気ままな趣味の散歩道

趣味にまつわる話題を、デジカメ画像などを活用し郷土の写真、菜園と園芸、郵趣、版画と年賀状などを紹介してまいります。

乗っ取られた温室の枠

2019-10-15 09:04:13 | 家庭菜園と園芸

 と言ってもビニール温室の枠組みのことです。

 ビニール温室は夏場はビニールが劣化してしまうので取り外しますが、そこに目を付けたのがツルアズキです。

 ツルアズキは、普通の小豆よりも小粒で、赤飯や加工して和菓子の材料ともなるというが、近年栽培は少ないようです。 

      (乗っ取られたビニール温室の枠組み)

 

 妻がどこからかいただいた種を畑の隅(ビニール温室の横あたり)に植えました。

 その1本が、ジャックと豆の木のように伸び始め、ビニール温室を占領してしまいました。

  わずか1本の茎。根元は木のように太く硬くなっています。

     ツルは四方に、枠全体に広がり、何重にも巻きついています。

      ツルの先には幾重にも莢がついています。

   それが実ると莢が茶色くなり、連日収穫が続いています。

  ある程度の収穫が終わるまで、温室のビニール掛けはできません。

   仕方がないので(?)収穫を優先しています。

   

    左:収穫したさや。実は自らはでたり、簡単にさやから外れます。

   右:収穫した小さめの小豆。(かなりの量になりそうです)

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 新野のカカシまつり・御前崎... | トップ | コスモス街道と秋の祭典 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園と園芸」カテゴリの最新記事