あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2018年8月8日 長野県教育委員会 学校人権教育ファシリテータ-研修会

2018-08-05 17:10:47 | 研修会

 

野県教育センター、県教委の人権教育ファシリテータ研修です。

長野県の場合は人権教育とファシリテータとがひとつのくくりなのですよね。

4年ぶり、6回目の講座でした。

塩尻のまちも教育センターもなにかしらなつかしかったですね。

ファシリテータ研修ですから、グループ分けも自分たちが動いて行います。

じゃんけん列車。

いかに参加者のみなさまが前がかりになっていただけるかを考えます。

ロープレはかっちゃん、昨晩大阪の友達に電話をかけて大阪弁が正しいかどうかをたしかめてもらったそうです。

さすが、主催者側も前がかりでした。

さて、今から長野に移動して、今夜も一杯。

 

 

**

 

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 2018年8月6日 長野県... | トップ | 2018年8月9日 長野県... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-08-08 16:14:09
終末部のシェア場面で、子どもの発言を板書することが、多様な感想をまとめてしまうことになることを教えて頂きました。恥ずかしいことですが目から鱗でした。
勉強になりました。 (塩田直人)
2018-08-08 17:07:15
指導主事として参加いたしました。理屈で一定の「型」はわかっていましたが、形だけの理解で中身が甘かった事もわかりました。せっかくの教材、題材も、やり方を間違えると効果が薄れてしまいます(場合によっては反対の効果も)。それを正して行くのが私たちの役目ですので、しっかりせねばと思いました。相手の訴えをそのまま言葉を繰り返して心のスペースを生み出すなどのテクニックは、相手を思いやる教育相談や生徒指導に生かすこともできますので、ちょっとした職員研修などでも勉強できると思いますので、職場の仲間にも伝えていこうと思います。研修最後の、まとめない、自分に向かって呼び掛ける、というのがすごく印象に残っています。お配りいただいた資料もひとつひとつが胸に落ち、大変わかりやすかったです。これからもがんばります。今日はありがとうございました。これからも元気でご活躍ください。
Unknownさんへ (深美です)
2018-08-08 18:34:18
子どもの発言を板書したりすることはいけないことではありません、いけないことは先生がチョイスしたものが予定調和になってる時です。
Unknown (Unknown)
2018-08-08 20:55:26
ロールプレイや模擬授業を通して、楽しく学ばせていただきました。何をするにもやはり人との関わりが大切になっていることに改めて気づきました。プラスな関係が築くことができれば、結果もプラスものになってくるのですね。生徒や職場の先生方を尊重しながら、活気ある学校にしていけたらと思います。本日はありがとうございました。
Unknown (丸山哲理)
2018-08-09 05:18:22
本日、学校人権教育ファシリテーター研修会に参加させていただきました、千曲市立屋代中学校の丸山と申します。
本日はお忙しい中、楽しいご講演をありがとうございました。

成長のプロセスや否定・肯定のモデル、攻撃的→受身的のモデルなど、教師が生徒と関わる上で大切なことだと感じました。
また、最後の模擬授業の際の、「フィードバックを板書しない」というのは、教師の考えや見取りを押し付けないものであり、たいへん勉強させていただきました。
私は学級担任ではありませんが、授業の在り方や生徒との関わりの中で今日学んだことを生かしていきたいと思います。また最近、私が顧問をしている部活動の生徒が「部活を辞めたい」と訴えてきたときに、DESC法で生徒と接していたことに気付きました。これからも生徒たちと接するなかで使っていきたいと思うます。

お忙しい中、本当にありがとうございました。いつかまた先生のお話をお聞きしたいと思います。
Unknown (松井秀文)
2018-08-09 05:20:44
本日はお世話になりました。私は長野県中信教育事務所生涯学習課の松井秀文と申します。

私は社会人権教育担当者として、行政関係者や公民館関係者、地域住民を対象にワークショップを行っています。
本日の深美先生のご指導では、ファシリテーターのモデルを示していただきました。参会者の声を待ち、位置づけ、モデルやイメージをつくりあげていくことを促進する姿勢、具体的に姿でお示しいただき、明日の業務から生かしていけるようにしたいと強く思いました。
模擬授業では、広く興味を持って取り組んでいただけそうなアクティビティを紹介していただいただけでなく、シェアリングでのポイントも具体的にお示しいただきました。
先生の著書を本日購入することはできませんでしたが、改めて購入させていただき、より深く学ばせていただきたい考えています。

改めまして本日はありがとうございました。今後ともぜひ宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

研修会」カテゴリの最新記事