シュージローのマイルーム本店ミラー版goo支店

トラバ機能がある&体力が続く限り、なんとかやっていこうと思います!!

これはゾンビですか? OF THE DEAD 第9話『ああ、マイダーリンはロクデナシ』

2012年05月31日 | これはゾンビですか?シリーズ

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5143.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 クリスの弱点の情報を知った歩は早速、大先生のところに電話を入れて猛抗議!!
 確かに、脇腹こちょこちょができる相手だったら気苦労しませんわな。
 でも、そんな怪物みたいなクリスに勝利したという人がいるというのだ!!!
 1人は、ヴィリエの女王。
 もう1人は、セブンスアビスの夜の王。
 そしてもう1人―― それは、人間界にいる最強の冥界人 だというのだ!!!

 大先生より伝えられた情報は、すぐさまセラたちにご報告。
 ユーの話では、その者の名は ネグレリア という人物。
 かつては、セブンスアビスの一員にしてユーの仲間だった女性で、
 ヴィリエでは『S級メガロ』と呼ばれた程の実力者だそうで、さすがのハルナもビックリ仰天。
 AAA級は『魔装少女数人分必要のレベル』だけど、S級は『魔装少女が何人いても勝てない』という伝説級の強さだそうな。

 昔、ヴィリエの大群から冥界を守る為、まだまだ普通の少女だったユーの元に自らの意志で集結したセブンスアビス。
 そして、ヴィリエの魔装少女の精鋭たちが冥界の居城に攻め入り始めた頃、そのうちの1人であるネグレリアは、盟約を果たす為、城に攻め入る魔装少女たちに戦いを挑んでいったという。
 その頃は、今みたいにメガロシステムが確立しておらず、彼女1人の力で、魔装少女を退けていたそうだ。

 歩には知らなかった、ヴィリエと冥界の関係。
 それを知った今なら、ハルナとユーが問題なく同居しているという光景は異常そのもの。
 でも、ハルナには、そんな敵対関係なんか問題ない上に関係ないし、自分たちは『今』を生きてるのだからと、ユーと一緒に無問題を強調しました。
 しかもそれだけでなく、ユーのガンドレットは、ネグレリアが造ってくれたそうで、彼女が人間界にいるなら、アンダーソンを通せば逢えるそうな。

 そこで、放課後にアンダーソンに相談をしたんですが、けっこうな驚き様。
 覚悟があるのかとか、犠牲者は少ない方がいいとか、何があっても呼ぶなとか、まるで自分はこの件に絶対関わりたくないかの様に酷く怯えている様子で語りまして、一方的に『跡でメールする』と言い残して帰宅の途につきました。
 あんな姿のアンダーソンの姿を初めて見た歩。
 そこへサラスがやってきまして、今度の日曜日にライブがあるので来る様にと求められ、チケットを手渡される。
 歩はすぐさま、チケット代を出そうとしますが、サラスはチケット代として、お金より 彼が飲んでたコーヒー牛乳 をご希望。
 このままでは、自分との間接キスになるだろうと驚く歩だけど、サラスはそれがしたいと愛らしく求める。
 しかも、マイダーリン のおまけつき♪
 この愛らしいサラスの姿に、テレながらもライブに行く事を約束しちゃった歩。
 サラスも、初めての歩との約束に嬉しかったみたいで、立ち去る際、私は嬉しいぞ と一度踵を返しながらそう告白してから、そのまま先の方へと走り去って行きました♪
 これには歩も驚いたみたいで、サラスもああいう顔をするんだと実感するのでありました――。


 続きはこちらへ!!!

コメント

夏色キセキ 第8話『ゆううつフォートリップス』

2012年05月30日 | TBS/MBS深夜アニメ

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5142.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 8月16日の朝。
 引越しの為の荷物もだいぶ片付いた自分が住んでる部屋にいる紗季。
 母親は、今から市役所に手続きをしに向かうそうで、紗季も一緒に行こうとするが、今までは向こうからの誘いだったので、たまには紗季の方から誘ってみてはどうかとアドバイスしてから、自分で市役所へ向かう。
 紗季も言うとおりにして、夏海・優香・凛子に遊びの誘いのメールを送信しようとするが、これではいつものパターンと違うとばかりに送信中止をしてしまい、逆に優香が何かやらかさないかと物騒ご希望発言!!!
 そんな折、夏海から電話が入りまして、突如の興奮交じりで、優香から電話があったかと訊ねてくる。
 無論、何も聞いてない紗季だが、すると自分の部屋にいる夏海が姿を現し、そのままのテンションで告げる。
 みんなで旅行、行こう!!!


