〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

練習、大会結果、トレーニング等の気付いたを投稿していきます(^_^)

■フォアハンドスピン ストローク 初級編 〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

2018-05-17 07:00:14 | フォアハンドストローク
トップページ>フォアハンドストローク



おはようございます!
テニスコーチの花木です(^^)


今日は、


フォアハンドスピンストローク
初級編




というお話。



スピン回転をかけていくための基本的な解説を行います。

まずスピン回転をかけていくには、



【ポイント①】
「グリップは、ウエスタングリップ」




ラケット面を下に向け、上から握るグリップがウエスタングリップになります。

手のひらが下を向きことで脇が空きラケットヘッドが落ちます。





【ポイント②】
「ボールを下から上へ縦になぞり回転をかけていく」




ウエスタングリップでラケットを握った場合、脇が空きラケットヘッドが落ちていきます。

ラケットヘッドが落ちることでヘッドを上げる力が強くなりボールを縦になぞりやすくスピン回転をかけていくことができます。

※注意点は、姿勢です。身体が前かがみのように倒れてしまうとラケットヘッドが上がらなくなります。

姿勢を真っ直ぐにしておくことでラケットヘッドが下から上へ動く動作が自然と行われていきます。




【ポイント③】
「フォロースルー時のラケット面は下向き」




ボールを捉えた後に手のひらを下向きにすることで回転量が多く加わります。

ボール捉えた後のフォロースルー時に手のひらを下向きにするイメージでボールの下から上側をさわるイメージになります。

※注意点は、手のひらを下向きにする動作時はグリップを強く握らないことです。

グリップを強く握ればラケット面は上へあがります。打ち終わりのグリップを緩く握ることでスピンをかけゆすくなります。




【フォアハンドスピンストロークの動画はこちら】

【フォアハンドスピンの動画】
フォアハンドストロークの動画はこちら


【フォアハンドストローク関連の記事】

フォアハンドストローク クローズスタンスについて
高い打点のフォアハンドストロークについて
フォアハンドストローク 打点が近い時の対応方法について
低い打点のフォアハンドストロークについて
フォアハンドストロークの左手の使い方について
フォアハンドストローク オープンスタンスについて



■テニスビズ
4時間レッスンの日程をアップしました。
テニスビズHPサイトはこちら
■アップルテニスクラブ
プレーヤーズクラス、テーマ別クラスの日程アップしました。
アップルテニスクラブのHPはこちら
■メルマガ発行しています!
花木俊介のメルマガ 読者登録お待ちしております!



テニスランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ■フォアハンドストローク テ... | トップ | ■フィジカル 姿勢とテニスの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フォアハンドストローク」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事