翻訳者の散歩道

  ☆ 法律翻訳者の思考のあれこれ ☆
(「翻訳者になりたい人のためのブログ」を統合し「第ⅡBlog〇〇編」と表記)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

六法がすべて口語体に

2018年05月18日 | 法律

本日18日参院本会議で、改正商法が全会一致で可決され、成立しました。(来年19年中の施行予定)

これで、「六法」全て現代語に。

六法のうち、憲法(47年施行)、刑事訴訟法(49年施行)は初めから口語体。その後、刑法が95年、民事訴訟法が98年、民法が2005年に口語体となっています。

自分が学習していたころはカタカナ交じりの文語体で、民法(長いから)読むのに苦労したなぁ。

ふと、机の脇の本棚に目を向けると、何と分厚い模範六法があるではありませんか~ うわ~ びっくり

その存在をすっかり忘れておりました。もう本棚の一部として同化していた感じ(笑)

紙の六法をもう使うことはないし、処分するか。ちなみに2006年版でしたー

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
« 今年の花粉症はつらいぞ | TOP | 太陽回遊アプリ(国立天文台) »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 法律