Tくんの夏のバカ騒ぎ日記 Z

人生は~紙飛行機~♪
願い乗せて~飛んでいくよ~♪
さあ、心のままに~
365日~♪
モノノフです(*´ー`*)

埼京線大宮駅ホームで

2021-09-12 11:17:42 | ナンパ研究会 回想
こんにちは!
いつの間にか、9月も半ばとなり、
夏はサヨナラも言わずに、
去ってしまいましたね。

皆さん、コロナワクチンを打ちましたか?

僕は1回目接種しましたが、
心臓が痛くなりました。

2回目、怖くて迷ってます。。
 


さて。

前回は、
Kちゃんと埼京線に乗って、
一緒に帰るところまで話しました。

電車内は、
あまり乗客が居なかったので、
Kちゃんとキスして、
胸を揉んだりしてました。

30分くらいで、
大宮駅に付きました。

Kちゃんは、川越なので、
そのまま電車に乗る必要があったけど、
僕は手を繋ぎ、
Kちゃんを大宮駅に降ろしました。



埼京線の大宮駅ホームは、
地下にあるので、
夜はあまり人がおらず、
周りから見られにくい場所でした。

僕は、
ホーム先頭の階段裏に、
Kちゃんを連れていきました。


そして、
人気のないその場所で、 
キスの続きをしました。

人気のないと言いながら、
いつ、人が来るか分からない、
そんな危険性はありました。



僕は、キスをし、
Kちゃんのパンツを下ろし、
手マンをしました。

Kちゃん「え?えっ?」
T「・・・大丈夫だから」

と小声で、
やりとりしながら、
パンツを脱がして、ポケットにしまいました。

そして、
対面でキスしながら僕は、
Kちゃんの脚を持ち上げ、挿入を試みました。


Kちゃん「ここじゃ、見られちゃうよ!!」
T「・・・・」

僕は、Kちゃんに挿入しました。


Kちゃん「・・・!!」


そのまま、ゆっくり動かしながら、
ついに、Kちゃんをゲットした事に興奮してました。

何回か、
抜き差ししたところで、
階段から、誰か降りて来るのが聴こえたので、
セックスを中断しました。

しばらくして、
川越行きの電車が来ました。


僕は、
挿入した事に満足してたので、
無理に続きしなくても良いかと感じ、
Kちゃんを電車に乗せました。

その電車には、
乗客が何人か居ましたが、
Kちゃんは、
椅子に座り、ぼーっとして、
僕を見てました。


電車が出発する直前、
パンツを僕が持っているのを思い出し、
すかさず電車に乗り、
Kちゃんの手の中に、パンツを持たせて、
僕はまた、電車を降りました。


Kちゃんは、ノーパンで、
パンツを手に持ったまま、
ぼーっとした可愛い顔で、
電車に揺られ、
川越に帰っていきました。


すごく、清々しい気分で、
僕は帰宅しました。

続きます。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 手を繋ぐな! | トップ | 楽しかった時間 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。