ハレ時々ベイスターズ

40代独り身の気ままな日常と時々ベイスターズとオリックス白崎選手を応援するブログ

またもサインについて

2019-03-14 09:12:00 | Weblog

昨年白崎さんがオリックスバファローズに移籍してから、バファローズも贔屓球団とは言えないけれど気になる球団になりました。

 

オフシーズンは西投手、金子投手の移籍で話題となって明るい話題は少なかったかな。一軍帯同間近であったドラ1の太田選手が教育リーグで死球を受け骨折。そんな悲しいニュースも最近ありました。

 

侍ジャパンの4番として活躍した吉田正尚選手は明るい話題の一つです。

そんな彼がツイッターで「転売」と呟いていた。

球団主催の激励会に参加しファンサービスの一環として行ったサインがヤフオクなどで転売されているのを本人が見てしまった模様。もしかすると誰かご注進したのかもしれないけれど。それで嫌な思いをしたんでしょうね。内心を吐露した。

 

私は、転売はなくならないと考えています。

「自分が欲しくなくて他に需要があるものを売る」という行為は経済合理的なこと。

モラルでは経済行動を制御できないから。もし制御したいならば罰則を設けるしかないけれど、難しいだろうなぁと思います。

そうなると書かないとするか(中途半端だとプレミアつくだけで逆効果)、需要をコントロールするしかない。

需要の側を考えると、わざわざ高いお金を出してまで真贋の不明なサインを欲しいというのだから、選手やチームの事が好きなファンが多いに違いありません。

遠方に住んでる、

時間に余裕がない、

などの理由でサインを貰いに行けないけど欲しいという層がいることは理解できる。

そういう人に対して周りのファンが「自分で貰うからこそ価値あるんだよ」と諭したり、理解できないと叫んだところで反発を受けるだけです。

選手を好きなファンに対しては選手が言葉が一番効くと思う。

なんなら悲しいから買わないでくらい言わせると良い。

ツイッターなどのSNSは見ない層もいるので、映画館のストップ違法撮影のように、ストップ転売動画作って(選手に出演してもらうのがいいけど似顔絵アニメでもいいかも)試合前に流すのはどうでしょう。それをテレビ中継でも流して貰う。

とにかく公式以外の手段でサインを買う行為を選手は嫌がっていると周知徹底していく。

そんな風にしてはどうかなーと思いました。

 

ところでバファローズはかなりファンサービスが良い球団です。ベイスターズも相当良い方だと感じていますがそれの上をいく球団だと思います。だからサインを不正ルートで買わなくてもいつか機会があると思います。

私のような一般のファンは転売モノを買わないことしかできませんが、選手が悲しむ行為がらなくなるよう願っています!

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« マカオの旅1 | トップ | 勝てない、、、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事