いつまでも素人

すべてにおいて楽にこなす事が最優先、そのため何事も一定以上上達しません。そんな人のゆるいブログです。

いろいろあってからの釣行

2019-11-10 21:41:30 | 自作仕掛け
2019-11-3
お久しぶりです


ブログを書いてない間
台風やら、大雨やら、いろんなことがありましたが
一番印象的だったのは




会社でぶっ倒れて救急車で病院に運ばれたこと  かな






うわぁい




実は10月の初めに風邪を引いたんですが、持病の喘息と相まって
薬飲んでも止められないくらいの咳が出るようになっていました

その日も会社でひどい咳が出て、ちょっと周りに迷惑だろうと
体を捻じる様に下を向いて咳を出してたところ、息が吸えないくらい酷くなり

「あ、これきつい」

と思った瞬間




なんて言えばいいんだろう
なんとなく前の晩見てた動画のBGMが頭の中でリフレインされてました

その次に
「あれ? 俺ひょっとして居眠りしてる? 目を閉じてる?」

と思い、うっすら目を開けると
会社の天井と、心配そうにのぞき込んできてる会社の人の顔が・・・

そのあと、救急車が呼び出され病院へ搬送されました


で、その病院で検査とかされたんですが
つまるところ、無理な体制で激しくせき込んだため、脳への血流が滞り
気を失った、という事で


病名:失神


1時間くらいで帰されましたw


まあ、そんなわけで、病的に重篤な事はなく
念のため翌日だけ休みもらって、翌々日からは普通に会社に出て仕事してたんですが

ただ、正直に言えばこれは怖いです、気を失う事に対して全く抵抗ができませんでした
本当に、気づいたら床に倒れていましたから

「息をできないくらい激しい咳で」というのも、後になって思えば
ってレベルで、いつどうやって気を失ったか記憶にありません

『た、倒れる前に、せめてこれだけは・・・』
なんて無理

その後、身体的には特に問題はなかったんですが
何気なく普段こなしていた、階段の上り下りや、車の運転など
「今この瞬間、アレが来たらどうしよう」
という事が頭をよぎり、しばらく外出を控える事になってしまいました。




という事で、そんな殊勝な態度をとっていてから約1カ月
さすがにそろそろ大丈夫だろう、という事で行ってきました
前回にも書いた、カットウでのショウサイフグ


・・・実はね、倒れる前に1回行ってるんだけど
ちょっとやらかして、これまでの船釣りで1,2を争うくらい
ひどいゲロゲロやって、個人的にはなかった事になってるのさっ


今回は、windy.comで確認
風速5m、波の高さ0.9m
外房沖でこれだけの凪は滅多に無い、絶好の釣行日だ!



午後から降るっていった雨が、午前中に降り出した以外は
寒い・・・


とりあえず、釣果はこんな感じ



大中小まんべんなく釣れて、トータル9匹
ツ抜けには至りませんでしたが実質最初の釣行なので
まあこんなもんでしょう

でかいのがエサのアオヤギをつつきに来てる時はさすがにわかりましたが
中型以下の場合は、正直当たりなんてわかりませんでした

適当に間を開けて空合わせ。

でも、うまい人は、本当に当たりを感じて
ピッって竿を上げて合わせてるんだよなぁ

それができなければ、船宿サイトの今日の釣果で書かれている数の
上位にはとても行けそうにありません。



釣り上げたふぐは、船宿さんで捌いてもらい
身欠きの状態で渡してくれます。

 

もうちょっと数が多ければ一夜干しとかにもしたんですが
でかいのをてっさ用に残して、残りは全部ふぐちりに



食べてみた感想ですが
やっぱり大きくないと、あのプリプリとしたフグ独特の触感は
十分に楽しめませんね


ただし、鍋の後のフグ雑炊はやっぱりうまい




三日後
キッチンペーパーに包み、しっかり水抜きしながら冷蔵庫で寝かした身を
薄切りにしててっさに



写真はすでに食べかけの状態ですがw
この2皿をほぼひとりで食べきったことで
今回のふぐ釣行は十分目的を果たせました。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