思いつくままに

自分が観た映画や、読んだ本の感想をちょこちょこ残していきます。

【MOVIE 】日本沈没

2006-08-17 00:48:13 | MOVIE
■観賞日:2006年8月13日

■観賞場所:TOHOシネマズ川崎

■感想など
小松左京原作、「日本沈没」の実写映画化。
地球科学博士の田所(豊川悦司)と、深海艇わだつみ6500のパイロットである
小野寺(草なぎ剛)、結城(及川光博)らによる海洋調査にて、日本が後1年もしないうちに
海に沈んでしまうという調査結果が得られた。
田所は日本の危機を訴えるが、一部を除き、大勢が彼の言葉に耳を傾けない。やがて、
彼の訴えもむなしく、北海道と九州を始めとした、地殻変動による大災害が日本を襲い始める...。


一見見落としそうな意外なチョイ役を探せ!

この映画、観てると意外な人たちがカメオ出演していたのが気になりました。
それも、ちょっと気を抜いてると気づかないままになりそうな人たちが。
最初に気になったのは、写真に写ってた礼子の祖父こと、丹波哲郎。
それから、結城の妻であるサトエリ。最後はラスト直前に現れた松尾貴史。
後、エンドロール観ていて津田寛治が出ていることに気づいたのですが、どこで
出ていたか分かりませんでした...。

エンドロールといえば、やたら漫画家の名前が沢山出ていたんだけど、あれは
なんだったんだろう...。ひょっとして、映画に出ていた!?

余談はそのくらいにして。

田所博士役の豊川悦司、この人は演技派の俳優だと思っていたのですが、この
映画の役ではなぜか違和感ありまくりなシーンが幾つかありました。多分、
自分だけだと思いますが、「この人、こんなに下手だったっけ?」と感じてしまいました...。

柴崎コウの演技がよかったです。でも、ハイパーレスキューたるもの、
あんなに髪長くちゃまずいんじゃない?

ラストでは、海底にしかけた爆弾による爆風で、わだつみ2000が浮上して、
草なぎ君が奇跡的に生還するかも!と一瞬思ったのですが、甘かった...。

オフィシャルページ

コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 【MOVIE 】ゲド戦記 | トップ | 【MOVIE 】ユナイテッド93 »

コメントを投稿

MOVIE」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

日本沈没 (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 今日は私はそれほど興味を持っていなかったものの、彼女の希望で「日本沈没」を観てきました!  2006年。  海外の研究者が発表した内容は5年以内に日本列島が沈没するという驚くべきものでした。  しかし田所博士(豊川悦司)は独自のデータに基づいた ...
「日本沈没」(2006)はプチ人間ラブドラマ+プチパニック映画  (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
7月15日公開の話題の映画「日本沈没」(2006)の スペシャルプレビューに行って来ました。 今回はスペシャルということで 樋口真嗣監督、主演の草なぎ剛、柴咲コウの 舞台挨拶がありました。 各々がおっつしゃってたように 「頑張って製作した作品」だと ...
「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」~「3」の序章遊園地ツアーする? (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
この夏話題の1本 ジョニーデップが来日して ブーム?にもなり アメリカで記録的なヒットをしている 「パイレーツ・オブ・カリビアン・デットマンズ・チェスト」を 先日の先行上映で観て来ました。 前作「呪われた海賊たち」が ヒットしたので 制作費もアップし ...
「日本沈没」 (はらやんの映画徒然草)
「日本沈没」を観てきました。平成「ガメラ」の特撮監督として名高い樋口真嗣監督作品