ハレ時々ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズの平良拳太郎投手の復活を願いながらベイスターズを応援しています。

フェニックスリーグに湧く

2021-10-18 22:02:32 | ベイスターズ
今日は試合ないしベイスターズの話題はこれくらいか。
昨日日曜日もベイスターズはソフトバンクと試合があったようだけれど、マスコミの人たちさえその情報を持っていない。
フェニックスリーグというのはそれくらいの扱いの大会だ。
イレスポで放送していれば当然スコアは分かるけれど、普通の草野球のグラウンドといっても良いような場所もあるから全試合中継は現実的ではないかもなと思う。
以前観戦に行った時は公園の公衆トイレまで選手と一緒であったこともあった。
勿論、男女違う。たまたまタイミングがあってしまい気まずい思いをした。
スコアも控えの投手が付けていたのではないかな。
平良投手が何やらノートみたいなものを手にもって京山投手と飯塚投手だったかのところへ行きジャンケンし負けた選手にそのノートを意気揚々と渡していたのを見たから、スコアじゃないかもしれないけれど少ない人数で手弁当でやっているのだなと思った記憶がある。
そしてそんな姿がとても似合うようなこじんまりとした球場だった。
ベンチに入りきらない選手はパイプ椅子に座って観戦。
ファンの観戦エリアからも近い。
フェニックスリーグならではと思うから私は好きだった。
勿論立派な球場で試合をすることもあるし、そういうところは放送設備を持ち込めるのだろう。

ともかく1試合分丸々情報がない。
有観客であればこのSNS時代、ファンがいくばくかの情報を流してくれるけれどそれもないので全て闇の中だ。

とはいえ放送がある試合があるのは助かる。
ファンも若手や不調な選手の状況をみて色々と思いを馳せられる。
目下ベイスターズファンの話題は勝又選手に集まっているようだ。

野手転向してすぐの大会。ちょっと前までは投手として投げていた。
バッティング練習なんぞほんの僅かだったに違いないのに初戦からヒットを放ちファンを驚かせた。
それでも相手もフェニックスにくる投手だから基本ファームの投手だしね、となるけれど、
他の野手が圧倒的に打っているわけではないからやっぱり凄いよねとなる。
フェニックスで状態をみるくらいに首脳陣は考えていたのではないだろうか。
でも勝又選手からしたら必死だよね。
育成契約になるわけだしファームで使ってもらえる選手にならないといけないわけだ。
ここで良いところを見せられたら当然使ってもらえる優先順位も上がるだろう。
ファームは出てなんぼだと思う。
そういう意味で幸先よいスタートを切った。
いわゆるビギナーズラックみたいなものではなく、情報がある4戦で.471。
今日ベイスターズファンは3度驚いた。
最初は打順が1番になっていることに驚いた。
次にセンターを守っていることに驚いた。
最後に藤浪投手相手に3安打猛打賞だ。
打球はレフト方向、センター方向、ライト方向と全方向に打っている。
いまのところ打球は上がっていないけれど(以前のスリーベースのは上がっていた)、この時点でボールを上げてきたらそれこそ化け物だと思う。
3年間野手のようなバッティング練習をしていないわけでそれでボールが上がるところまできたら、他の野手なにやっているんだよ、となる。
ただ当てるのがうまいのはセンスなんでしょう。
このセンスは3年間でさび付かなかったから天性のものかもしれない。
それを一軍のピッチャー相手に試合でヒットを打つ為ににどうやって昇華させていくかこれが次の課題だろう。
ただ野手勝又として首脳陣へインパクトは残せたと思う。
守備はまだまだだろうからこれはキャンプで鍛えてもらいましょう。
ファーム外野守備コーチ招聘しろ。

野手勝又で湧いているのはドラフト外で有望な野手を獲得したような錯覚を覚えるのもある。
実際にドラフト0位と書いて面白がっている人もいた。
なるほど確かにそうだ。
6位でスラッガーの素材型(?)の梶原選手と、一芸型外野手を育成で二人、そして0位の勝又選手。
突然外野が増えましたね。
誰もが健康でいられたらこの4人はファームでそこそこ出番は多く与えられるだろうし、逆に今一軍にいる、もしくは二軍にいる既存の外野手はファームで出番は限られてくるということになる。
外野手が一軍の置物になっていることとけが人が多かったせいでファームの外野全員捕手というすさまじい布陣になっていたこともあるから野手は足りない面もあったけれど、左の外野手一人きって4人補充されたのだから怪我人でない限り多い気がする。
したがって来年一人は確実に左の外野手が切られると思う。
そして勝又選手もその可能性が高い選手の一人だろう。育成1年目とはいえ既にベイスターズ4年目になる。ある程度ファームで結果がでなければ、もしくは伸びそうという実感を首脳陣にもってもらえなければ整理の対象となるはずだ。
それを本人がちゃんと意識してがむしゃらにプレーしているのだろう。
いいところを見せておきたいと。
だから積極的に走っているし、走塁も手を抜かない。
厳しい立場だと思うけれど、まずはスタートダッシュができたことは大きかったと思う。
そう簡単ではないと分かってはいます。そう簡単だったら控え外野手の立つ瀬がない。
そして今外野のレギュラーじゃない選手たちも危機感をもってプレーしてほしいなと感じた。
私は勝又選手のファンだから彼がいずれレギュラーを獲得する姿を夢見ているけれど、他の選手にも頑張って欲しい。
よい競争があってベイターズが強くなることが私の最大の望みだからだ。

来年は勝又外野手を見に横須賀スタジアムにもいきたい。

それ以外にもう一つ。
吉見スカウトの密着取材の番組をTVerで見た。
例の深沢投手は吉見スカウトの初めての担当選手なのね。
平良投手に似ているという深沢投手だから私も注目しているけれど、現役時代も見ていた吉見さんの最初の担当選手というのもなんだか嬉しい。
吉見さんで覚えていることは、広島市民球場に友達と遠征した時にもつ鍋屋さんにいったら、吉見さんが球団職員さんともつ鍋を食べていたこと。
私と友達は「あれ吉見じゃない?」(友達同士の会話では選手を呼びつけにしていた)とヒソヒソと話しあった思い出。
まわりの客が誰一人反応していないから「広島の人には知られていないのかな?」と失礼なことを話していた。
ちなみにプロ野球選手がよく利用するもつ鍋屋さんで、広島の人においしいと紹介されて行ってみたお店でしたがまさか本当に選手がいるとは思わなかった。

投手としての思い出ではないけれど、それが一番印象に残っています。
深沢投手には偉大な投手になってほしいですね。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからもずっと応援している。
[平良拳太郎投手復帰の道:134日目]
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 10/17 ベイスターズvsスワロ... | トップ | 10/19 ベイスターズvsジャイ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ベイスターズ」カテゴリの最新記事