地震は物理現象、ならば科学で予測できる。阪大 池谷名誉教授 http://motoji-ikeya.jpn.cx/

地震前兆現象のブログ 理科学教材「静電場センサ組立キット(地震前兆現象検証器)」

武田邦彦教授のブログに疑問

2018年09月11日 | 地震予知

今日、公式ブログを拝聴しましたが、地震は予知できないと断言しています。武田先生は地震は亀裂から破壊につながると言います。地下数10Kmメートルの岩盤の亀裂はわからないから地震予知はできないと結論づけています。

地震前兆現象には、触れていません。後半の地震防災対策は正論なんですが・・・・。破壊には必ず亀裂が必要だと・・・確かにそうですが・・・。

地盤(花崗岩)の亀裂を作るのは、海洋プレート(玄武岩)による圧力ですから、花崗岩は圧力によって圧電現象が起こり、パルス電磁波を発生します。そのパルス信号を計測するのが地震電磁気学です、簡単に言えばですが・・・。

なぜ、武田先生は、地震前兆現象を理論に加えないのか残念です、昔から伝えられる、ことわざ、伝承は現在では未科学ですがことわざは、無駄な警鐘ではありません。何かしら、意味があると考えます。ミミズやナマズの反応は、非科学ではなく、未科学です。

池谷教授は、地震前兆現象は実験・検証で確認済みです。You tubeにupしています、ぜひご覧ください。

You tube タイトル 「地震前兆の再現実験」 大阪大学 池谷元伺名誉教授

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 武田邦彦教授の理論と池谷名... | トップ | 地震に関わる大学教授に一言 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

地震予知」カテゴリの最新記事