t-catの徒然寄稿

興の赴くままの煩悩炸裂日記です。買い物(散財)やら、最近のハマリ物リスト公開中。猫(ラグドール)と暮らし始めたところ。

ラジオ体操でびびる訳

2018-11-13 22:02:36 | 興の広場
体操ネタ、すこし続きます。

柔軟運動前に身体を温めたくて
やり始めたラジオ体操第1ですが、
やり始めの頃はビビってました。

何故かといいますと、
今はまったく痛みはないし、普通に動かせている両肩、
2016年は右、
2017年は左で、
五十肩をやらかし、あいたた期間が続いたからなんですよ。

バレエで普通にアン・オーができるようになったのは、
今年の春頃でしょうか。

だから、もう全然大丈夫! と思ったんですけど……

たとえば、第1の最初の方、
腕を左右に開き、振り下ろし、ぐるーーんと回す動作。

これが、「あれ??」って感じでなめらかに動かないんですよね。

ショックでした!

五十肩は痛みより、その後、動かさなかった期間に損なわれた
柔軟性を戻す方が大変なんですよねえ!

しかも、最初の深呼吸で腕を上に上げてぐるーーんとやった時、
肩の内側が

ギシギシ
ミシミシ
ゾリゾリ

そんな感じで筋肉が軋む音がするんです。
まるで手荒れでがさがさになった手の甲のように
筋肉表面もごりごりに固くなってるんではないかと
ショックでございました(T_T)

もちろん、肩だけではなく、肩甲骨から背中、
腰にかけてもばっきばきに硬い。多分、硬い。

マッサージとか、もみほぐしとかに行って
ほぐす手もあるんでしょう、
でも、知ってるんだ。
痛いわりにはその場限りに近い効果しかないって……

特に揉み返し? 揺り戻しが痛くてやってられないです、
マッサージって。

なんで、当面は、準備体操の後に腹筋運動、
風呂入って身体温まったら柔軟運動……
したいんだけどしいちゃんに邪魔されて眠ってしまう(大笑)

これをまずは習慣化しようかと思ってます。

いい歳したオバサン、もう少し、いろんなことに抗いたい。

いろいろと諦めたくないものだらけなんです、
身体の動きひとつとっても。
コメント

よかったら…

人気blogランキングへ よろしかったら「ポチっ」としてやって下さいませ。