漢検1級198点!! 満点取るまで生涯学習!! ➪ “俳句”

我孫子・手賀沼と愛猫レオンの徒然日記。漢検1級チャレンジャーの方の参考となるブログ。2018年7月から“俳句”も開始。

<29-3向け>類義語問題②

2017年11月30日 | 類義語・対義語
日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
<「漢字の学習の大禁忌は作輟なり」・・・「作輟(サクテツ)」:やったりやらなかったりすること・・・>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆☆☆今年のテーマ  :①漢検1級199点以上 ②好きな古代史の研究深化(古田説の研究) ③(非公開) ☆☆☆  
★★★今年のスピリット:<百尺竿頭一歩を進む>&<百里を行く者は九十を半ばとす> ★★★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●類義語問題②・・・広辞苑および漢検2掲載熟語から・・・。
●ちょっと模試にするには適当ではない熟語も入っちゃってるかも知れないので練習用・訓練用に個別問題で対応・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<類義語問題>
*1.~10.は、すべて類義語の問題です。
1.門外漢 2.十四夜月 3.明旦 4.皇位   5.三生児
6.紙鳶  7.蝘蜓   8.名声 9.羅紗綿 10.有頂天

<語群>
( きっちょう、へきこ、きぼう、ほうそ、ひか、ふうきん、ひんたい、ひそうてん、ようしょう、よぼう )

👍👍👍 🐔 👍👍👍

<解答>・・・問題と回答はゴチック・・・

1.門外漢  非家
堪能(カンノウ)⇔非家(ヒカ):門外漢。しろうと。(対・類義語で出題か?)

2.十四夜月 幾望
既望:陰暦16日の夜。また、その夜の月。いざよい。 
幾望:(幾ど望、・・・)陰暦14日の夜。また、その夜の月。
小望月(こもちづき)・十四日月(じゅうよっかづき)・十四夜月(じゅうしやづき)
 満月の前夜の月で、「待宵の月(まつよいのつき)」ともいう。
 翌日の満月を楽しみに待つ、という意味。また、幾望(きぼう)とも言い、満月(望月)の前夜で、“機”は「近い」の意味を持つ。
*広辞苑:望月(もちづき・ボウゲツ)、小望月(こもちづき)

3.明旦 詰朝 
詰旦(キッタン):①朝早く。早朝。②あくるあさ。明朝。詰朝。明旦。
*明旦は漢検2アリ。

4.皇位 宝祚

5.三生児 品胎 品胎:三つ子。三生児。

6.紙鳶 風禽(フウキン):凧。いかのぼり。 =紙鳶(たこ・シエン)、風鳶(フウエン)
7.蝘蜓 壁虎(ヘキコ):ヤモリの異称。
(漢検2)②「蝘蜓(エンテイ)(やもり)」として用いられる字。

8.名声 誉望
誉望:名誉と声望。ほまれ。 ほまれ=ほめられて光栄あること。評判の良いこと。また、そのような行い。名誉。名声。*漢検2ナシ
(参考)輿望:世間の人から寄せられている期待。「過疎地の―を担う医師」類)衆望

9.羅紗綿 洋妾
羅紗綿(ラシャメン)①ヒツジの別称。 ②幕末から明治初めのころ、日本に来ていた西洋人の妾(めかけ)となった日本人女性をさげすんでいった語。洋妾(ヨウショウ)。*広辞苑では「羅紗緬、外妾」ともある・・・。なお、<洋妾(らしゃめん)>

10.有頂天 非想天 有頂天:非想天(広辞苑)非想非非想天の略。
大辞林 第三版 うちょうてん【有頂天】
仏)無色界の最上天である非想非非想天のこと。色界の最上位の天、色究竟天(しきくきようてん)をいうこともある。
👍👍👍 🐔 👍👍👍

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« <29-3向け>語選択問題①... | トップ | 銓衡 銓考 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これはいい (rikuroku)
2017-11-30 10:11:13
おはようございます。

全然だめで~す。4/10
でも楽しい!!

×1.門外漢 非可 うろ覚えでした~
×2.十四夜月 既望 これ十六夜だよな~と思いつつ・・・
◎3.明旦  詰朝
◎4.皇位  宝祚 
×5.三生児 稟体 意味わからなかった~どっかで見た記憶あり
▲6.紙鳶  風琴
◎7.蝘蜓  壁虎 ぐっじょぶ!
×8.名声  輿望
◎9.羅紗綿 洋妾
×10.有頂天 飛燥天 

「非家」「幾望」「品胎」「風禽」「誉望」「非想天」
漢検辞典と広辞苑からなのに、まだまだ知らない言葉いっぱい!これは役に立つぞ~


7.について
類義語難問 その3 - 漢検1級模擬試験倉庫に

「紙鳶 風箏:①凧。②風鈴 漢検辞典の「箏」の項目に記載有り。」となっていました。
風鈴≒風琴だと思いますが、「風琴」も正解になってしまうのでは・・・

「飛燥天」
笑ってもらえますか~(笑)意味合ってそうじゃん(汗)
でもこういう造語も文章題の訓練になることがわかった~

ありがとうございました~

よく読んだ・・ない (rikuroku)
2017-11-30 10:18:58
追伸です

模試倉庫さんのをよく見ました

風箏:①凧。②風鈴。漢検辞典の「箏」の項目に記載有り。
紙鳶:凧。漢検辞典の大見出し語。

これだと
紙鳶には「風鈴」の意味は無いので、風琴は類義語ではないですね~

大変失礼しました~
今回はラッキー (spaceplus)
2017-11-30 12:16:33
こんにちは。挑戦させていただきました。

正解は7/10で、不正解は以下の通りです。
2.「幾望」→「既望」…何も考えずに書きました💦
6.「紙鳶」→「風琴」…違うとは思いつつ、他に何も思い浮かびませんでした。
10.「有頂天」→「飛創天」…イメージすると「ひ」は「飛」しか出ませんね(笑)

今回は前回の対類より知っているものが多くてラッキーでした。
出題ありがとうございました
rikuさん&S+さん (syuusyuu)
2017-11-30 20:32:26
やはり仏教用語は難ですねえ・・・。仏教用語は接しなければわからないですよね・・・
「有頂天」・・・略して「有頂」ともいうようです。同じく、「非想天」も「非想」とも言うようですよ。だから、有頂=非想ともなるってことか・・・。
2人ともほぼ同レベルなのに、出題内容によって良かったり悪かったり、差が出ることがあるのは面白いですねえ・・・参考になる。

コメントを投稿

類義語・対義語」カテゴリの最新記事