 そんな訳で、いつものローソンの前で集まった4人。
 ところが、肝心の旅行先が決まってなかった のだ!!!!
 優香は、バリ島や沖縄へレッツゴーと要望を言うも、夏海はパスポート持ってないし、凛子も飛行機が恐いと拒否態勢。
 待て待て、それ以前に、資金が問題だろ!!!!
 当然、紗季がそこにツッコミ入れまして、北斗星とかの夜行列車では高くつくなどなど、的確な指摘を申しまくり。
 優香からしたら、単なる文句にしか聞こえないので、紗季ならどこに行くかと質問。
 彼女は どこでもOK だった。
 このままでは企画倒れになるのは必至。
 夏海は、京都はどうかと答えるが、それでは修学旅行だ と優香がツッコミを入れる。
 しっかし、紗季の場合……2学期から下田にもういないので、夏海たちと修学旅行は不可能なのだ。
 当然、その時だけ戻ってくるというのもありえない話。
 このままでは、旅行の行き先が決まらずって事で、紗季も帰宅の途につき始めてしまう。
 思いっきり企画倒れどころか、場の空気が非常に険悪な雰囲気に――。
 その時、夏海が 東京 とポツリと呟く。
 すると思いついた様に、紗季がこれから行く場所を知りたい と言い出しまして、優香も凛子も同調。
 まさに、4人で修学旅行 という夢の企画♪
 どこを巡ろうかと、もう憧れの気持ちでまくりで話し合う3人に対し、紗季は超困惑状態に。
 なぜなら、紗季が転校する場所は、衝撃的なところだった!!
 東京は東京だけど、あくまで東京都の範囲内。
 なんと、東京の竹芝から船で11時間もかかる島 だったのだ。


 続きはこちらへ!!!

コメント

アクセルワールド 第8話『Temptation:誘惑』

2012年05月29日 | アクセルワールド

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5141.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 いっきなり、アバンから流血展開 を繰り広げる、ブタアバターのハルユキ。
 しかも内容も、巨砲な拳銃の弾丸をこの状態でかわしていくという、かなり荒々しすぎるもの。
 どうやらこれ、自分がもっと早く&強くなる為の特訓 でして、あまりの拳銃の弾丸の速さに、ブタアバターのハルユキの右耳は流血&負傷をしてしまう。
 もちろん、リアルでケガをしてないので支障はほぼないみたいですが、痛覚はかなりリアルであります!!
 あの人のパートナーであり続ける為に!!!


 そもそも、ハルユキがこういう荒々しすぎる特訓をしてるのは、ある一戦からだった。
 今度の土曜に 領土戦 という、毎週この曜日の夕方に設けられているレギオンによるエリアの支配権をかけた死闘が開催されまして、その戦いも、レベル不要の同数対決で平均勝率50%を維持しなければならないというシビアかつハードな戦いで領土が決定するというのだ。
 その為に向けての、タクム・黒雪姫・ハルユキの3人でブレインバーストの戦いを行っていたが、必勝パターンの一角として、タクムたちがしんがりを勤めてる間に、ハルユキが上空から一気に敵のフットフォールドを潰そうとするが、途中の林に潜んでいた狙撃手バーストリンカーに狙撃されてしまい、片翼を撃ち抜かれて破壊されるという不覚をとったのだ。
 狙撃手からしたら、飛行タイプの特性に慣れたら、狙いやすい的にすぎない という。

 そんな不覚を取られたハルユキは、同じ失態を犯さない様に&今後の対空射撃に対抗できる速度を得ようと、こういう荒々しすぎる特訓を行うのですが、やは り上限の痛覚ダメージがリアルに受けてしまうというムチャすぎるアプリや違法パッチをあててまでのやり方には、かなり焦ってるのがありありと伝わってま す。
 その為、拳銃の特訓の最中、あまりの激痛に、強制リンクアウトしてリアルに戻ってしまいました。
 しかも、便器の上から転落してしまっては悲鳴を上げてしまい、偶然ながら通りかかったチユリに発見されてしまう。

 夕方頃、タクム&チユリと一緒に下校をするハルユキ。
 最初の頃は、飛行発動=無敵だったのが、レベル4になってからは停滞気味&ネガ・ネビュラスの領土拡大も全然進行してないという苦境に陥っているのも要因の1つになってるみたいで、このままでは、飛行能力を封じられたシルバークロウは、ただの打たれ弱い近接戦闘型でしかないのも当然の結果です!!!
 焦るハルユキに、タクムは焦らずにゆっくりととアドバイス。
 でも、ハルユキとタクムの今の会話を聞いて、かなり面白くないのがチユリ。
 バラバラだった3人が、子供の頃みたいに一緒に登下校できる様になったにも関わらず、自分そっちのけでブレインバーストについての会話ばかりで、かなりご機嫌斜め状態であります。
 そんな彼女のご機嫌取りの為に、レベルの高いアイスを求められる2人。
 こりゃあ、いろんな意味で大変そうっすね、資金も含めて(ToT)


 続きはこちらへ!!!

コメント

つり球 第7話『切なくてカウントダウン』

2012年05月28日 | ノイタミナアニメ

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5140.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 バイトで得た金で、自分の釣り道具を購入しようとするユキ。
 だっけど、それぞれの道具の値段を聞くと、なかなかすぎるお値段!!
 ロットやキャップなど色々と購入して、値段は 102,500円 と相成りました♪
 当然、ビックリ仰天のユキですが、海咲は彼の為に 10万ポッキリ のオマケ☆彡
 海咲さん、なかなかの商売上手っす(≧▽≦)♪

 おかげさまで、この購入でバイト代のほとんどはトンでもうたが、それでも自分の道具が手にできた上に、タックルを組む事もできると喜びひとしおのユキ。
 ところがハルの方はと言えば、なぜか元気なし。
 その上、釣りをしない宣言 を行っちゃいました!!!
 これに一番動揺したのが、来店してたアキラの方。
 しかも、釣りってダサいからとか、海は危険だからとか、とにかくユキをこの道に無理やり誘い込んだ当人とはとても思えないくらいの豹変ぶりで、ついには、釣り禁止と言って、ユキが手にしたルアーを没収する暴挙まで敢行。
 誰がどう見ても、ハルの態度が明らかにおかしい というのは明白だった。


