前の軍国主義の反省から「教育への不当な支配」を拒否してきた戦後の教育は、教育基本法の改悪に続いて第二の曲り角に立たされている。全国規模の闘いが切実に求められている。」(レイバーネット・佐々木有美さんの報告から)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腕相撲

2011年07月25日 23時26分33秒 | わたしごと
一人で鬱々としているときは、よく父と話をします。とは言え父はすでに、この世にはいませんから、父が生きていたら・・・の想定問答、つまり自問自答です。
また、最近はよく父のことを思い出します。それほど濃密な親子だったわけでもなく、おそらくはごく普通の親子だったと思いますし、私が35才の時に他界したので、これから父とゆっくりたくさん話ができると思っていた矢先のことでした。

父は、私が小学生のときに、よく相撲や腕相撲をしてくれました。腕回りがそのころの私の胴回りくらいある父です。どんなに私が頑張ってもかなうはずもありません。
それでも父は、ぎりぎりまで私と『いい勝負』をしてくれました。
相撲では、畳二枚が土俵。いつも父は、そのへりまで私に押し込まれてくれました。腕相撲では、父の手の甲が下につくくらいにまで。
そしていつものように、逆転で私を負かせます。
『いや~、惜しかったなあ』が口癖。
父との圧倒的な力の差を知らなかった私は、毎回気持ち良く騙され、また頑張ろうという気になったものでした。
身内とか係累など関係なく、まず喜んでもらえることをしなさい。損得で付き合うものではない。人が喜ぶことを、自分の喜びとしなさい。
言葉には出さなかったものの、父の生き様は、私にそう教え続けてきたのだと思います。

生きていたら、どんなことを話してくれたのでしょうね。
『自慢の息子』の話を聞きながら、きっと頷いて励ましてくれたでしょうね。

いつも父の記事を書いているときは、液晶画面が流れてしまうくらい、ぼろぼろ涙を流しています。
二人して、弱い酒を飲みながら話したかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新幹線 地デジ 東電 線量計

2011年07月24日 09時32分01秒 | あれこれと
①中国版新幹線の事故・・・巨大プロジェクト+国の威信+安全よりも早期開業優先
             小さなトラブルが、これまでにも多発していたとのこと。針の穴一つからでもダムは決壊する。

②今日から地デジ開始・・・うちのカーナビのテレビ、私の3バンドのラジオはお払い箱? チューナーをつければいいのか、さ             っぱりわからず。

③東電OL殺人事件 DNA鑑定により新たな展開か・・・またしても「東電」である。無期懲役が確定している現在、死刑とな                           っていないでよかったと言うしかない。
                           万に一つの誤審のためにも、死刑はあってはならない。被害者、その
                           周りの方々の心情はわかるとしても。

④海江田氏「現場の人たちは線量計をつけて入ると(線量が)上がって法律では働けなくなるから、線量計を置いて入った人がたくさんいる」「頑張ってくれた現場の人は尊いし、日本人が誇っていい」・・・戦中の特攻隊への讃辞・讃美のように聞こえる。権力を持っている側からは言ってはならない言葉ではないのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな日もいいもんだ

2011年07月23日 15時08分54秒 | わたしごと
久しぶりに「何もない」1日。
といっても、夜には、学校でキャンプが行われることもあり、その警備にかり出された若手に、差し入れを
もっていく予定なのだが・・・

午前中は、たまったプリントの整理。とにかく捨てる作業です。
あるわあるわ・・・この学校は以上にプリントが多い。
打ち合わせが少ない分だけ、いつも「これを見て!」とばかりにプリントが机の上に放り投げられる。
半日職員室を離れると、プリントの山ができています。

午後は、本屋にでもくりだして、気になってメモをしていた本を買うつもりです。

※「引撃」 矢作俊彦
※「聖なる幾何学」 スティーブン・スキナー
※「タゴール」 丹羽京子

今、四冊も「読むべき」本がたまっているにもかかわらず・・・
相変わらず「本の虫」なのですが、読まなければ意味ないですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だからこそふんばりつづけたい

