〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

練習、大会結果、トレーニング等の気付いたを投稿していきます(^_^)

■フットワーク 一歩目の動き出しを早くしボールに追いつく片脚スプリットステップについて 〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

2018-08-14 07:00:49 | フットワーク
トップページ>フットワーク




おはようございます!
テニスコーチの花木です(^^)


今日は、


フットワーク 一歩目の動き出しを早くしボールに追いつく片脚スプリットステップについて




という解説になります。



以前テニスの王子様でも掲載されていましたが、相手が打つ瞬間にリズムよく踏むステップ動作があります。


そのステップ動作が、
両脚で着地をするスプリットステップ片脚で着地する片脚スプリットステップになります。


高い技術ではありますが、左右前後のカバーリングで重要な片脚スプリットステップを使うことで左右前後への走り出しが早くなります。


今回は、片脚スプリットステップを使い方とその効果をお伝えします。



まず、相手が打つ瞬間に軽いジャンプ動作が入ります。





このときジャンプをして宙に浮いているときに相手のボールが自分のフォアにくるのか?

バックにくるのか?が把握できます。

上記の写真の場合、自分からみて左側(バック側)へきます。




ここからがポイントです。


左側へ移動するために、着地する瞬間に右脚で着地し反動をつけていきます。




右脚着地をし右脚の母指球から外側へ踏んでいく動作によって左への移動が楽になります。




片脚スプリットステップを使えることで、



【効果①】
「一歩目の走り出しが早くなり、左右前後のカバーリングが早くなる」


カバーリングが早くなることで、相手からエースをもらいにくくなります。

また、カバーリングが早くなるということは相手が打つコースがなくなりプレッシャーをかけていくことができます。



【効果②】
「一歩目が早くなることで、遠いボールでもタメをつくることができる」



ボールへパワーをたしていくためには、必ず「タメ」と呼ばれる地面を踏んでいく動作が大事になります。

一歩目を早くしタメをつくることで地面から登ってくるパワーをボールに伝えることができ走りながらでもエースを取ることができます。



【効果③】
「バックハンド側を回り込みやすくなる」


一歩目の走り出しが早くなることでバックハンド側へのボールを回り込んでフォアを打つことができます。

フォアで回り込むことが増えてくれば、攻撃的なテニスを行うことができるので相手にプレッシャーを与えいくことができます。



【片脚スプリットステップについての動画はこちら】
※片脚スプリットステップの動画はこちら



以上となります。
最後までご覧いただきありがとうございました。




■テニスビズ
4時間レッスンの日程をアップしました。
テニスビズHPサイトはこちら
■アップルテニスクラブ
プレーヤーズクラス、テーマ別クラスの日程アップしました。
アップルテニスクラブのHPはこちら
■才能のない人でも勝てるシングルス
才能のない人でも勝てるシングルスサイトはこちら
4時間のシングルス特訓会、開講しております。
・毎日投稿中のシングルスブログはこちら
詳しくはこちら
■メルマガ発行しています!
花木俊介のメルマガ 読者登録お待ちしております!



『テニス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ■ラリー スプリットステップ... | トップ | ■テニスノート 花木流!テニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フットワーク」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事