 ハルのご乱行も含めたいきさつを、ダッグの本部に報告するアキラ。
 地球各地で起こっているバミューダーシンドロームが異性人の仕業で、JF1として認定されてるハルはその同族だという事を、自分の目で見た見解からの報告を行うものの、向こうからしたら、アキラの目ではなくて、映像とかに収めてるのかといった証拠があるのかと返答するのは当然。
 しかも向こうからしたら、なぜ一緒に釣りをしてるのか と逆に尋問するのも仕方なしで、アキラはハルの監視の為だと報告するけど、それでも本部の方は、疑いを持ってるみたい。
 報告はこれにて終了するが、アキラのイライラはますます深まるばかり。
 ちょっとばかし、本部とアキラ側の対立が深まってきてる気がしましたな。

 夕方、丘の庭から海を眺めるハルだけど、海の向こうに浮かんでる紫のトライアングルを見て、なにか怖がってる様子だ。
 そして、家の中でケイトの手伝いをしながら親しく話し込んでるユキの姿を見て、胸のキューンがより強まってる感じだった。


 続きはこちらへ!!!

コメント

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第7話『信念』

2012年05月27日 | その他アニメ2012

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5139.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 宥・憧の活躍もあって、なんとか2位に浮上できた阿知賀女子。
 そして副将は、部長の灼。
 祖母のボーリング場の手伝いをしている事もあって、右手にボーリング用の手袋着用っす☆彡
 もっちろん、憧以上に得点を稼いだセーラも控え室に帰還&原作同様、1カットでシャツと半ズボン姿へのお着替え完了。

 副将戦の前、椅子に座った灼は、全国大会へ出発する前の日の夜の事を思い出す。
 祖母は、お店のボーリングは、週末は従妹の子がやってくれて、平日は自分がやるという事になりまして、孫の灼も少し心配気味。
 しかも、優勝してきていいよとエールまで送りまして、灼が幼い頃に、赤土が全国大会に出場した際の試合を無我夢中で視聴していた事や赤土が敗北した後に大号泣していた事の思い出もしっかり覚えてました。
 無論、県予選の模様も視聴済みで、祖母からの言葉に、灼もつい「努力する」と答えました。


 それを胸に、越谷女子の宇津木玉子・劔谷の森垣友香・そして千里山の船久保もそれぞれの席に着席し、ついに副将戦開始!!!
 さすがに、越谷女子の玉子の両目は、アニメでは普通のに書き換えましたね。
 原作での王子の瞳は 靴跡みたい だったもので(>▽<)
 
 船久保のデータでは、劔谷の1年生である友香と上級生3人がおかしい中で傾向と分析ができてない灼に注意を払ってます。
 越谷女子の玉子は、あの自信満々そうな態度を見て、眼中除外 みたいな態度でしたし。
 それは当然、千里山の者たちも同様で、逆に5試合程度で傾向が見えてしまう玄と宥の方が異常と認知しつつも、船久保が相手の分析に集中してしまう事にも危惧を覚えてました。

 同じ頃、劔谷の方も、3位で友香にバトンタッチしてしまった事を、なぜか謝罪してました。
 その劔谷はといえば、なんでか茶道部も一緒に麻雀プレイもやってました。 
 お茶を嗜んでるすぐ向かいで、正座をしながらの麻雀プレイというのはどうかと思うぞ!!!
 友香は 帰国子女 らしく、自分の部に馴染めるかどうか不安に感じてましたが、部長の梢だけは、友香が馴染めるかよりも、今よりも前に進む為に自分たちの方が友香と馴染めるかという部分に目を向けていて、ただ伝統だけを守ってればいいかどうかと思ってました。
 ―――― ってか、原作にはまったくないオリジナル部分、乙すぎっす!!!
 原作では、ほかのところ同様、晩成高校以下の扱いを受けてたんですが、まさか劔谷もアニメでは恵まれ組とは思わなかった!!!

 そんな折、ここで、親である友香がリーチ!
 3向聴の船久保・チー一発消しの玉子で応戦するものの、次の瞬間、友香が親倍の8000オールのツモが炸裂してしまい、一気に劔谷が阿知賀女子を抜いて2位に浮上してしまう。
 灼もこの流れを まずい!と感じ、必死に抜き返そうとするも、結局、4400点アップしかできず。
 2位となった劔谷は、友香が 23200点の荒稼ぎ により、3位の阿知賀女子とは 3600点差 をつける!!!

 副将戦が終わり、改めて灼の牌譜を見つめる船久保。
 それでも、灼の打ち方を完全に把握すらできずじまいでして、控え室に帰還してから、急いで牌譜を調べたりしながら、より一層の調査をしてみたい素材としてロックオンしました。


 続きはこちらへ!!!

