〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

練習、大会結果、トレーニング等の気付いたを投稿していきます(^_^)

■サーブ スライスサーブのポイント②「ボールに対しての触り方」について 〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

2020-03-21 07:00:00 | サーブ・リターン
トップページ>サーブ・リターン




おはようございます!
テニスコーチの花木です。


今日は、


サーブ スライスサーブのポイント①
「ボールに対しての触り方」について



について解説します。


スライスサーブは、ボールの右から左へ曲がっていくサーブとなり変化の大きいサーブになります。

スライスサーブを打つためにボールとラケットの接し方や触り方がポイントとなります。



□ボールの触り方について
「ラケットフレームからボールを触りにいくようにイメージをする」



外側フレームからボールを打ちにいくとラケット面が左側へ向いていきます。



左側に向いたラケット面でボールに接するとボールの右側を触りやすくスライスサーブを打つことができます。



□外側フレームから入るために意識すること

①イースタングリップやコンチネンタルグリップの包丁握りでラケットを握ること
②小指からチョップをするように手を動かしていくこと
③打点の位置は身体の右斜め上側で捉えること



特に小指からチョップするように手を動かしチョップをするようにボールを打ちにいくとフレームから打ちやすくなりスライスサーブを打つことができます。


【スライスサーブの動画はこちら】
※スライスサーブの動画はこちら



【サーブ関連の記事】
トスの高さについて
サーブのテイクバック時について(左手)
サーブが入らない主な原因について
サーブのオーバーフォルトの原因について
サーブの指導動画について(YouTube)
フラットドライブサーブの打ち方について



以上となります。
最後までご覧頂きありがとうございました。



↓↓↓お知らせです↓↓↓

LINE@始めました!上達できる情報やレッスンのクーポン等をお届けします(^^)宜しければ是非ご登録のほどお願いします。
友だち追加


■テニスビズ
4時間レッスンの日程をアップしました。
テニスビズHPサイトはこちら
■アップルテニスクラブ
プレーヤーズクラス、テーマ別クラスの日程アップしました。
アップルテニスクラブのHPはこちら
■メルマガ発行しています!
花木俊介のメルマガ 読者登録お待ちしております!



テニスランキングへ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ■レッスンレポ ラケットヘッ... | トップ | ■フィジカル 姿勢とテニスの... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (enoeno)
2019-03-01 22:29:40
片手バックハンドの質問への解答ありがとうございます。
スライスの質問ではないのですが、両サイドともセンターにコントロールするのが苦手です。
どこに注意して打ち分けしていますか。
Unknown (syunteni)
2019-03-02 19:54:51
コメントいただきありがとうございます。

スライスサーブをセンターへ打つ時は、左肩が左方向へながれていかないようボールを捉えてからフォロースルー時に胸を動かさない(胸の向きを右方向へ残して打ち終わる)

ことを意識しています。

身体の開きを抑えることでセンターへ打つことができますので練習してみてくださいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

サーブ・リターン」カテゴリの最新記事