ハレ時々ベイスターズ

40代独り身の気ままな日常と時々ベイスターズとオリックス白崎選手を応援するブログ

開幕シリーズ2戦目 苦手投手

2019-04-02 07:58:00 | ベイスターズ

開幕戦の快勝から一転して大敗。

いくつか要因が挙げられるうち個人的に一番憤慨してしまうのが、中日の山井投手を攻略できないこと。掌で転がされている感じ。勿論彼がどの球団に対しても同様のピッチングを見せ続けているのであれば仕方ないと納得する。

でもンなことないですよね。

昨年防御率4点台。10試合投げて3勝6敗。2勝が対ベイスターズ。勝ち負けついていないのもベイスターズ。

 

対ベイスターズは19回投げて自責点5。防御率2.4くらい。ベイスターズの試合を除けば5点台。

うーん😔

唯一苦手なピッチャーとかだったらいいけどメッセンジャー投手も苦手ですよね。

この二人に共通項あるのかしら🤔

 

ともかく本当に何とかして欲しい。

苦手さを象徴しているのが5回の攻撃だと思う。

戸柱選手、大和選手と連続四球で山井投手が隙を見せた回だった。

そしてピッチャー三上に代打が送られる。

大声援を浴びた倉本選手だ。
結果は初球打ちでボテボテの投ゴ。
そして続く梶谷選手も初球打ちでセカンドゴロ。
それがこの試合唯一の得点となったけれど、ガッカリでした。進塁打だったよ?得点になったよ?
でも前の二人はバットを一度も振ることなく合わせて9球で四球になっている。その後3人4球でスリーアウトを献上。。。
連続四球した投手が置きにきた最初の甘い球を打ち返すのは常道かもしれないけど、相手山井投手ですよ?経験値高くかつ対ベイスターズは何とかなると思ってそうな成績。
役者はあちらが一歩も二歩も上。
そして打者は絶不調の倉本選手。
彼には勝負強さを取り戻して欲しいから内野席から声上げて応援したし、この一打席をもってダメだなんて言うつもりはないけれど、この打席はガッカリでした。
それは続く梶谷選手も一緒。
ファームでも見たけどまだ完全じゃないと思いました。
本人は開幕一軍を目標にリハビリ頑張ったみたいだし、復帰したのは本当に嬉しかった。でももう少し時間かけても良かったかも、と思っています。
彼の力は絶対必要だからこそ長いシーズンを見越してじっくり勝負勘を取り戻して欲しかった。
 
その後国吉投手が炎上して、試合はいいところなく終わりました。
先発の京山投手は今はこんなものかなぁと思います。
オープン戦で結果が出せずファーム調整となっていたのに飯塚投手が肘の違和感か何かでファーム調整となり一軍にあげざるを得なかった。1、2回はとても良かったから期待はもてる。いい経験にもなっています。
国吉投手は本当に日によってバラバラの出来だと、正直勝ちパターンでは使いにくいだろうなぁ。精神的なものかしらね。
心から期待してるから立ち直れー!
コメント   この記事についてブログを書く
« 開幕戦 | トップ | 首位争い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ベイスターズ」カテゴリの最新記事