コメント

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第132話『星空の鍵』

2012年05月26日 | フェアリーテイル

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5138.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 レギオン隊との第一戦が終わったフェアリーテイルの面々。
 ギルダーツから敵の正体を知らされたギルドの面々は、驚きを隠せない様子。
 ゼントピア聖誕祭での教会襲撃事件。
 時計の針と不吉なる一節。
 レギオン隊の襲撃や聖戦。
 さすがのマカロフも、未だにわからない事柄が多くて悩んでいた。
 しかも、時計の針に書かれていた『時が刻まれる時、やがて混沌が訪れる』という一節の意味も意味深な様子で、レギオン隊はなにか大きな事をやらかそうとしているのは明白だ。
 だからこそ、かつて絵本の絵にあった時計が本当にあるかもしれないという事、針のほかにも時計の部品があるかもしれない事、そしてレギオン隊が言ってた『聖戦』の意味も含めて、色々と考えてみる事にしました。
 まあ、マカロフが言ってたとおり、どんな自由であっても、ある一定のルールがあってこそ成立する のですがね。

 もちろん、追跡部隊も投入済みだが、どれも敵を見失ったらしい。
 ナツは、ギルドがナメられてるのがそうとう気に喰わない様子で、たとえ相手がフィオーレ最大の教会組織であろうとも、時計の針の奪還するとルーシィに伝える。
 当のルーシィは、自分が弱いばかりに、父親の形見の時計の針を強奪された事をショックに感じていた。
 だけど、いつまでも悩んでる訳にはいかないって事で、敵への100倍返しも含めて決意を固めるのでした。

 同じ頃、シャルルの脳裏には、何かから逃げている老人に、混沌の何かが飲み込もうとする予知が脳裏に浮かぶ。


 続きはこちらへ!!!

コメント

ZETMAN 第8話『普通の家族』

2012年05月25日 | その他アニメ2012

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5135.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。

 戦いが終わり、ジンの自宅の外に出たコウガ。
 すると、出入り口前では、アンダータウンのホームレスたちが待ってまして、命を救われたという事でお礼を述べる。
 後から出てきたジンも名前を訊ねられまして、一緒にご飯を食べようと改めて仲間だと認められたみたいっす。
 だがそこへ、監視者たちが参上しまして、ジンと花子、そして正体を判明されたコウガの3人は、光鎧に呼ばれた事を告げられ、光鎧の元へ赴くことになりました。

 一部始終の映像を見ながら、プレイヤーやジンの事を知りたいと光鎧に語るコウガ。
 長い話になると光鎧は告げるが、彼はそれを覚悟の上で訊ねる――。

 このまま、アマギコーポレーションの医療棟に連行された花子とジン。
 翌日、入院する事になった花子は、ベッドに横になりながら、頭痛が止まらなくていつの間にか意識をなくしてた為に、フナムシの集団が襲い掛かってきたので目を瞑ってた以外は何も覚えてないという事を、監視者の1人に報告する。
 とりあえずは、身体に異常がないし、頭痛が魅せた幻覚かもしれないという訳で、頭痛薬の処方&本日はこの医療棟の一室で休む事になりました。
 報告を行った監視者の1人は部屋から立ち去り、不安な気持ちの花子は、自分が眠るまでいてほしいとばかりにジンの手を力強く握り出してきました。

 マスターに呼ばれてエボルのバーにやってきた灰谷。
 彼は、あのプレイヤーたちを止めに行っただけだし赤いZETは怖いから死にたくないなど、まるで自分は無罪だとばかりの弁論を披露して嘯くのですが、ある程度の情報はすでに入手済みのマスターは、あえて灰谷に向けて踵を返さず、話を聞いていく。
 そこで、赤いZETの能力を見たのかと訊ねるマスターだけど、灰谷は当然の否定。
 だからこそ、ZETは自分に任せてほしいと不敵な笑みを浮かべ、ZETは自分たちの仲間だと告げるのだけど、マスターは、まるでそれは絶対にないとばかりの不気味な表情で灰谷を見つめました。

 一方、アマギコーポレーションの重役室では、コウガと木葉の父親である清造にアルファス計画の事が知られてしまい、仕方なしにすべてを報告せざるを得ない状況に陥った早見。
 コウガの為に行った事だと告げるも、清造からしたら、そんなのは関係もない話。
 なんと、アルファス計画に関するすべてのデータを提供する様に指示を出してきたのだ!!!
 コウガの夢の計画が、ホームレスを下衆の部類と見ている父親の手に渡ってしまうという最悪の事態に―。
 あと、下種と見ているホームレスと木葉の友達の処置だが……前者は、どうせ証言をしても信用する事はないから放置確定となり、後者の方は、昨夜の経緯についての記憶を消去して帰したそうな。

 最悪の事態になり、計画変更を余儀なくされたアルファス計画。
 アマギは日本国の屋台骨になっている状態で、コウガもいずれはコーポレーションの社長となる身。
 だからこそ、彼には、アマギを守る『正義のヒーロー』のままであってほしいと願っている様子だった。

 続きはこちらへ!!!

コメント

これはゾンビですか? OF THE DEAD 第8話『フー、京子ちゃん合コンだゼッ!』

2012年05月24日 | これはゾンビですか?シリーズ

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5134.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 最強の魔装少女クリス。
 彼女は、かつて引き起こしたクーデターの処罰として、女王の呪いで『無個性なオジサン』にされたという。
 そんな事情を、大先生から電話で聞いた歩は、どうやったらハルナの魔力を奪還できるかと質問する。
 だが、大先生を持ってしても、それは難易度高し だというのだ。
 なぜかといえば、実力は大先生でも敵うかどうかわからないから手を出さない方がいい と言う程だからだ!!
 その上、伝えようか迷った結果、獄中の京子がクリスの弱点を知っているという提案をしてきたのを歩に話しまして、彼もそれならばと思っていたら、すでに背後に立ってました( ̄口 ̄;)ギャー!!
 歩でなくても、あの最凶の殺人鬼が背後にいたら悲鳴を上げてしまいますって!!!!!

