〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

練習、大会結果、トレーニング等の気付いたを投稿していきます(^_^)

■身体感覚 力みを抜くためには、筋肉を揺することで力みが抜けていきます 〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

2018-02-12 07:00:45 | 身体操作・感覚
トップページ>身体操作・感覚





おはようございます!
テニスコーチの花木です。


今日は、


身体感覚
力みを抜くためには、筋肉を揺することで力みが抜けていきます



という解説になります。


力みを抜いたスイング動作やショットは打球感覚が柔らかくボールを打っていても心地の良い感じです。


力みを抜いていくためには、筋肉を揺すったりさすったりすることで力み抜くことができます。


基本的に力みというのは、グリップを強く握りしめたときに肘や手首の周りの筋肉が硬くなる状態です。


力みを抜いてスイングをしたりボールを打つためにもグリップを握る力は緩め普段から筋肉を揺らす意識を持ち続けていくことで力みを抜いたスイング動作をすることができます。


※動画はこちら


上記の動画を見て頂くとわかりますが、サーブやリターンのレディポジション時に肘から手首を揺する(揺らす)ことで力みを抜いたスイング動作をとることができます。


普段の練習から筋肉を揺する習慣を入れ力みを抜いたプレーを行ってみて下さいね。



以上となります。
最後までご覧頂きありがとうございました。




↓↓↓お知らせです↓↓↓

LINE@始めました!上達できる情報やレッスンのクーポン等をお届けします(^^)宜しければ是非ご登録のほどお願いします。
友だち追加


■テニスビズ
4時間レッスンの日程をアップしました。
テニスビズHPサイトはこちら
■アップルテニスクラブ
プレーヤーズクラス、テーマ別クラスの日程アップしました。
アップルテニスクラブのHPはこちら
■メルマガ発行しています!
花木俊介のメルマガ 読者登録お待ちしております!



テニスランキングへ


『テニス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ■片手打ちバックボレー 基本... | トップ | ■フォアハンドストローク 「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

身体操作・感覚」カテゴリの最新記事