風の軌跡~All for FREIHEIT~

ようこそ我が城へ。城主のLaplaceツバサです。特におもてなしもできませんが、後ゆるりとおくつろぎください。

CR-Zの簡単プラグ交換

2019-08-15 17:52:11 | CR-Z

前回のプラグ交換から、交換推奨距離を1万キロも越えてしまい、
加速レスポンスやパワーダウン感が否めなくなってしまったため、この度プラグ交換に挑戦してみる。

プラグは前回と同じイリウェイ7

シリンダーヘッドが露出していないCR-Zのプラグ交換の仕方について、二通りのやり方が存在する。

一つは、シリンダーヘッド部にあるサージタンクを外して行う方法。
もう一つはサージタンク上のカウルトップを外して行う方法だ。

どちらも目的は「作業スペースの確保」なのだが、調べてみるとそれらを外さず行う方法もあるようだ(?)

CR-Zのイグニッションコイルは写真のように、サージタンクとカウルトップの隙間からアクセスできるのだが、作業スペースがとても狭い。

外さず行う方法というのが、「この狭い隙間で何とか作業する」というものだ。

幸い手が細いので、試しに手を突っ込んでみたら割りと何とかなりそうなため、今回はそのやり方で作業してみる。

手を突っ込んでなんとかイグニッションコイルを外し、
その穴にプラグソケットを装着したエクステンションを差し込む。(ラチェットハンドルを装着したままでは入らない)

エクステンションは150mmでご覧の飛び出具合。

エクステンションにラチェットハンドルを装着し、プラグを緩める。
トルクが余りかからないくらいまで緩めたらハンドルを外し、後は手回しで緩めてプラグを摘出する。

2万キロが交換時期なのに対し、3万キロ使ったプラグだが、見た目的にはそんなに消耗してるように見えない・・?

ソケットに新しいプラグを装着し、先ほどとは逆の手順で装着して行く。

イグニッションコイルに装着してあった前オーナーのアーシングはこの際に取っ払ってやったZe☆

作業は思いのほか短時間で終わった。
これくらいの手軽さなら気が向いたときにできるね!(^ω^)
(ただし、手はキズだらけで血まみれに!!w)

早速試走しにいつもの音パまでやってきたのだが、

まずアクセル踏み初めからトルク感が全然違う!!

そして吹け上がりも見違えるように!!!

やっぱプラグ交換ってフィーリングを求めるならちゃんと変えないとダメね。
うれしくてまた走り回ってしまう・・・!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NGKイリジウムプラグ【正規品】 IRIWAY7 ポンチカシメ (4558)★
価格:1184円(税込、送料別) (2019/8/15時点)

楽天で購入

 


最新の画像もっと見る

コメントを投稿