 そんな訳で、死生を潜り抜けた者同士って事で、自宅内部で話し合いが敢行されるけど、歩を殺した張本人にして、ユーですら敵か味方かわからないとメモ帳で言葉を語る程に警戒をしている様子ですし、セラにいたっては、京子の近くの後ろ側に立って独房で反省したと語る京子の首筋に刃を向けたりと武力行使寸前です!!!
 いくら自主性に任せてるからって、その自主性の為に、歩は殺害されてゾンビ化して蘇ったり、数多の犠牲者も出てしまったのですから、本当にヴィリエの管理体制はどうなってるかって疑問符をセラが抱くのも無理ないっすよ(><)
 まあ、ハルナは、過去に囚われないって言いながら、あれだけの死闘を演じたにも関わらず、ヴィリエの同僚だった京子の事をキレイサッパリと記憶の消去を完成済みな態度でして、しっかり京子に睨まれてしまいました。

 さてさて、なぜ京子がクリスの弱点を知っていると申したかといえば、どうやら今は亡き遊……ではなくて、夜の王がまれに昔を懐かしむかの様にクリスの話を語ったそうだ。
 そこで彼女に、クリスの弱点を聞こうとするものの、交換条件がある というのだ。
 その交換条件とは、歩が京子を楽しませる事!!
 彼女自身、殺人などもろもろの罪状でヴィリエに収監されてから自由すら皆無だったので退屈してたからだそうで、しっかりとハルナとは天地以上の差である巨乳を揺らしまくりながら見せ付けてますぞ!!!
 当然、ハルナは猛反応して激怒するも、自称・天才が敵に魔力を奪われる失態を犯した者は黙れと殺害予告ばりの返答をする京子に言われたら、もはや黙るしかないっすよ。
 乳の差も、1ミリどころか数十センチもある のですから。
 京子からの条件を聞いた歩は、この条件を快諾。
 彼自身、この問題は自分が決着を着けないといけないと思ってたらしく、前に殺人鬼の魔装ゾンビ少女の京子の人生を変えてやると宣言した手前、今回の件は最大のチャンスでもあると思ってるそうです。
 セラも、とりあえずは、歩の言葉を信じると答えるのみでした――。


 続きはこちらへ!!!

コメント   トラックバック (1)

夏色キセキ 第7話『雨にオネガイ』

2012年05月23日 | TBS/MBS深夜アニメ

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5133.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 下田駅に次々と降りていく観光客。
 目的は、下田八幡神社例大祭を見に行く為♪
 そのうちの1つのイベントである『納涼のど自慢大会』に参加する為、紗季の自宅で練習をする夏海たち。
 とっころが、本番もあと数時間だというのに、優香だけはふりつけの間違えを連発しまくっているのだ。
 右と左のターンをするところを、3回連続も同じところで間違えるというポカをやらかしては、本当に練習をしてるのかどうか疑わしいという事で、優香もそれならばと、ライブDVDを出して確認させるのだけど……内容をそのまま見て練習してた為に、右と左のターン部分を逆に覚えてましたわ(ToT)
 しっかも、優香はいつもの超マイペースで、ライブの模様を見て興奮するポカを敢行。
 夏海も、お怒りのあまり、スイッチを切って止めちゃいました☆彡

 実は、今回ののど自慢に参加したいと言い出したのは、その優香の方。
 しかも、体を動かしての練習というよりはライブを何度も何度も見てたのが主だったみたい。
 そりゃあ、うまくならないのも必然だわ(;一_一)
 その上、いざとなればのお石さまと、もう自らの肉体でプレイする気皆無状態。
 夏海が怒るのも当然だけど、中の人ファンも怒るぞ、これは!!!!
【↑コラコラ!!!】

 とりあえず、外で一服という事で、凛子がローソンで買い物をして持って来てくれますが……先程の事もあり、すっかり夏海と優香はご立腹のカンカン状態。
 紗季と凛子が、2人の間に入って機嫌を直させようとしまして、紗季は夏海の、凛子が優香の相手をする事に。
 凛子が購入したパッションフルーツ味のアイスは、伊豆限定で毎年出てると夏海が自身ありげに語るも、凛子が購入したのは『濃厚』の方でして、これは今年限定のアイスで、普通のパッションフルーツ味は伊豆以外でも出てると反論する優香。
 紗季と凛子からしたら、頭の痛い現実っすね(>_<)

 太鼓橋の時間という事で、祭の場にやってきた4人。
 でも、先程の険悪な雰囲気を考えると、4人一緒という訳にはいかないので、紗季と凛子の組に分かれて行動する事にしまして、もちろん紗季と凛子は互いの様子を連絡しあう事になりました。
 無論、紗季は凛子に、後で落ち合う約束を取り付けた上で優香に練習させる様にとメール送信しまして、凛子も『…鋭意努力する』と返信して別行動開始と相成った♪


 続きはこちらへ!!!

