高麗橋桜花 徒然日記ー料理人はどこまでできるのか ー

「高麗橋桜花」店主・「大阪食文化研究所」主宰森田龍彦のブログです。どうぞご贔屓にお願い申し上ます。

3月9日のつれづれ。

2019-03-09 | 日記
春の献立はなぜか毎年苦戦します。

春を迎える高揚感、春を感じる華やかさ、
春を愛でる愛おしさ。
器も冬のどっぷりとしたものから優しい色合いものに。

ほんとようやくですが
桜花 弥生のお料理がスタートしました。
自分なりにいろいろと挑戦した献立です。

美味しさももちろんですが、
その先の風情・遊び心を感じてもらえたらと
思っております。

皆様のお越しを心よりお待ちしておりまーす。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ジョーラク桜花 古典芸能の... | トップ | 3月15日のつれづれ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