妥協の嵐 ~イチから始めるMTG~

twitter連携始めました。

【モンコレビュー】マーシュラント勢力別レビュー【碧鱗&鷹眼】

2013-08-27 23:35:25 | モンコレ
割と厚く配備された2枚。
まぁアポカリプスの時に薄すぎたので当然っちゃ当然か

・リザードマンの槍兵
スペックは見習いミノ。
汎用すぎるので、武闘家その他、他のレベル2に食われて
1枚も入らない可能性もありますね。
性能は低くないので、アイテム主体で行くならこれに越したことはないですが。
アイテム枠だけのリザードマン専用消耗品があればなぁ。

・碧鱗の四将軍ドウン
ディフェンダーだったり水2枠だったりと、
他のリザードマンと比較しても大分毛色が違う。
一応先攻取っちゃっても能力7点があるのでつぶしは効く。
無属性だし。
守備力5もあるし、強いとは思います。

・リザードマン特別攻撃隊「葵」
先攻をちゃんと取れないので、大型対策に
「入れるしかない」っていうポジションのユニット。
ちゃんと先攻取れればドリームテイルで解決できるんだけどね。
無属性ダメージなのはせめてもの救い。
基礎値平均、水枠もあるので、即時として最低限のバランスは保ってる。

・リザードマンの戦将軍
上の葵や白虎玄武あたりをクルクルするユニット。
それ以外は無いので、単体では弱く見えるけど、
こいつやドウンのこの効果を使っていくのが、
リザードマンの勝ち方の鍵な気がしなくもないですね。

・リザードマンの猟騎兵
これはさすがに辛い。
盾髪騎士とほぼ同じスペックだけど、
利点が枠2つってだけなんだよなぁ。

・ドラゴンスケイル
早い話がドリームローション。
強いとしか言えない。
つーかこれがゾルドイルにも入るってのがポイント。
碧鱗的には、ラストスキンクをピン刺しからこれが打てるのは割と素敵。

・青龍手裏剣
まぁこういうアイテムスペル枠のカードでもない限り、
枠が腐るだけなパターンが結構あるからなぁ。
これはありですね。
サンダーシップには効かないけど。


・バードマン攻撃隊長
神速隊のポジション、いましたね。
枠がなく、ハイバードマンなのでちょいと癖がありますが
まぁレベル2だしねー

・ブラックホークの強襲兵
ポジションとしてはクォーツ・ペガサスか。
こいつ4枚のパーティは割と強い。
ニーズホッグだけは勘弁w

・鷹眼のスモークシップ
耐性は強いですが地形コストなのでつらい。
他の艦船が強いので、ちょっと入れないかもしれない。
地形を捨てれる手札構成だと鬼強いのにな。

・鳥人気流
いれておけばいーやー。
早いぜー

・鳥人航路
昔こういう地形あったけど、時空門でOKってなってたっけ。
これも1~2枚刺しておいていいけど。
それより遠く遠くが欲しいぜ。

総評
リザードマンは今まで紅河の親戚みたいな立ち位置だったけど、
今回から本格的にプールが拡大しました。
ただ、即時の能力はいいとして、
全体的に何をどうしたいのか分かりにくくなっていますね。
絡め手を駆使していくうちに山札が切れるんじゃないだろうか。

バードマンはアイテム版神獣かな
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【モンコレビュー】マーシュ... | トップ | 【モンコレビュー】マーシュ... »

コメントを投稿