コメント

アクセルワールド 第7話『Restoration:修復』

2012年05月22日 | アクセルワールド

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5132.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 学校での噂話を聞いたチユリは、急いで彼が通う中学校の剣道部へ向かい事実を聞く。
 理由は最後まで言わなかったが、自分には他にやらなければならない事がある という言葉だけを言い残して退部したそうで、これを聞いたチユリは驚きを隠せなかった。

 そのタクムは、黒雪姫に呼ばれて病室にやってきたが、突如、彼女の方からバーストリンクされて、加速世界にてブラックロータスと対峙するという状況に陥っていた!!!
 無論、あまりにも突如の事態に困惑気味のタクムだが、黒雪姫は 始めようか!という一言で、タクムのシアンパイルとバトルする気全開であります!
 挑まれた戦いは全力で応じるという彼女。
 もはやというよりは、前々からの約束どおりという形で、逃れられない状況になってしまいました。


 同じ頃、バウンサーであるアクアカレントと出会い、直結をしたハルユキ。
 まあ、彼の事を完全に信じた訳ではないそうで、2つの可能性で警戒している という。
 1つは、自分をリアル割りする為に意図的にぶつかってきた 食わせ者 である事。
 もう1つは、単なるおっちょこちょい である事。
 まあ、明らかに 後者タイプ なのは語る必要すらないのですがが、どうやらシルバークロウの知名度は、ここ2週間で勝率7割以上を稼ぎ出してるという成績情報を含めて、ほかのバースト リンカーにも知れ渡ってる程に有名アバターになってまして、そんな有名アバターが危機的状況に陥ってる時点で怪しいと感じているのだ。
 そんな訳で、自分のおっちょこちょいのせいで、308ポイントあった状態でレベルアップ申請をしてしまったせいで危機的状況に陥ってる旨の説明をしまして、出逢ってからのハルユキの簡単な特徴を自分なりに把握したアクアカレントは、なんとか信じてくれた様子です。

 自己紹介を終えたところで、コンビを組む範囲は、ハルユキのポイントが50ポイントに回復するまで。
 早速、千代田エリア戦でのタッグ戦申請を行いまして、そこで50ポイントに満たない場合は、隣の秋葉原エリアに範囲を広げてバトルを行っていくそうです!!!
 とりあえずは、申請を行っていくのですが……先程の胸触りの件を未だに気にしてて、謝罪すべきかどうか迷うが、だからって、胸の感触があまりなかったとかいう暴言は失礼すぎるぞ(ToT)
 おかげで、直結状態そのままだから、ハルユキの声はストレートに聞こえまくりです!!!

 申請を一応終了し、2人ともバーストリンクで加速世界へ移動。
 アクアカレントことカレンのアバター姿は、メガネのハムスター。
 アバターになってから早速、触ってた事を指摘されて土下座しまくりのハルユキ。
 カレンいわく、直結した時に思考を制御しておいた方がいい との事!!!!
 そういう指摘を受けた後、カレンは対戦タッグ相手を詮索。
 でも、彼女が勝手に決定した相手は、レベル3&4の猛者。
 どうやらこれは、相手タッグとのレベル合計差が3以上あれば、たとえ敗北してもポイント全損を免れるという性質を利用したマッチメイクでして、カレンはこの性質を利用してわざとレベルアップをしてないというのだ。
 でも、これは理由の半分だけ。
 あとの半分については、いつかで教える時が来るとの事。

 ハルユキとカレンが戦うのは、レベル3のサンドダクト&レベル4のニッケルドール。
 ポイントに余裕があり、真っ向勝負を仕掛けてくるみたいで、普段どおり実力発揮すれば勝てるとの事!!
 これを知ったハルユキは、この人は自分の事をそこまで考えて相手を選び知ってくれているのだと驚きの表情を浮かべる。
 そして最終確認として……この戦いは負けられないけど、大切なのは勝つ事よりも、と語るカレン。
 でも、ハルユキは、楽しむ事 と告げる。
 まあこれは、ブレインバーストの『親』である黒雪姫の言葉でありますがね(>▽<)
 だけど、それを聞いたカレンは、少し呆れてる様子でした――。


 続きはこちらへ!!!

コメント

つり球 第6話『戦慄のスプラッシュ』

2012年05月21日 | ノイタミナアニメ

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5131.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 バイト開始から3週間♪
 最初の頃と比べたら、仕事の動きもテキパキで、バイトの仕事が楽しくなってきたのが丸分かりなユキ。
 しかも最近は、仕事の後の 船釣りに夢中 になってます♪
 ハルもサマになってて、メッチャ楽しんでる様子です。

 そんな折、ハルが、海の上に鳥たちが一同に集まって群がっている光景を目の当たりにする。
 どうやらあれは、ナブラ という現象みたいで、水面に上がってる小魚の群れに海鳥たちが集まってて、そこの下にさらなる大物がいるという。
 夏樹の目から見て、その大物は マグロ だと推測する!!!
 これを見た夏樹も、ツナロット持ってくればよかった少し悔しがる様子を見せるが、道具をきちんと整えても簡単ではないそうな。
 ユキも、ちょっとばかしマグロを釣ろうという気持ちを芽生えたかも???


