漢検1級198点!! 満点取るまで生涯学習!! ➪ “俳句”

我孫子・手賀沼と愛猫レオンの徒然日記。漢検1級チャレンジャーの方の参考となるブログ。2018年7月から“俳句”も開始。

<29-3向け>語選択問題①

2017年11月29日 | 語選択
日本漢字能力検定(漢検) ブログランキングへ
<「漢字の学習の大禁忌は作輟なり」・・・「作輟(サクテツ)」:やったりやらなかったりすること・・・>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆☆☆今年のテーマ  :①漢検1級199点以上 ②好きな古代史の研究深化(古田説の研究) ③(非公開) ☆☆☆  
★★★今年のスピリット:<百尺竿頭一歩を進む>&<百里を行く者は九十を半ばとす> ★★★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●またまた突然ですが、今度は語選択問題も復習開始・・・これも、だいぶ、溜まっちゃってる・・・。
●解答はすべて漢検2掲載熟語です。お役に立つと思います。これまでのオアソビはほとんどやめて、まじめにやっていこうと思います(笑)
●自分の復習、短期記憶の回復も兼ねています(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(語選択問題 その1)
1.父兄が子弟をまもり育てる恩徳
2.話などがよどみなく進むさま
3.傾きくつがえること。失敗すること。
4.かまどで煮たきすること。転じて、生計を立てること。
5.まねきむかえてやとうこと。たのんでやとうこと。
<語群>
( へいれい、ようへい、しょうけつ、さち、えんてん、ふいく、きょか、しょうそ )

(語選択問題 その2)
1.心を落ち着けて、ひたすら考えること。
2.市中のみち、ちまた。
3.一方で親しみ、他方で悪く言うこと。
4.驚いて目がくらむ
5.雄がも。(一説に雄鶏。)
<語群>
( ふけい、ふおう、わざん、がいく、しんげん、がいはく、せんしん、めんげん)

ー解答ー *下記のゴチックのところです。

(語選択問題 その1)
1.父兄が子弟をまもり育てる恩徳。
ふいく 覆育(フイク):(フウイクとも)(広辞苑)天地が万物をおおい育てること。また、父兄が子弟をまもり育てる恩徳。
 (漢検2)△覆育(フイク):天地が万物をおおって守り育てること。「フウイク・フクイク」とも読む。(参考) 扶育:世話をして育てること。 傅育:かしずき育てること。

2.話などがよどみなく進むさま。
えんてん 宛転
(漢検2・広辞苑)
宛転:①ゆるやかな曲線を描くさま。特に、まゆが美しく弧を描いているさま。「―として大河は下る」 ②話などがよどみなく進むさま。「エンデン」とも読む。

3.傾きくつがえること。失敗すること。
しょうけつ 猖獗・猖蹶
(漢検2)猖獗・猖蹶
①悪いものが激しい勢いではびこるさま。猛威をふるうこと。「黒死病が―をきわめた」 ②激しくくつがえること。荒れて失敗すること。
(広辞苑)①たけくあらあらしいこと。わるいものの勢いの盛んなこと。②傾きくつがえること。失敗すること。

4.かまどで煮たきすること。転じて、生計を立てること。
きょか 挙火
(漢検2)①あげる。もちあげる。「挙火」「挙手」
(広辞苑)①(炊事の火を燃やす意から)生計をたてること。②・・・
デジタル大辞泉 挙火:1 かまどで煮たきすること。転じて、生計を立てる こと。2 昔、朝鮮で国王への直訴の際にとられた方法。

5.まねきむかえてやとうこと。たのんでやとうこと。
傭聘(ヨウヘイ)(漢検2下つき)
(広辞苑)まねきむかえてやとうこと。たのんでやとうこと。 
(ダミー用)
聘礼(へいれい):人を招くのに礼をもってすること。また、その礼物。 婚約の礼物。ゆいのう。・・・

(語選択問題 その2)
1.心を落ち着けて、ひたすら考えること。
 せんしん 潜心
(広辞苑)心を落ち着けて、ひたすら考えること。没頭。
(漢検2)③心を落ち着ける。「潜心」「沈潜」
 *広辞苑では「潜心」と「専心」は別項。意味が違うようだ。
 専心:その事だけに心を注ぐこと。専念。

2.市中のみち、ちまた。
がいはく 街陌
(漢検2)下つき:街陌(ガイハク)・阡陌(センパク)
<陌:ハク、バク、みち、あぜみち、まち> *ハク(慣用音)バク(漢音)
・みち、あぜみち:阡陌、陌阡、街陌=市中のみち、ちまた。

