妥協の嵐 ~イチから始めるMTG~

twitter連携始めました。

【MTG】カラデシュ・アモンケットブロック スタンダード落ち追悼式150選その5

2018-09-22 23:24:52 | Magic_スタンダード
81.生命の力、ニッサ


緑はニッサからです。
サイドボードにとどまっていましたが、能力は強かったです。
緑単だと「ガルタ」を何度も引っ張ってきたり。
役割こそ違いますが、5マナ緑PWは「ビビアン」が引き継ぎます。

82.ナーナムの改革派


所謂「節くれ木のドライアド」の代わりの枠。
環境初期は対生物用に接死持ちのクリーチャーがサイドインする傾向があります。
今回は黒を含め、接死持ちクリーチャーをよく見ました。
「ロナス」も接死ですね。

83.緑地帯の暴れ者


エネルギーを吐いて吸うゾウさんもスタン落ちです。
「霊気との調和」との相性は抜群でした。
ストンピィでは乗り逃げ要員としても活躍?しましたね。

84.牙長獣の仔


赤緑、黒緑、ティムールなど、エネルギー主体のデッキにはほぼ入っていました。
たった2マナのアンコモンが相手のライフを削る、そんな環境も一時期ありました。
因みに猫なので「カラカル」で強化できたりもしました。

85.導路の召使い


霊気拠点内蔵のマナクリ。
2マナで全色出るマナクリは強いっす。
これでサイズが熊っていうのも魅力でした。

86.刻み角


マルドゥ機体が最大勢力だった際のサイドカード。
最近でいうと「再利用の賢者」の枠ですかね。
「ブロンプトドン」とか、後期はライバルも多かったので採用率は減りました。

87.ピーマの改革派、リシュカー


緑黒カウンターの中核。
「蛇」⇒コレ⇒「緑ハルク」という流れは美しかったですね。
因みに+1/+1以外のカウンターでも、問題なくマナクリになれます。

88.不屈の神ロナス


プレイアブルだった神、三羽烏のうちの一人です。
主にストンピィの採用が目立ちました。
意外とパワー4っていなかったですね。

89.逆毛ハイドラ


ティムールエネルギーの中枢。
なんかハイドラっぽくないなーと思っていましたが、
今までのハイドラの中でも一番強かったです。
やっぱり呪禁はアカン。

90.新緑の機械巨人


緑黒のマナカーブの頂点。
5/8/8ですからね。単純に強い訳ですよ。
「ギガントサウルス」の話はしません。

91.高木背の踏みつけ


緑の「こんなのいたっけ」枠。
当時の緑はサイドにこういうのを採用しないと赤に勝てなかったのです。
カード名が汎用技っぽいクリーチャーでした。

92.顕在的防御


「ジャイグロ」枠。
「レインジャーの悪知恵」の上位互換です。
やはり呪禁は強いです。

93.英雄的介入


修正の代わりに破壊不能をつける全体版。
でもこちらはサイドカードにとどまりました。
緑の「ラス」対策は、「屑鉄場のたかり屋」でしたから。
おかしな話ですが。

94.自然廃退


範囲は狭いですが2マナで打てるので最速「キラン」に間に合うこと、
破壊ではないので「たかり屋」を対処できるのが魅力でした。

95.人工物への興味


こちらが所謂「帰化」の枠でしたが、
「造反者の解放」が出てからはそちらが主流になりました。
3枚まとめてスタン落ちとなります。

96.造反者の解放


件のそれ。サイクリングできるのはやっぱりえらい。
「霊気池」が流行った時はメイン採用されていたりもしました。
最近は「帰化」内蔵クリーチャーが多い反面、インスタントの種類は減っている認識です。

97.花粉のもや


ターボフォグの「フォグ」要素の1枚です。
これもサイクリングできる良カードでした。
新弾に新しい「フォグ」性能のカードがあるので、そちらと入れ替わりになります。

98.気宇壮大


「打撃体」強化スペル。
トランプルも付く!偉い!!
まさか「ジャイグロ」枠に2枠も裂くとは・・・
今回の緑は本当に不作です・・・

99.約束の刻


「ニッサの復興」にとって代わる重たい大ランパン枠。
特殊土地持ってこれる、砂漠いっぱいあるとゾンビ出るなど、かなりお得感があるカードでした。
スタン落ち後の環境にこの手の土地出すカードって何がありましたっけ。

100.霊気との調和


と、いうわけで緑の最後は禁止カードです。
出た当初は「ウルヴェンワルドの横断」の弱い版くらいにしか思えなかったのですが、
いつの間にやらトップカードに・・・エネルギーというギミックの強さを改めて実感します。


基本5色が終わりました。
今回は先に『その他』をやって、その後アーティファクトになります。
後2回、皆さんお付き合いくださいね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【MTG】カラデシュ・アモンケ... | トップ | 【MTG】カラデシュ・アモンケ... »

コメントを投稿