ハレ時々ベイスターズ

40代独り身の気ままな日常と時々ベイスターズとオリックス白崎選手を応援するブログ

キャンプ見学の旅 2日目②

2020-02-25 00:18:00 | ベイスターズ
嘉手納から立つ時、本当に胸躍る気分でした。
私は基本的にはサインをいただけるものならベイスターズの選手であればどなたからでもいただきたいタイプです。
けれども平良投手からサインもらえてその時点でお腹一杯胸一杯。赤間投手からももらえて私の幸せバロメータMAXまで振り切ったんじゃないか、そんな風に感じました。

だから読谷での練習試合観戦はプレーしている選手を見られたらいいなくらいの気持ちで行きました。
嘉手納にギリギリまでいましたので読谷へはタクシーを使うことに。1600円くらい。
実はタクシーの運転手さんが道を間違えたり通ろうとした道が工事中で使えなかったりで少し遠回りのなってしまいました。運転手さんは途中でメーターを止めてくれましたが試合に間に合わないことに恐縮の体でした。私は幸せ一杯でしたので試合開始に間に合わないことなんて大した問題に感じませんでした。人は幸せな気分でいると他人にも寛容になれるもんですね。

迷走しながらも無事読谷の球場に到着しました。
読谷は中日ドラゴンズのファームのキャンプ地になります。




私は大分遅れて到着したのでバックネット裏の日陰エリアの席がない場所に小さな折り畳みの椅子を使って観戦することにしました。
遅れていった割に良い場所でした。
バッターボックスとマウンドはよく見えましたし、何より日陰。

試合はまだまだ両軍とも調整中かな?という感じでした。
ただドラゴンズの方には平田選手や大島選手、藤井選手たちがいてびっくり。豪華すぎ!
そして人気の根尾選手もいたし。
田島投手はコントロール悪いなぁと見ていたら、やはりどこか痛めていたみたい。
早めに無事復帰できること願っています。

















ベイスターズの先発は井納投手。
やはりまだ調整中といった感じでした。でも全然だめという感じでもない。
野手陣では百瀬選手のホームランが印象に残りました。
あとは森選手、田部選手の両高卒ルーキーを間近で見られたのも嬉しかったです。

結果は4−4の引き分け。





















試合後、スタジアムを見学しながらふと外を見るとファンが列をなしていました。
出待ちかぁ、と思いながら自分はどうしようかなと迷い、離れたところから眺めていました。
選手たちはファンからなるべく離れたところを歩き、そそくさとバスに乗りこんで行きます。
丁度倉本選手がやってきて同様に一直線にバスへ向かおうとしましたがファンの呼びかけに立ち止まり少し戻って「バスの時間があるから今日はファンサービスできない」というようなことを伝えたように見えました。
本当に倉本選手はファンへの対応がスマートだし大人。
ファンサービスをするのは義務ではないから何も言わずに通り過ぎることだって可能なのに、ファンの気持ちを汲み取って伝える優しさ。頭が下がります。
否が応でも応援したくなりますよね。

その後選手を詰め込んだバスはファンが見送る中嘉手納に向かって帰って行きました。
出待ちをしていたファンも水が引くように引き上げていきます。
私のこの日の予定はこれで終了。あとは宿にもどって洗濯物をするくらいです。
せっかくだしドラゴンズの試合後の練習でも見学するかな、とウロウロしていると数名のベイファンが先ほどの出待ちエリアで選手に呼びかけているのが見えました。
一軍からの合流組であった嶺井選手、細川選手、楠本選手は嘉手納行きのバスとは別行動で彼らだけが遅れて出てきたのです。残っていたファンも10人いるかいないか。
彼らはファンの求めに応じてサインをしていました。
私も折角なので3人からサインをいただいちゃいました。
全く期待していない僥倖でした。
ここでいただいたサインが沖縄キャンプで得た最後のサインとなります。
全部で5枚。多いか少ないかは分かりませんがどれも思い入れがあり、自宅に戻った今も見返してはニマニマとしています。

3人からサインしてもらって幸せバロメータは完全に振り切ったので、もうホテルに行こうという気持ちになりました。
Googleマップでホテル最寄りバス停の「第一大山」で経路検索をすると球場近くのバス停と時間まで教えてくれるのでそれに従い無事ホテルにたどり着きました。Googleマップ大変優秀です。

ホテルにチェックインして預けていた荷物を受け取り部屋へ入り更に興奮しました。
綺麗!広い!
ちょっとケチったから窓からの眺めは悪かったですが、それ以外は完璧でした。
今回は使いませんでしたが広い台所。
大変お世話になった洗濯機と乾燥機。洗剤もついています。
乾燥機は大きなものなのでふわふわに仕上がります。
お風呂も広くてTV付き。
寝室は広いベット。天井にはスマートスピーカー。スマホとベアリングしてAmazon MUSICの音楽を流しました。
テンション上がりまくりです。













朝食付きのプランにしていましたが、朝食をディナータイムのアラカルト1品とドリンク2杯、もしくはお部屋で飲むお酒とつまみに変えられるということでした。
この日はディナーのアラカルトを選択。
こちらのホテルでは17時〜20時までワイン&泡盛の飲み放題がサービスとしてあります。
おつまみでチーズの盛り合わせもいただけます。
まずはアラカルトだけを頼み、ワインと泡盛を堪能。20時を過ぎてからビールをいただきました。








嘉手納、読谷での幸せ気分にかぶせるような幸せ飲みタイム。
こんな幸せでいいのぉ~と浮かれて飲んでいました。
丁度ベイスターズファンのしかも平良投手のファンの方が隣に座られて、おしゃべりできたのも素晴らしかった。

この日は朝から晩まで素晴らしい時間の連続でした。
今思い返しても思い出が宝石のようにキラキラと光っています。
2日目にして「これで帰ってもいい!」と思いました。宜野湾の1軍を全く見ていないにもかかわらず。。。






コメント   この記事についてブログを書く
« キャンプ見学の旅 2日目① | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ベイスターズ」カテゴリの最新記事