 いつもみたいに、ケイトの病室へ面会をしに行ったユキとハル。
 ケイトも、ユキの全身が日焼けで焼けてるのを見てビックリの様子ですが、ハルは相変わらずの様子♪
 そんな2人に、ケイトから 今週中の退院のお知らせ が伝えられる。
 もっちろん、ハルは大喜び。
 ケイトは退院祝いはいいと言うも、2人はお祝いをする気十分です。

 その足で、夏樹にもそれを伝えた2人。
 そこで退院祝いの品を何にするかという話になりまして、ユキは、自分で魚を釣ってケイトに振舞いたいという事で、やはりマグロ釣りを熱望しちゃいました。
 それを聞いた夏樹はビックリするけど、協力する事にした みたいっす!!!
 当然ながら、これをモニター監視しているアキラたちダッグの面々。
 アキラ個人は、なんかマグロ釣りに参加したい気分全開ですが、タピオカに吠えられました(>▽<)
 そんな折、ダッグ本部の方から連絡が入り、報告書を読ませてもらった旨の通達がやってくる。
 どうやら最近、江の島の海で 神隠しみたいな奇妙な事件 が発生していて、気付いたら、記憶が飛んでいた上に場所も別のところに移動していたという内容からして、まるでバミューダシンドロームみたいだと伝える。
 だが、ダッグ本部から見たら、アキラたちの任務とは違うのだから、本来の任務を続ける様にという事だった。
 報告が終わり、いつもみたいに不満そうな様子のアキラ。
 まあ、江の島に起こってる現象を調べる気十分みたいですがね(≧▽≦)


 続きはこちらへ!!!

コメント

咲-saki-阿知賀編 episode of side-A 第6話『奪回』

2012年05月20日 | その他アニメ2012

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5130.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 子供の頃、冬でもないのにマフラーをしている宥をイジメまくる男の子たち。
 しかも、マフラーを剥いて確かめようとする暴挙までやらかそうとしてましたが、そこへ妹の玄が手を出すなとばかりに乱入してきまして、なんとか姉の宥を助け出す事に成功する――。
 そしてその日から、どんな時でも玄を必ず助ける と約束するのでした。

 そんな幼き日を思い出す宥。
 いつも、玄に助けられていた彼女だけど、今日は自分が頑張る番として、玄が奪われた4万点近い特典の奪還を少しでもできるように頑張る決意を固める。


 そんな訳で、次鋒戦が開始。
 まず最初に、先制リーチをかけた宥。
 越谷女子の花子が勝負とばかりに捨て牌を出すが、これが宥が狙ってた牌!!
 これでまずは、3200のロン で幸先いいスタートを切る。
 まあ、これは千里山から見たら 計算どおり だそうで、船久保がスマートフォンで入れてる宥のデータを竜華たちに見せる。
 どうやら、データでは、わかりやすく萬子と中に寄ってるそうでして、白や発は捨てても中は1枚でも持ち続けたりする上に結構な頻度で重ねてるという事から、萬子と中が集まりやすいと推測してるという。
 ついでに言うが、萬子はマンズ ですから、勘違いしない様に!!!
 無論、その情報は、次鋒の泉にも伝えております。

 一応、そのデータが証明してる様に“暖かい色の牌が来ている”のを見て、暖かいのがいっぱい と感激の一途の宥だけど、そこに彼女には『暖かくない牌』がやってきてしまい、それを捨てるものの、その牌が 泉の当たり牌 だった。
 おかげで、素子と筒子のクイタンによるロン3900点 を受けてしまい、阿知賀の面々も、宥の打ち方がバレてるという事実を知る。
 さらに泉の猛攻が続き、1300・2600点のツモ も決まって、さらに窮地に陥ってしまう。

 58100点に減ってしまった阿知賀女子の点棒の残り点。
 しかし、自分の打ち方が千里山にバレてると悟った宥は、部のみんなから和了る時に自分はどうしてたかと思い出しながら打ち、泉も宥の捨て牌を見て、点差もあるから、萬子のメンチンでも作ってるのかと思いながら、流局狙いのオリの打ちを徹底していく。
 やがて、ゲンブツがなくなり、最後の一手の牌を捨てたその時、泉は本能的に危険を察知。
 しかしそれを感じた時には、時すでに遅かった。
 泉が最後に捨てた牌こそが、宥が狙って牌 だったのだ!!!
 タンヤオ三色ドラ1の12000点という、強烈な一撃を喰らってしまった泉は、宥の打ち方が萬子と中に染まってなかったという事実に驚きを隠せない様子です。
 無論、観戦していた千里山の船久保も、まさかの計算外にビックリ。
 そして改めて確認をしてみたら、宥は萬子と中ではなくて、赤い牌の使い手 だと理解。
 セーラも、前半戦が終わったら教える様に申すも、船久保の見方では、知ってても簡単に対処できんかもと危惧する程です。


 続きはこちらへ!!!

