漢検1級198点!! 満点取るまで生涯学習!! ➪ “俳句”

我孫子・手賀沼と愛猫レオンの徒然日記。漢検1級チャレンジャーの方の参考となるブログ。2018年7月から“俳句”も開始。

漢検協会さんへ  ~段位制度の提案~

2018年03月04日 | 日記
             <漢字の学習の大禁忌は作輟なり>         <一跌を経れば一知を長ず>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆☆☆今年のテーマ:①漢検1級190点台復活(あわよくば200点満点) ②好きな古代史の研究深化(古田説の研究) ☆☆☆
★★★今年のスピリット:<百尺竿頭一歩を進む> <百里を行く者は九十を半ばとす> <為さざるなり。能わざるに非ざるなり。(孟子)>★★★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(開示後、一部加筆したので再掲示)
●協会さんも、この時期、新年度の方針なり施策なりお考えかと思いますが・・・
●“鳥見”サイクリングをしながら、倩、考えたのだが・・・現行の1級資格に段位制度を導入したらどうでしょうか・・・
●新たなマーケテイング施策として、少しく有効ではないかと思うのですが・・・

<利点>
●現行制度はほとんど変える必要がない・・・試験内容は現行の1級試験の水準でOK(新規受検者と同じ内容)。段位導入の手間のみ。
●1級合格を継続してめざしていこうという(これからの)新規受検者の“裾野”が広がる(受検者増)。このことは、協会の“運営、営業上”の問題を解消できるとともに、“生涯学習”を標榜しているであろう協会の、“漢字普及”の理念にも叶う。
●いわうるリピーターへのインテンシブ施策にもなる。上位資格というわけではないが、“有段者”(継続合格者という意味)ということで現在の安定的な“実力”というものを(対外的にも)表示できるようになる。・・・更に細かいことをいえば、漢検ジャーナルの合格者一覧にその段も表示するようにすれば、リピーターにとっては自己満足感(名誉欲?)や達成感が充足されて一層良いかもしれない・・・もちろん、後続の人たちにとっての励み、協会にとっては上記の“営業上”の利益にもつながる・・・

<難点>
●継続受検・連続合格ができていない人との区別(差別?)が生じるかも ➪下記のとおり、一定の“救済措置”あるので、この恐れは小さいと思う。
(●残されている大きな問題点:何段になっていようが、1回でも不合格となると段位取り消しになる?・・・この場合は“降格(降段)”という措置も考えられるが、(同じ試験内容で受検している)他の受検者との兼ね合いから、そういう救済措置が受け入れられるかどうかは問題かもしれない)

<段位制の骨子>
・毎期合格していること(あるいは、1期でも不合格がないこと) *ただし、最低年1回は受検が必要(3回受検の必要はなし)。
・5期以上連続して合格していること・・・5期毎に、昇段。 例:合格期から5期連続合格で初段。その後5期毎に昇段。(10期連続で2段、30期(≒約10年)で10段!!) ***「何事も10年ぐらい続けば一流である」とかいうことを何かで読んだか見たか聞いたか、したことがある。この10年で10段というのはそういう意味。なお、10段が最高という位置づけ。それ以上の昇段はナシ・・・。

・救済措置A(1年以上受検していない1級合格者への救済措置)
 *何期経っていても、新たな受検で1発合格すれば連続合格していたものとみなす。・・・記録は残っているか、1発合格の水準は80%(160点)で良いか、それ以上にするか等、若干の更なる検討は必要かも・・・。
・救済措置B(毎期は継続受検していない1級合格者への救済措置)
 *最低年1回は受検すること、その受検で合格することで、その期(受検しなかった期)も合格しているものとみなす。

・ちなみに、私の場合は今回で17期連続ということになるから、上記規程では、「1級(3段)」ってなことになる(笑)
・ちなみに、個人的には、こんなのはどうでもよく、単に満点をめざしているだけなのですけど・・・

●以上、ちょっとは、こういうマーケテイングも考えた方が良いと思いますけどねえ・・・どんなもんでしょうか?
👍👍👍 🐕 👍👍👍


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« <30-1>に向けて(その... | トップ | 手賀沼 クイナ(水鶏・秧鶏... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コタツで寝る)
2019-10-19 12:59:22
はじめまして。
漢字戦場の副管理人で模試の作成をしている者です。
syuusyuu氏のブログを定期的に見させて頂いてます。

旧漢字検定という古い制度では15級から5段までありました。
昭和50年から平成4年まで開催していました。
それが平成4年に現在の新制度の漢検に変わり段位が撤廃されることになりました。

東京漢字検定という9級から4段まであるローカルな試験もありましたが、昭和60年に始まったもののあまり知られることなく平成13年をもって試験がなくなってしまいました。

初段以上は条件を見たさないと受験できなかったため廃止されたと言われています。
Unknown (コタツで寝る)さま (syuusyuu)
2019-10-24 03:41:57
はじめまして。連絡が遅れて申し訳ありません。最近、ブログを見ていなかったもので・・・。
過去の段位制の件、ご教示、ありがとうございました。
協会さんもいろいろと試行錯誤を経て、今の制度に落ち着いているんでしょうかね・・・。
Unknown (コタツで寝る)
2019-10-26 02:38:54
漢検協会さんは試行錯誤を経て現在の制度になりました。

初段以上はひとつ前のレベルに合格していないと受験できず、段階的に合格していく制度でした。
どんなに実力があってもいきなり高いレベルからスタートすることはできず無謀な挑戦を排除していました。

現在は受験に制限がないのが素晴らしいです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事