2011年07月21日 07時29分18秒 | わたしごと
一学期最後の職員会議。夏休みの水泳指導で、教員の熱中症を心配して、『プールサイドにペットボトルの飲み物を、みなさんで購入して置いたらどうですか』という素朴な質問が出された。
すでに終了の時間を過ぎていたこともあるからだろう。管理職から甲高い声の発言。『そんなこと急に言われても、私はそんなこと聞いてないし。時間も過ぎているのだから、あとで校長室にきて!』
働く者の命に関わることさえ、『聞いていない』『時間がない』との理由で後回しにされる職員会議に成り下がってしまった。
大事な、素朴な質問も、睨まれる時代。 同僚が定年を待たずに職場を去っていく気持ちがわかる気がする。
物言わぬ職場、会議。しかし、だからこそ、もう少しふんばって、そんな殺伐とした職場を変えていきたい。
それをも働く楽しみに、意欲にしていきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風 接近中

2011年07月20日 00時57分13秒 | わたしごと
今日は終業式。
台風が接近しているので、子供たちの登下校が心配な1日になりそうです。

んっ、台風は「9月、10月」が定番でしたよね。

やはり地球は温かくなっているのでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情けない最高裁と救われた橋下氏

2011年07月16日 09時05分02秒 | あれこれと
※最高裁の「人権感覚」の貧弱さは、橋下氏には救いの神だったに違いない。
 情けない最高裁と、やり得の橋下氏。

「1999年の山口県光市の母子殺害事件をめぐり、被告の元少年(30)の弁護人らが、大阪府知事就任前の橋下徹弁護士の発言で名誉を傷つけられたなどとして損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第二小法廷(竹内行夫裁判長)は15日、橋下氏の逆転勝訴とする判決を言い渡した。
 橋下氏の賠償責任を認めた一、二審判決を破棄し、弁護人らの請求を棄却した。ただし、弁護人の懲戒請求を呼びかけた発言については「慎重な配慮を欠いた軽率な行為で、不適切だった」と批判した。
 問題になったのは、2007年5月のテレビ番組「たかじんのそこまで言って委員会」での橋下氏の発言。裁判で殺意を認めていた元少年が、新たな弁護団がついた後に否認に転じた点について、「弁護士が中心になって主張を組み立てたとしか思えない」「許せないと思ったら、弁護士会に懲戒請求をかけてもらいたい」などと批判した。」(アサヒコム)

「山口県光市母子殺害事件を巡り、被告弁護団への懲戒請求をテレビ番組で呼びかけたことに対し、弁護士4人から損害賠償を求められた訴訟の上告審で逆転勝訴した大阪府の橋下徹知事は15日、「きちんと判断していただき、非常にありがたい。表現の自由にかかわることであり、こういう問題になると最後に頼れるのは最高裁だとつくづく感じた」と述べた。」(読売)

※ここでも、「人権」のとらえ方が旧態然とした最高裁。

「卒業式などで君が代斉唱時に起立を命じた校長の職務命令をめぐり、東京都と北九州市の教職員らが起こした3件の訴訟の上告審判決で、最高裁第一小法廷は14日、いずれも「職務命令は思想・良心の自由を保障した憲法に違反しない」との判断を示した。
 先行した6件の最高裁判決と同様の判断で、教職員らの上告を棄却した。教諭側の敗訴が確定したのは計9件となった。
 3件のうち1件は、不起立を理由に定年後の再雇用を取り消された都立高校の元教員10人が提訴。残る2件は戒告などの処分を受けた北九州市立の小中・養護学校の教職員ら計17人と教職員組合が提訴した。それぞれ職員としての地位確認や処分の取り消しなどを求めていた。」(アサヒコム)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早くも1回戦敗退・・・順当かな

2011年07月11日 22時44分26秒 | わたしごと
夏の高校野球の地区予選が始まりました。

母校が甲子園に出ることなど、万に一つもないと思われるので、興味はあっても、まったく期待はしていない毎年です。
新聞も、ほとんど見落としてしまうくらいの扱いです。(つまり1回しか出ないことが多いため)

