〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

練習、大会結果、トレーニング等の気付いたを投稿していきます(^_^)

■フォアハンドストローク アプローチショットのポイント①「ジャンプをしながらボールを捉える」〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

2019-08-13 07:00:27 | フォアハンドストローク
トップページ>フォアハンドストローク




おはようございます!
テニスコーチの花木です。



今回の投稿は、


■フォアハンドストローク
アプローチショットのポイント①
「ジャンプをしながらボールを捉える」




という投稿になります。


■解説
ポイント①「ジャンプをしながらボールを捉える」



ジャンプをしながらボールを捉えることで

【効果】



①上への重心移動で回転量が増える
ボールを捉えながらジャンプ動作を行うことで基本的な重心移動は下から上になります。その為、ボールを捉える瞬間のラケットワークは下から上への運動となりスピン回転が増えバックアウトが軽減されます。


②身体の開きを抑えることができる
ジャンプ動作がなく後ろから前への運動となると身体が前を向くタイミングが早くなりラケット面が下を向きやすくネットミスの原因になります。ジャンプ動作を入れることで前を向くタイミングが遅くなり身体の開きを抑えたフォームになり安定したアプローチショットを打つことができます。


③姿勢(バランス)が良くなる
ジャンプ動作が入ると背筋や腹筋は上へと伸び上がります。この時の姿勢は良く直立になりバランスの乱れがなくなっていきます。上体を起こしていくためにもジャンプ動作を意識してみて下さい。


■ジャンプ動作で意識すること
「ジャンプを入れるタイミングはボールを捉える瞬間から後にかけて」


ジャンプを入れるタイミングが早いと身体の開きが早くなりボールの上からラケットが入りネットミスの原因になります。

ボールを捉える瞬間から後にかけてジャンプ動作を入れていくと身体の突っ込みや開きを抑えることができるので安定していきます。



■動画
※動画はこちら



以上となります。
最後までご覧頂きありがとうございました。



↓↓↓お知らせです↓↓↓

LINE@始めました!上達できる情報やレッスンのクーポン等をお届けします(^^)宜しければ是非ご登録のほどお願いします。
友だち追加


■テニスビズ
単発制テニスビズレッスンの日程を公開しました。
テニスビズHPサイトはこちら
■アップルテニスクラブ
プレーヤーズクラス、テーマ別クラスの日程アップしました。
アップルテニスクラブのHPはこちら
■メルマガ発行しています!
花木俊介のメルマガ 読者登録お待ちしております!



テニスランキングへ
コメント   この記事についてブログを書く
« ■サーブ スライスサーブのポ... | トップ | ■フィジカル 姿勢とテニスの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フォアハンドストローク」カテゴリの最新記事