翻訳者の散歩道

  ☆ 法律翻訳者の思考のあれこれ ☆
(「翻訳者になりたい人のためのブログ」を統合し「第ⅡBlog〇〇編」と表記)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

太陽回遊アプリ(国立天文台)

2018年07月12日 | 天文/科学

以下、国立天文台のサイトの説明文章の引用(抜粋)です。

--------------------------

 

太陽面を自由に動き回って、太陽の基本構造を直感的に体験いただく「太陽回遊VRアプリ」のストア配信(無料)を開始。

アプリ概要:太陽観測衛星「ひので」の観測データにもとづくリアルな太陽を体験!

 宇宙空間から太陽に近づいていき、太陽表面に降り立つと・・・、黒点があり、上空に磁力線が伸びています。そんな太陽上の空間を自由に移動することができます。さらに、「大気切り替え」のアイコンで、温度の異なる様々な太陽大気の層の様子を見ることができます。国立天文台太陽観測科学プロジェクトがコンテンツを企画しました。

 画像や動画には太陽観測衛星「ひので」による実際の観測データを使用し(一部)、リアルな太陽を再現しています。
 

◇4つの鍵を集めて、動画を見よう!
 太陽面上に4つの鍵が隠されています。太陽面上を動き回って鍵を探してください。1つ鍵を取得するごとに1つ、迫力のある「ひので」衛星打ち上げや太陽フレアなどの動画が見られます。

-------------------------------

ただし、ご存じのようにVRは気分が悪くなることがありますので、長い太陽散歩はご注意ください。

また、ios版とアンドロイド版のみであり、PC版が今はないようです。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 六法がすべて口語体に | TOP | 第100回全国高校野球の素晴ら... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 天文/科学