よくレストランに入り、メニューを見るときに、右、または下から見ざるを得ないときがあります。
手持ちに不安があって、値段から見る場合です。

それとは関係ありませんが、新聞で、予選の結果を見るときは、いつも下に書いてある高校を見ます。
下は、負けた高校名ですから、母校を愛する者には、きっと不遜な調べかただと思われることでしょう。

ありました。今日の夕刊に。

【埼玉】
▽1回戦
   川越東 10-0 浦和

これで、母校の夏はおしまいなのです。
う~ん、悔しいけれども、これが現実なのですね。

東京の国立高校のようには、なかなかならないものですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徹底的におバカに徹した面白さ

2011年07月11日 04時42分04秒 | 素人の劇評
「聖火の献立 青果編」タッタタ探検組合
7/10 12:30の部 中野BONBON劇場

「なぜか南東北の地方都市「五本杉市」で開催されることになった次期オリン◯ック。
その選手村食堂で出される料理の食材の座を賭けて、地元特産の「五本杉野菜」vsそんじょそこらの「流通野菜」の対決が今、始まる。ネギが奏で、白菜が歌い、セロリは踊る。タッタタ流脱力系チカラワザエンターテイメントの、今度は青果編!」

とにかくおバカに徹した劇。
この中で、突然「教訓めいた」ものが入り込んだら白けるだろうなと思って観ていました。
そこはプロ集団のヨミでしょう。「クサイ」ものは皆無、しっかりおバカを最後まで貫いていました。

個性豊かな役者さんも少なからず。それぞれに華があって、じゅうぶんに楽しませていただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謝ることは最優先

2011年07月10日 04時42分51秒 | 奇妙な風景
ふだん、こどもたちに「悪いと思って謝るなら、それを最優先しなさい」と教えています。

都教委は、「誤りがありましたのでお詫びして訂正いたします。」と5日付けで謝罪しました。プレス発表としては、二番目の記事になります。

最優先しなかったのは、「悪い」とは思っていなかったからでしょう。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あまりにも常識的な、優等生的な、官僚的な判決

2011年07月09日 12時08分09秒 | 教育を考える
「東京都立板橋高校の卒業式で、君が代斉唱時に着席するよう呼びかけて式の進行を妨げたとして威力業務妨害罪に問われた同校元教諭・藤田勝久被告(70)の上告審で、最高裁第一小法廷(桜井龍子裁判長)は7日、元教諭の上告を棄却する判決を言い渡した。罰金20万円とした一、二審判決が確定する。

 判決によると、元教諭は2004年3月、卒業式直前の体育館で、保護者らに向かって「今日は異常な卒業式。国歌斉唱のときは、できたら着席を」と呼びかけた。教頭らの制止にも「触るんじゃないよ」と怒鳴るなどし、開式を約2分遅らせた。
元教諭は上告審で、刑事罰を科すことは「表現の自由」を保障した憲法21条に反すると主張した。

 判決は「表現の自由は民主主義社会で特に重要な権利」と認めつつ、過去の判例に沿って「絶対無制限には保障しておらず、公共の福祉のために必要で合理的な制限を受ける」と指摘。「たとえ意見を外部に発表する手段であっても、他人の権利を不当に害することは許されない」と述べた。」(アサヒコム)

たしかに「迷惑をかけた」「妨害した」という「社会常識」をふりかざされたら、一般的に言って、彼の行為は「マナー違反」だと思う。
ただ、重要なのは、そんなことではない。
この裁判では、卒業式自体の判断には踏み込んでいないが、それがこの係争の背景であることは当然のことである。

処罰に値するほどの「妨害行為」だったのか、たとえ「反対する」ことの意見表明だろうと、「表現の自由は民主主義社会で特に重要な権利」として、罰則による解決法は適当でないという判決にはならなかったのだろうか。

表現の自由と、思想・信条の自由とは、表裏一体のものである。
また、政治的な意見の表明については、最大限の尊重を講じられるべき。
どんな場合でも、態度(結局は内面も)の強制はあってはならないし、それに反した者に対しても罰則をもって強いてはならない。

判決は、ごくごく常識的な、言い換えれば、官僚的・無難なものである。国民が自由な意見表明する際に、それを抑止する効果しか残されなかった。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加