T-NETWORK

教育、保健体育、スポーツ(野球、ソフトボール、サッカー、トレーニング)などについて日々感じていることを書き綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中学野球

2017年05月05日 | 野球
5月3日は久しぶりに長野の実家に帰省しました。中学二年生の甥っ子が野球部に所属していて、公式戦が行なわれるということで応援に行きました。私が中学で教員をやっていた時には、男子ソフトボール部の顧問だったので、中学生の軟式野球を見るのは、本当に久しぶりで凄く新鮮な感じがしました。応援した試合はコールド勝ちでした。帰宅した甥っ子とバドミントンのシャトルでバッティング練習したり、野球の話を沢山しました。
中学生の試合を見て、全体的に身長は高いのですが、上手く身体を使うことができていない印象を受けました。コーディネーション能力を高めるトレーニングや複数スポーツに取り組み、様々な動き方を学ぶことの重要性について考えさせられました。
中学や高校の運動部活動にも、アメリカの様にシーズン制で複数種目を行うこことができればと思いました。私が中学の時は、野球部に所属していながら、秋は陸上部、冬はスピードスケート部に所属して大会に参加することができていました。

今話題となっている部活動顧問の負担感の問題についてもシーズン制を取り入れることで教員もシーズンオフが取れるのではないかと思います。ただ、教員の業務はそれ以外にも沢山あるので、業務全体を見直していく必要はありますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ご報告 | トップ | 大学生の体育 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。