気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

トウモロコシなら森町特産の“甘々娘”

2016-06-09 19:54:51 | ふるさと紹介
 昨日に引き続きトウモロコシの話題です。
 遠州森町を流れる2級河川の太田川西岸一帯は広大なトウモロコシ畑が続いています。(上の小画像)
 特にこの時期、昨日の報でもご紹介しましたように、実が黄色と白が混ざった種類の”甘々娘”が甘みとシャキッとした食感で人気を馳せています。(7月に入ると種類が“甘太郎”に変わります)

 生産者の中でも私が長年分けていただいているのが森町飯田の「倉嶋農園」さん。まずその倉嶋農園さんのトウモロコシ畑と、畑で実を付けている様子を撮影させていただきましたので画像でご紹介いたします。

   
(上の小画像とともに、広大に広がる農園には先が見えないぐらい広いトウモロコシ畑が続いていました)

   
     (今収穫を迎えている付近には桃太郎旗がたなびき、畝もきれいに整備されていました)

   
           (さらに近づき、これがトウモロコシの生っている風景です。)

       
        (このトウモロコシ「甘々娘」をむくと黄色と白の混じった大粒の実が現れました。)


 そして、このトウモロコシ、倉嶋農園さんでは現地(自宅工場)販売と、通信販売で愛好家に届けられています。

   
 (茶工場を兼ねた作業現場と、大きさなど販売や発送用の作業に精を出す農園の皆さんの作業風景)

 ここで現地にに赴けない皆さんに、同農園で行っている通信販売をご案内しますから、連絡をしてみて下さい。私が長年取引している農園で良心的ですから安心して申し込んで下さい。

 ◆トウモロコシ(甘々娘) 1箱(10~12本入り)税込で2,160円。これに地域別の送料がかかります。(参考・県内は540円)

申し込み先の電話番号は、0538-48-7526  (静岡県周智郡森町飯田2588-1 倉嶋農園さん)です。

 ☆「甘々娘」は6月下旬まで。7月初旬から中旬までは「甘太郎」に変わるとのことです。

コメント   この記事についてブログを書く
« “ かんかん娘 ” ってどんな娘... | トップ | JR浜松駅構内のお店 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ふるさと紹介」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事