日本の問題と解決策を考える

一石五鳥の地球温暖化防止策を考える
 
日本の真の活性化を考える  吉川忠雄



日本国内を1ヶ月間も検査漏れ状態にしてしまったのは・・・間抜けに過ぎる大失態

2020-02-14 22:58:20 | 日記

★日本国内を1ヶ月間も検査漏れ状態にしてしまったのは・・・間抜けに過ぎる大失態だった。
「検査の湖北縛り」や「外国人を直ぐ帰国させない、外国クルーズ船の抱え込み」や「検査薬やそれを含むキットの手配の遅れ過ぎ」と「インフル検査等で質量共充実している民間検査会社の活用の遅れ」等々が有ったためだ。
▼前々から「厚労省官僚」は劣化が酷い。 それを信用した加藤大臣や官邸(安倍政権)は大間抜けなだけではない。
そもそも安倍政権は「人間の安全保障」を重視して政策を立てておらず、予算を組んでいない!
米国・米軍の要求を喜んで引き受け、1兆円掛けても沖縄県民の切実な反対の意思表示が繰り返されても、何としても強行する姿勢。
イージス・アショア等々米国の超高額な兵器を喜んで爆買いする姿勢。
大企業減税を進めて内部留保が500兆円に近付くほどなのに、消費税の方を増税。 
医師不足、看護師不足、介護職員不足、保育士不足を招くような政策を続けている。

他の主要国が作っている新型感染症防止の常設中央組織を日本で作ろうとしない。

自然災害大国なのに防災庁を作らない。

んなことだから、劣化が酷い厚労省をそのままにして来たし、信用してしまった。


コメント   この記事についてブログを書く
« 俳句 | トップ | 新型肺炎専門外来を増やして... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事