3.一方で親しみ、他方で悪く言うこと。
わざん 和讒 *他の意味もあるので注意。
(漢検2)下つき:謗讒(ボウザン)・和讒(ワザン)
・漢検2掲載熟語の意味(大見出し以外)・・・大字源から・・・
讒慝(ザントク):よこしま。邪悪。また、その人。
謗讒(ボウザン):そしる。そしり。讒謗。
和讒(ワザン) :一方で親しくし、一方で悪口をいう。表面は親しくし、陰でそしること。
 *広辞苑:①一方でやわらぎ親しんで、他方でそしりおとしいれること。讒言。
      ②讒言のために不和となったとき、実情を述べて再びやわらぎ親しむこと。また、実情を述べて弁明すること
      ③仲介すること。とりなすこと。
      ④密語すること。内談すること。
大辞林 第三版 わざん【和讒】
①一方に取り入るために他方を悪くいうこと。讒言ざんげん。 「人の-をかまへて申しつらん/義経記 6」②助言。また、仲介。 「 -有りて無為に属す/実隆公記」
他国語辞典
1 一方で親しみ、他方で悪く言うこと。讒言。中傷。悪口。
「人の―を構へて申し候ひつらん」〈義経記・六〉
2 讒言・中傷のための不和状態をとりもってなごめること。仲介。
「予―して云はく」〈明月記・正治二年〉
(大字源)一方で親しくし、一方で悪口をいう。表面は親しくし、陰でそしること。

4.驚いて目がくらむ
しんげん (漢検2下つきのみ)震眩(シンゲン):(大字源)驚いて目がくらむ。

5.雄がも。(一説に雄鶏。)
ふおう 鳧翁(フオウ):(大字源)①雄がも。一説に雄鶏。②かもの首の毛。翁は、首の上の毛。
(漢検2)
①かも(鴨)。まがも。カモ科の鳥。「鳧翁」 ②けり。チドリ科の鳥。
👍👍👍 🐔 👍👍👍

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 高次脳機能障害 | トップ | <29-3向け>語選択問題①... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心配です (spaceplus)
2017-11-29 16:15:01
こんにちは。
一つ前の記事、驚きました。
今後の悪化は無いという点は安心しましたが、記憶に影響があるというのは心配ですね…。
試験の結果から推測すると、言葉そのものの記憶よりも、字体の記憶に影響が出ている感じでしょうか…?
記事を出していただけるのはありがたいですが、目の状態も回復されていないご様子なので、くれぐれも無理のない範囲でお願いします。

話は変わってこちらの記事の問題ですが、恥ずかしながら10問中3問しか正解できませんでした…
複数の意味があるものはややこしいですね。

一つ気になったのは「傭聘」です。
出題文の説明はダミーの「聘礼」に近いように思いました。
少なくとも「聘礼」を不正解にはできないと思うのですが、いかがでしょうか…?

出題どうもありがとうございました。
同じく3/10 (rikuroku)
2017-11-29 16:31:33
こんにちは~

出題ありがとうございます。
無理はしないでいただきたいですが折角なのでチャレンジさせていただきました。

昨日より相当むずかしい・・・

語選択問題 その1
1.傅育
2.宛転 ◎
3.蹉躓
4.樵蘇
5.聘礼

語選択問題 その2
1.専深
2.街衢
3.和讒 ◎
4.震眩 ◎
5.鳧鴨

誤答も参考になりまうでしょうか?(汗)

ありがとうございました。
spaceplusさん (syuusyuu)
2017-11-29 20:21:04
ご心配をおかけしたようで申し訳ありません・・・。
実は、本番のときも、なんかオカシイなという自覚は少しあったのですが、確認が出来ただけでも良かったです。
確かに、おっしゃるような“字体の記憶への影響”というのがより正確かも知れませんねえ・・・
ま、また、一から出直しの気分で取り組んでいきます。こんな状態ですが、“よっしゃ、それならそれでやってやろうじゃないか”という挑戦欲が湧いていますのでご心配なく・・・。
ご指摘というか、正確なご意見、ありがとうございます。間違ってました・・・問題文だと逆にヘイレイですよねえ・・・訂正のお知らせを出しましたが、そもそもが間違ってました。失礼しました。懲りずに、また、何かありましたら、ご指摘等、よろしくお願いいたします。
rikurokuさん (syuusyuu)
2017-11-29 20:28:07
(まずはゴメン。問題その1の5は当初の問題だったら〇です・・・そもそもの問題が間違ってた・・・訂正のお知らせ済み)
語選択問題・・・ま、こんな新出ばっかりの出し方は本番ではないだろうからね。訓練用の出題です(笑)なにしろ、一度やっちゃえば、もう“過去問”ですもんね(笑)
自分もそうですが、間違えそうなところは予想どおり間違えてくれて、大変参考になりました(笑)
またの参画をお願いします。

コメントを投稿

語選択」カテゴリの最新記事