〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

練習、大会結果、トレーニング等の気付いたを投稿していきます(^_^)

■ボレー フォアハンドハイボレー(ラケットワーク)のポイントについて 〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

2019-10-07 07:00:08 | ボレー
トップページ>ボレー




おはようございます!
テニスコーチの花木です。


今日は、


ボレー
フォアハンドハイボレー
(ラケットワーク)のポイントについて




ついて解説します。



まず、フォアハンドハイボレーでしっかりと決めきる場合


【意識すること①】
「ラケット面を下向きにする」



ラケットをボールの上からはいることで、叩きつけるようなハイボレーになります。

ラケット面を地面に対して下向きにし厚いあたりのハイボレーを意識していって下さい。



【意識すること②】
「右脇腹を伸ばしていく」



右脇腹を上へ伸ばしていくことでラケットを上へあげやすくボールの上からヒットできます。

このとき、



右股関節が前にでると身体が前へ移動しラケットを上へあげていく動作ができずラケット面が上向きになってしまうので注意して下さい。



【意識すること③】
「ボールを捉える方向へ左手の手のひらを向けること」



左手の手のひら向きをボールを捉える方向へ向けると身体の開き(前へ向く動作)を抑えることができラケットをボールの上側へ向けやすくなります。

このとき、



左手が落ちてしまうと身体の開きが早くなりボールの下にラケットセットをしてしまい山なりでバックアウトの原因になるので注意して下さい。



以上となります。


決めきるハイボレーは、ボールの上側をさわるように心がけていきます。


そのために意識するポイントは上記の3つになりますのでこれからのプレーに取り入れてみて下さいね。


【ボレー関連記事はこちら】

ボレーでネットミスが多い場合
ボレーで厚いあたりで打ちたい場合
ポーチボレーで決めたい場合
身体の正面にきた場合(ボディショットの対応)
片手バックボレーの解説


以上です。
最後までご覧頂きありがとうございました。




↓↓↓お知らせです↓↓↓

LINE@始めました!上達できる情報やレッスンのクーポン等をお届けします(^^)宜しければ是非ご登録のほどお願いします。
友だち追加


■テニスビズ
単発制テニスビズレッスンの日程を公開しました。
テニスビズHPサイトはこちら
■アップルテニスクラブ
プレーヤーズクラス、テーマ別クラスの日程アップしました。
アップルテニスクラブのHPはこちら
■メルマガ発行しています!
花木俊介のメルマガ 読者登録お待ちしております!



テニスランキングへ
コメント   この記事についてブログを書く
« ■ラリー 身体を揺らすことで... | トップ | ■サーブ 身体の開きを抑える... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ボレー」カテゴリの最新記事