地震は物理現象、ならば科学で予測できる。阪大 池谷名誉教授 http://motoji-ikeya.jpn.cx/

地震前兆現象のブログ 理科学教材「静電場センサ組立キット(地震前兆現象検証器)」

プレートと断層の国 地震大国、日本

2018年06月21日 | 地震予知

日本は、ご存知の通り地震大国です。毎日、どこがが揺れています。

地震の前兆現象は、全国各地で現在形で発信されています。

 

三陸の知り合いの漁師は、地震の前に、「今まで獲れたことのない魚が網に入っていた」「海が荒れるのではなく、大きく掘れていた」と言っています。広島では福岡地震の数日前に、「夕焼けで西の空が、異様に赤く恐ろしさえ感じた」と。

個人の地震研究家は多くいます。怪しいものから様々ですが、もし30%の確率で的中すれば大した成果です。

家庭では、ペットを飼うのが有効です、動物の危険予知力は、人間より遥かに優れています。数分から数十秒前に、暴れたり、悲しげに鳴きます。ペットのウサギが、突然ソファーの下にもぐりこみ、しばらくして安芸灘地震が発生しました。

「報告された地震前兆現象」

突然、エアコンが作動した、電灯がちらつく、TV画像が乱れた、FMラジオが受信できない、時計がくるくると回った、風もないのに工場の重いがくさりが揺れている、水平器が泡立ち測量が出来ない、井戸の水が枯れた、池の魚が飛び出している、仏壇のろうそくの灯が揺れている、漁に出ても魚が獲れない、魚が大量に獲れた、かもめが内陸を飛んでいる、山が静かだ、鳥の鳴き声がしない、など。

皆さまも、一度はお聞きになっと思います。あれだけの大きな破壊現象が起きれば、何らかの前兆はあります。

政治家、官公庁、科学者は因果関係に注目するべきです。地震予知はできないとする、地震学者は、税金の無駄遣い。

可能性のある理論・発言は、例え予言者や霊能者であれ可能性が0%とは言えない。世の中、まだまだわからないことだらけです。昔の常識、今、非常識、今の常識もあやしい。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 和歌山県・三重県・福島県・... | トップ | わかりやすい、海溝型地震と... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

地震予知」カテゴリの最新記事