ハレ時々ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズの平良拳太郎投手の復活を願いながらベイスターズを応援しています。

9/25 カープvsベイスターズ@ハマスタ 怠慢走塁

2021-09-25 18:16:31 | ベイスターズ
安定の負けです。負けはもう良い。勝つことは願っているけれど信じていないから。
今日はもう途中で腹が立って腹が立って仕方なかったことを書きます。
3回逆転した場面のこと。
二死1、3塁でバッターはオースティン選手。
カウント1ストライクからの2球目。打球は高々と上がり内野と外野の中間へと飛んで行った。
内野から見ていてうまくいってファール、最悪捕球されてアウトだと思った。
しかしボールは捕球されずグラウンドに落ちる。
私の位置からは死角だったからファールかなと思ったらなんとフェア。
目をオースティン選手に向けると2塁に激走していた。
手に汗握っては大袈裟だけれど大丈夫かな?!と見ていたらセーフ。
やった!
とそのまま3塁に目を向けたらそこには佐野選手がいる。
え?ホームに帰っていないの?
え?ツーアウトだったよね。走っていなかったの?
え?なんで?

もうビックリして合理的な説明を一所懸命考えてそれでも分からなくてTwitterを検索したら答えが出ていました。
怠慢走塁。

はぁ?
連敗中のチームの主力、それもキャプテンがビハインドで怠慢走塁。
客を舐めていますね。
もうそれ以降試合はどうでも良くなりました。
そりゃ、怠慢しても交代されない主力がのうのうとプレーできるんだからチームは最高に良い雰囲気でしょうね。
足が遅いのは仕方ないと思う。
怠慢は別だよね。大量点でのビハインドとかならばまだ理解できる。でもまだ1点差だった。もしちゃんとプレーしていたら逆転していた。
牧選手がタイムリーを打ったのは結果論。打たない確率の方が高い(得点圏5割以上はあんまりない)。
ならば取れる時に点は取っておく。基本じゃないのか。
雑な野球をやりやがって。本当にムカついて仕方なかった。
何だろう、キャンプテンがこれじゃあ弱いなと思う試合だった。
チームが良くない雰囲気の時に空気変えられないどころか、加速させるキャプテンとかもう悲しすぎる。

勝ち試合を見せられないのならせめて一所懸命のプレーくらいはしようぜ。
私確信しちゃったもん。選手は手を抜いて試合しているって。
「選手が手を抜いて試合しているなんて選手に失礼!」という意見を良く見るけどこの走塁みても言えるのか。
こんなの見せられる方が失礼だわ。
弱いのは100歩譲って仕方ない。エラーもまぁ仕方ない。でも走塁の怠慢はね、言葉にできない。
しかもキャプテン。
これから数年こんな野球をみないといけないのか。
明日、もしレフトのスタメンが楠本選手だったら少し見直します。そのためにも今日はヒット出て欲しかったがそれは仕方ない。
レフトのスタメンは楠本選手にしてください。2打席打てなかったら交代してもいい。
チャンスを与えてほしい。
結果だしている選手と隙を見せた選手。私は結果を出している選手を現地でみたいかな。

でも絶対ありえないぬるま湯ベイスターズだから、佐野キャンプテン。明日はチームを引っ張るプレーをよろしく頼むね。

先発の京山投手は良くはないけどゲームを壊してないのでOK。次は良い状態に戻して欲しい。

さて9月30日横須賀での試合がファームのホーム最終戦らしい。
行きたいけれどいけない。
多分この日で最後の選手もいると思う。
私の贔屓選手もそのうちに入る可能性は結構高い。
それは仕方ないと思っている。
新陳代謝は必要。下から突き上げできなかったのが悪い。
でも一軍で情けない試合を見せられているから本当につらい。
今一軍にいる選手も来年は厳しいかもしれない。それくらいの心で戦ってほしいもんです。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからも応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:111日目]

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする