療法院つれづれ ~新宿区西早稲田の整体~

竹村療法院(東京都新宿区西早稲田1-23-7 電話03-3205-2848)での体験や感想・気づきなど   

発熱外来が満員の理由

2022-07-26 13:46:54 | その他

発熱外来が超満員だそうです。

 

汗を冷やすと発熱します。

汗で出た毒素が冷やされると体内に戻り、

それを再び出すために熱が出るのです。

 

電車もバスもビル内も猛烈な冷房です。

簡単に汗が冷やされます。毎日。

そして発熱外来が満員になります。

これ以外に発熱外来が満員になる原因を知ってる方は

ぜひ教えてください。

 

冷房は必要です。

しかしながらその害毒を知ってる方は何人いるでしょうか?

冷房が体に与えるダメージをしっかりと認識して

対策を講じながら冷房を使うべきです。

<東京 新宿区西早稲田の整体 竹村療法院Topへ>

 

 

 

 


下痢が止まった!

2021-08-28 14:58:26 | 症例

70代の主婦の方が、坐骨神経痛ということで来院されました。

3回目の来院の時、実はここ一ヶ月くらい下痢が止まらないんですと

訴えられました。

病院で下痢止めをもらったが全く効かないそうです。

そこで

仰向けで寝てもらい両足を開き、息を吸ってお尻を持ち上げていき

息が我慢できなくなったところでお尻をすとんと下すという体操を

教えました。

後日電話があり、下痢が完全に止まったそうです。

 

薬より、まずは自分の体の力を信じてみましょう。

 

<東京 新宿区西早稲田の整体 竹村療法院Topへ>

 


じんましんに毒出し風呂

2021-07-23 15:59:23 | 症例

60代の主婦の方ですが、20年以上蕁麻疹に悩まされているとのこと。

いろいろ薬も使用されているそうです。

そこで、「毒出し風呂」をお勧めしました。

1週間後来院された折、驚くほど効き目があったと喜びの報告がありました。

 

蕁麻疹やアトピーの方は一度お試しください。

毒出し風呂の入り方ですが、

38度くらいのぬるいお湯に入り、

追い炊きで10分から15分くらいかけて

42度以上に上げます。毒を煮出すわけです。

以上です。

 

<東京 新宿区西早稲田の整体 竹村療法院Topへ>


腰痛解消法あれこれ(2)

2020-03-14 17:05:45 | 療法

腰痛解消体操はいろいろありますが、

礒谷療法では、膝抱え体操をおすすめしています。

やりかたは簡単。

仰向けで寝て、膝を抱えて前後に揺するだけです。

注意点は、痛くないように揺することです。

お試しください。

<東京 新宿区西早稲田の整体 竹村療法院Topへ>


春の下痢

2020-03-11 17:12:18 | 療法

野口整体では、3月の健康法として

「晴れた日にお腹に風を当てる」ことを提唱しています。

すると腸が緊張して排便・下痢が促され、冬に緊張していた首が

緩み、春の体になっていくというしくみです。

この時期にお腹の痛まない下痢をしている人は

この「春の下痢」の可能性があります。

からだがしっかりと働いてくれているということになります。

<東京 新宿区西早稲田の整体 竹村療法院Topへ>

 

 


腰痛解消法あれこれ(1)

2020-03-07 17:14:50 | 療法

(1)カエル足操体という方法があります。

うつぶせで例えば右足をカエルの足のように曲げていきます。

次に左足を同じように曲げていきます。

どちらか感じ(気持ち)の良いほうを2~3回行います。

反対の足は行いません。

 

(2)四つん這いで部屋の中をゆっくりと一周してみてください。

気持ちの良い動きがあったらじっくり味わってください。

 

(3)仰向けでおへその上に座布団を置いてしばらくじっとしてて

   ください。(へその座布団行気)

 

ひと口に腰痛といっても千差万別なのでいろいろお試しください。

<東京 新宿区西早稲田の整体 竹村療法院Topへ>


急告!インフルエンザ対策

2019-12-18 15:54:05 | 療法

インフルエンザ流行の季節になりました。

児童がインフルエンザの薬を飲んで窓から飛び降りた、などのニュースもありました。

 

野口整体では以前から冬は生水を飲むことを奨励しています。

乾燥が体の大敵だからです。といっても部屋に加湿器をたくさん置くように

などとはいってません。体内に水を入れることが肝心です。

風邪やインフルエンザのウイルスは胃の中に入ると死滅するらしい。

なのでこまめにチビチビと水を飲んでウイルスを胃の中に落とし込む

ことが乾燥対策そして最強のインフルエンザ対策となります。

 

<東京 新宿区西早稲田の整体 竹村療法院Topへ>


脊柱管狭窄症手術後の痛み

2019-08-24 17:33:00 | 症例

77歳の男性の方(北区滝野川在住)が来院されました。

65歳の時、脊柱管狭窄症の手術をしボルトが入ってるとのこと。

いまだに痛みがあり、ハリなどにも行ったが治らず

当院のチラシを見て来たとおっしゃいました。

 

右股関節の外転外旋が強く、RO型の矯正を行いました。

膝押しをしてると気持ちがいいと言われ、

さらに椅子矯正を行うと足がポカポカしてきた、と。

1回の施術で主訴は解消しました。

後日電話があり、脚結束の具合が良く、続けてるとのこと。

 

股関節の外転が強かったので、縛ることで矯正され

血流も改善して痛みが解消されたものと思います。

脊柱管の神経もさることながら、その不調を引き起こした

根本原因であるからだの歪みをこそ正さなければなりません。

 

<東京 新宿区西早稲田の整体 竹村療法院Topへ>


膝痛飛び込みあり

2019-03-01 17:34:59 | 症例

先日、69歳だという男性が飛び込んできました。

近くの工事現場で警備員として働いているのだそうです。

10年前に転倒して左ひざを痛めてしまい、それから

今日に至るまでハリ治療やら接骨院やら通い続けているそうですが

一向に良くならないと嘆かれました。

最近では立ち続けることも辛くなり働けなくなるのではないかと

落ち込んでいるとのこと。

当院の前の張り紙を見て飛び込んできたという次第でした。

健康保険は効くのかと言われたので効きませんと答えました。

この時点で施術を受ける気はないことがわかりました。

帰るのかと思いきや10年も通ってるのに治らないとまた

ぶりかえします。

とりあえず脚型診断だけしてみましょうと横になってもらいました。

明らかなL型でした。

それからまた話し込みはじめます。

らちが明かないのでもう一度横になってくださいと言って

施術を行いました。施術後歩いてもらうと「何かいいようだ」と言って

帰られました。

その翌々日また飛び込んでこられ「あれ以来まったく痛くなくなった。

気持ちが晴れやかになった。魔法みたいだ!」と叫んで帰られました。

お名前も何もまったくわかりません。

 


正岡子規のことば

2019-01-23 17:02:24 | その他

 

「余は今まで、禅宗のいわゆる悟りという事を誤解していた。

悟りということは

いかなる場合にも平気で死ねる事かと

思っていたのは間違いで、

いかなる場合でも平気で生きる事であった。」

 

明治時代の歌人正岡子規の『病床六尺』の中の

一節です。かなり有名な言葉かもしれませんが

いつも納得させられます。

 

<東京 新宿区西早稲田の整体 竹村療法院Topへ>