気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

JRの駅「舞阪駅」

2011-04-25 15:19:08 | 鉄道風景
 東海道本線舞阪駅は、浜松市西区馬郡町にあり、明治21年に「馬郡駅」名で開業。3か月後に「舞坂駅」に改称、さらに昭和15年に現在名の「舞阪駅」となった。
 平成15年に当時の「浜名湖花博」に併せ駅舎が改築され現在に至る。
 その駅舎は、画像のように、南北自由通路のコンコースもつ橋上駅となり、近代的モダンな建物となり明るい雰囲気を持っています。
 北口には浜名湖花博会場への連絡バス用に広場が整備され広々としています。
 小画像は北口から見たホームと橋上駅舎。

  
     舞阪駅南口風景。                   橋上の南北自由通路と改札(右側)。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 浜名湖ガーデンパーク:花の... | トップ | 茶摘み始まる。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-10-28 17:29:55
20世紀の頃は、南口だけであり、しかも小道という狭い道を通らなければ辿りつけなかったほど不便でした。しかも周辺は、ゴミゴミしていて、降りてもつまらないほどでした。橋上化して、北口も開設されてから雄踏地区に行きやすくなりました。イオンモール行きのバスも出ました。浜名湖大橋も無料になって、舘山寺に行きやすくなりました。

コメントを投稿

鉄道風景」カテゴリの最新記事