マダム春双の算命学

算命学とは誕生日をもとにした中国の占星術です。
ご自分の宿命を知ると生き易くなりますよ。

鑑定後記 №24の②

2017-06-15 16:08:36 | 鑑定後記
 さて、先日はこの記事を書かせてもらおうと思っておりました。

 鑑定の時に生年月日を間違う時があります。
それはもうお互いに(#^.^#)
でも面白いのです。
例えば間違った生年月日で鑑定を送らせてもらって、
こちらも鑑定をさせてもらいながら『なんか違う。』と思うのです。
例えば天中殺を間違ってしまって、
それだけならまだしも、
宿命中殺だったりすると全然違ってきます。
つい『この方があなたらしいわね。』
なんて間違えてしまって言い放つ始末。
そしてお相手からも、
『こっちの方が私です。』なんて言われます。

 また、勘違いの生年月日で鑑定してしまい、
『すごく納得しました。』
そう言って頂いてから、
『あの~すみません、1年違いました。』
そう申し訳なさそう~におっしゃっても、
納得されたなら、コアな部分は間違っていないのです。
生年月日が違っても、
天中殺が同じでで宿命中殺があってエネルギーの大きさが同じ等です。

『生年月日は嘘をつかない。』とはよく言いますが、
鑑定板も嘘をつかないのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鑑定後記 №24 | トップ | マダムのひとりごと №181 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鑑定後記」カテゴリの最新記事

算命学 お稽古

 グループレッスン2期生の募集は終了いたしました。お問い合わせありがとうございます。 次回は10月からの第3期生を募集させて頂きます。 まずは自分で鑑定版を書けるようになりましょう。これが書けないと勉強がいつかどこか必ず止まります。 お問い合わせは下記までよろしくお願いします。 syunsou@mail.goo.ne.jp (こちらは入力して下さいね)

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フェイスブック始めました

https://www.facebook.com/m.syunsou/

バックナンバー