コメント

FAIRY TAIL-フェアリーテイル- 第131話『レギオンの猛威』

2012年05月19日 | フェアリーテイル

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5129.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 シュガーボーイとバトルしてるナツの前に登場した、アースランドのバイロ。
 バイトが乗ってるカトレアを見て、もはや乗り物と断言するナツ……だけど、乗り物と認識した直後に酔いが回るとは。
 でも、バイロが登場した今では、もう終幕とばかりに緑の液体で応戦しようとするシュガーボーイ。
 そこでナツは、バイロやシュガーボーイに火竜の咆哮や翼撃で対抗するも、シュガーボーイの緑の液体やバイロの相手の魔法を打ち消す効力の前では無力そのもの。
 しかも、翼撃の炎を吸収したシュガーボーイの緑の液体が強さを増してしまい、巨大すぎる手の形の液体に変貌してナツに張り手の一撃をぶちかましてしまって大ダメージを受けてしまう。
 それでもなんとか立ち上がるが、バイロは排除命令をシュガーボーイに出して、カトレアでその場を後にする。

 シュガーボーイの緑の液体の前に対策すら打てないナツ。
 今度は、火竜の鉄拳の炎を液体の中にブチこんで中から燃やそうとするが、それも効力なし。
 なんとこの緑の液体は、吸収したのと同じ属性になる という能力を持っていたのだ。
 これで、絶体絶命の状況が余計に濃くなってしまったナツは、炎の属性を吸収したシュガーボーイの緑の液体の巨大な拳の前に、なすがままに殴られまくってしまう。
 そこでナツはハッピーに、自分を空高く飛翔する様に求めて言うとおりにさせると、今度は追いかけてくる緑の液体の中に自分をぶち込む様に命令しまして、そのとおりの行動を行う!!!!

 緑の液体の中に没入したナツ。
 彼が目論んだのは、緑の液体の中から自分の炎の魔力を大放出させ、その魔力を吸収する液体の性質を利用して膨張・大爆発して破壊するという荒業!
 それは見事に成功し、一気に液体は大爆発。
 さらにそこへ、右手が緑の液体の一部にぶち込まれてるナツが一気に、シュガーボーイに殴りかかる。
 しっかし、偶然といえば偶然だが、シュガーボーイの左手とナツの右手が、しっかりと液体の中にぶち込まれる形になり、ナツもチャンスとばかりに炎の魔力を液体の中に放出を始める。
 無論、このままいけば、シュガーボーイの緑の液体がナツの炎を吸収しきれず、爆発するのは必至。
 シュガーボーイも、緑の液体を増量して防ごうとするけど、完全に維持の張り合いになってます!!!


 続きはこちらへ!!!

コメント

ZETMAN 第7話『暴きの輪』

2012年05月18日 | その他アニメ2012

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5127.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 暴きの輪の共鳴によって、先程までとは違う赤と黒が入り混じったZETになったジン。
 それこそが、完全体ZET だというのだ!!!
 そのスペックは、今までの全身白の状態だったのとは比べるのもおこがましいくらいの卓越したもので、監視カメラですら1つだけでも姿を捉えるのが精一杯なくらいです。
 そんなジンが目指してるのは、当然―――!


 その一方で、次々と分身たちを撃破してるアルファスは、ついに分身を操っているエビのプレイヤーを発見し、銃で足止めさせて対峙させる事に成功する。
 エビのプレイヤーは、完全体ZETのジンの姿を見て移動を開始するも、アルファスに発見&自分の分身たちが彼によって殺害されたのを見て、まずは彼の方から始末しようと、完全なる怪物としての裏返りを行い牙を向けてくる!!!
 これには、さすがのアルファスもビックリ。
 確かに、彼からしたら、異形の怪物が現代の世の中にいる事自体、驚きの連続ですからね。
 銃撃が効かないって事で、銃の中に仕込んでる銃剣を出して応戦する事に!!
 正義執行――!


 続きはこちらへ!!!

コメント

これはゾンビですか? OF THE DEAD 第7話『うん、先生が最強だよ!』

2012年05月17日 | これはゾンビですか?シリーズ

 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!!
 このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!!

 できれば、ブログ下にあるトラバURLでトラバができなかったら、以下のURLに入ってトラバをお願いします。
 http://syujiro2gouten.blog70.fc2.com/blog-entry-5126.html
 できれば、どちらかのURLトラバでお願い申し上げます。


 朝から、突如のハルナによる宇宙の神秘講座を受けるハメになってもうた歩とオマケのセラ。
 本当は、なぜユーが声を出して台詞を言える様になった&ハルナが魔力を取り戻したのかの2つの理由を説明するだけなのに、まさかの朝まで生抗議という不条理展開をやらされる事になった訳っす。
 今までのハルナの解釈では、ご飯を食べる→魔力が戻るという内容は『間違え』だという事がはっきりしたみたい。
 そこで実行したのが、魔力吸引器を使ってユーの魔力を吸収するという、荒っぽい手段でした。
 おかげで、ハルナの魔力が復活&魔装少女復活が成就したものの、すぐに代償を支払う事に。
 なんと、言葉や感情を表に出せば、激しい頭痛に見舞われるという事態に陥ってしまったのだ。
 まあ、簡単に言えば、第1期テレビ版最終回で、大先生が歩にやったのを、今度はハルナが受けたって事!
 これを聞いて意味わからん人は、こちら を参照してください!

 そんな訳で、魔力の暴走を抑えるって意味で、ユーの鎧&ガントレットを装着する事になったハルナ。
 無論、これをつけてるからって、言葉を発したり感情を出したりする事ができませんがね。
 どうやら、歩の学校に通い詰めしてたのは、魔力吸引器を作る為。
 道具と材料はは揃ってた上に魔力に詳しい親切な人がいたそうで、それで実現できたという。
 しかし、感情を表に出す訳にはいかないって事で、ユーがやってた文字言葉をスケッチブックで会話をする事になりました。
 代わりに、学校へ登校する時間になった歩は、ユーの生声による挨拶を聞いて登校を始めました。


 続きはこちらへ!!!

コメント