〜才能がない人でも上達できるテニスブログ〜

練習、大会結果、トレーニング等の気付いたを投稿していきます(^_^)

「体幹部で打つ」とはどういうことなのか?

2019-08-11 07:00:23 | 身体操作・感覚
トップページ>身体操作・感覚




おはようございます!
テニスコーチの花木です(^^)


今日は、


「体幹部で打つ」とはどういうことなのか?


というお話。



「体幹を使って打ちましょう」


というアドバイスがあります。


確かに「体幹」を使って打つことは大事ですが、そもそも


「体幹で打つ」


ということなんでしょうか?


実際に体幹というのは、体の中心部にあたり胸、肋骨、腹筋、背筋のことを言います。
※要は、手や足、頭以外の部位です。




体幹で打つというのは、胸や肋骨、腹筋、背筋で打つことを体幹で打つということになります。


「肋骨や腹筋、背筋で打つ」


ということになりますが、実際に上記の部位で打つためには、腕周りの力を抜いていくことで体幹部を意識しやなります。


また他にも


・背筋を伸ばして背中に感覚(力)を入れる
・胸を軽く張り肋骨を持ち上げる
・骨盤(お尻側)を上へ持ち上げる



ことで体幹部に意識、力を入れやすくなり体幹部で打つということに繋がっていきます。


腕周りの力感が入ってしまうことで、体幹部への意識は薄れ、腕や手に力感が入る「手打ち」と呼ばれる腕で打つフォームになってしまいます。


腕や手は、身体の中でも小さい部位となるので疲労度が早く怪我にも繋がります。


体幹部は、腕や手に比べて大きい部位となりその大きい部位でボールを打つことになればパワーはでます。


体幹部の使い方は、過去の記事にも掲載していますので良ければみて下さいね(^^)

例えばこんな記事です。


以上となります。
最後までご覧頂きありがとうございました。


↓↓↓お知らせです↓↓↓

LINE@始めました!上達できる情報やレッスンのクーポン等をお届けします(^^)宜しければ是非ご登録のほどお願いします。
友だち追加


■テニスビズ
4時間レッスンの日程をアップしました。
テニスビズHPサイトはこちら
■アップルテニスクラブ
プレーヤーズクラス、テーマ別クラスの日程アップしました。
アップルテニスクラブのHPはこちら
■メルマガ発行しています!
花木俊介のメルマガ 読者登録お待ちしております!



テニスランキングへ
コメント   この記事についてブログを書く
« ■フットワーク スプリットス... | トップ | ■サーブ スライスサーブのポ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

身体操作・感覚」カテゴリの最新記事