地震は物理現象、ならば科学で予測できる。阪大 池谷名誉教授 http://motoji-ikeya.jpn.cx/

地震前兆現象のブログ 理科学教材「静電場センサ組立キット(地震前兆現象検証器)」

南海トラフ地震とは

2018年06月22日 | 地震予知

南海トラフとは、駿河湾から九州東方沖まで約700キロ続くプレート型巨大地震の巣。

必ず来ると、報道されている。いつ来るかわからないのに、どうすれば、いいのかと思う庶民。

報道してないと、責任問題になる、50年後、100年後だから大丈夫という、認識。

静電場計測を5キロメッシュ(間隔)で定点観測させてほしい、費用はそんなにかからない、自動観測を24時間、コンピュータで監視すれば、何かが解る。

予測確率は、今は解らないが、今後の地震研究に大きく貢献する。

危険予測をして、一人でも多く助かれば、と思う。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« わかりやすい、海溝型地震と... | トップ | 地震前兆現象と地震予測の可能性 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

地震予知」カテゴリの最新記事