高麗橋桜花 徒然日記ー料理人はどこまでできるのか ー

「高麗橋桜花」店主・「大阪食文化研究所」主宰森田龍彦のブログです。どうぞご贔屓にお願い申し上ます。

6月12日のつれづれ。

2013-06-12 | インポート
6月12日のつれづれ。
梅雨??? 今週は前半にピーク??。。
今日からまだまだ席に余裕がございますので、よろしくお願いします!!
昨日のおまかせより鮎の塩焼き(画質が悪くて残念、、地味に新しい器に盛っていました。決してこのために買ったわけではありません、、たぶん。。) 鮎、苦手だけど美味しいとか、今まで食べた中で一番美味しいと言ってもらえることも。もちろん、そうじゃない人もいてるはずでして、、、。 味はもちろんですが、やはり盛り付けも大切でして。見ため9割。 否定したいけれど、意識はしないといけない。

あるお客さまからのリクエスト、めっちゃまずそうな見た目なのに、めっちゃ美味しい料理。さて、どうしようかなーー。。
あっ、、ご来店お待ちしておりまーす!!

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 6月9日のつれづれ。 | トップ | 6月13日のつれづれ。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とてもおいしそうですよ! (八木敬蔵)
2013-06-13 09:31:18
とてもおいしそうですよ!
親方が朝4時起きして、ゲットしてきた清流のかおりがします。
一緒に鮎つりに出かけたわけでは有りませんが、渓流の清らかな風景が料理から感じられます。
ちょっとほめ過ぎ?かも?ね!ネ!
八木先生 (森田龍彦)
2013-06-13 17:06:37
八木先生

いやはや、恐縮です。

このようにソースのようなものを使うなら、下地はやはりシンプルなものでないといけないとなりました。
お教え頂いた模様を何度も試したのですがなかなかうまく行かず、たまたま試してみたら案外うまくいきました。

とはいえ、まだまだでございます。

どうぞ今後ともご指導、宜しくお願いいたします!!

コメントを投稿