〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

練習、大会結果、トレーニング等の気付いたを投稿していきます(^_^)

■レディポジション 手元の力みが抜けるレディポジションについて 〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

2019-06-12 07:00:29 | レディポジション(構え)
トップページ>レディポジション(構え)



おはようございます!
テニスコーチの花木です。


今日は、


レディポジション
手元の力みが抜けるレディポジションについて



という解説になります。



手元の力みが抜けるレディポジションは、
左手でラケットを立たせることで右手首の力みが抜け手首への負担が軽減されます。



レディポジション時に左手でラケットの重さを感じラケットを支えることが大事になります。

また、左手でラケットを持つレディポジションは右手よりも左手の方が高い位置にあるため姿勢を起こしやすく腰への負担が軽減されるのも効果の一つです。




※注意点
「ラケットヘッドが落ちたテイクバックは右手首に負担がかかる」


左手のテイクバックがなくなるとラケットをが落ち右手首に負担がかかります。

力みが入ってストロークやボレーを打っている大半の方がラケットヘッドが落ち右手に力みを持っています。



左手でラケットを持ち右手首に負担がかからないように注意してレディポジションを作っていって下さいね。



以上となります。
最後までご覧頂きありがとうございました。



■テニスビズ
4時間レッスンの日程をアップしました。
テニスビズHPサイトはこちら
■アップルテニスクラブ
プレーヤーズクラス、テーマ別クラスの日程アップしました。
アップルテニスクラブのHPはこちら
■メルマガ発行しています!
花木俊介のメルマガ 読者登録お待ちしております!



テニスランキングへ
コメント   この記事についてブログを書く
« ■ボレー ボレーの解説と動画... | トップ | ■チャンスボール 「ボールへ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レディポジション(構え)」カテゴリの最新記事