地震は物理現象、ならば科学で予測できる。阪大 池谷名誉教授 http://motoji-ikeya.jpn.cx/

地震前兆現象のブログ 理科学教材「静電場センサ組立キット(地震前兆現象検証器)」

地震前と地震後の対策

2019年07月15日 | 地震予知

報道を見る限り、「地震が来たらどうするか」「その前にできることは何か」という報道しかなく、地震前つまり予測するための研究報告はありません。

地震は予測できない、と言ってしまうと もう、「できない」という基礎概念ができて、研究者は他の分野に移る、当たり前だ、研究費が出ないのだから。

東大の地震研究の科学者は違う。研究費をもらい地震のメカニズムを延々と研究。過去にあれだけの被害を出しながら地震予知はできないという。東大のゲラー・名古屋大の武田教授。
   地震以外の分野では武田教授は尊敬しています。

地震予知の研究費に1兆円を確保し、とにかく意欲ある大学・民間、個人の研究に援助する、と公表すれば膨大なデータが集まるのだが。

地震は、来るといって、来なかった時の責任が怖いから多くの科学者が逃げていく。私なら、予測をはずしたら「この度は短期では成果がないけれど、長期で成果を出します、それでも出来なければ、土下座して謝罪します、・・・が誰かが実現するのは間違いないことです。」と言います。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 地震前兆現象検証器 静電場... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

地震予知」カテゴリの最新記事